ESMOD Identity | 教育理念

f

Identity

「 自らを知り、内なるモノを極め、プロとなる 」

エスモードの教育目的はインターナショナルなプロフェッショナルの育成です。
「時流を捉え、独創性と専門技術を駆使し、国際的な視野で新たな価値を創造する人材育成」です。その教育方針は、独創性・現代性・専門技術の、3つの開発と習得が基本です。

学生は自らの特徴を探求し、認知することにより、独自の目標、主張、仕事の柱となる考え方、コンセプトを鍛え育てます。自主性と自らの世界観を確立し、表現力を磨きます。そして、誰のために、何のために、何を創造、提供するのか。自分と社会、市場と産業、地球環境や持続可能なビジネスの仕組み、プロとしての倫理感を学習します。

その結果、エスモードを卒業する学生は、ほぼ100%専門職としての就職を果たし、多くの卒業生が国内外で活躍し、ファッション産業界から今も絶大な信頼を得ています。これからもエスモードは優秀なプロフェショナルの育成を通じ、ファッション産業界と社会に貢献します。

International Network | 国際ネットワーク

International Network

国際ネットワーク

エスモードは、世界14ヶ国21校で展開しているファッション教育機関です。グループ校内では伝統あるパリ校の教育メソッドを共有・実施し、170余年の今もファッション教育を開発・発展させています。インターナショナルグループ校間での短期留学により、国際的な視野を身につけることが可能です。また、フランスにてMBAや学士号の資格獲得をすることによって、世界で活躍するファッションのプロフェッショナル育成を進めています。

School List | 学校一覧

  • France
    Paris / Bordeaux / Lyon / Roubaix / Rennes

    Paris

    12, Rue de la Rochefoucauld
    75009 Paris FRANCE

    Tel:+33 (0)1 44 83 81 50 / Fax: +33 (0)1 48 24 29 59

    Bordeaux

    11/15 Cours Edouard Vaillant
    33300 Bordeaux FRANCE

    Tel:+33 (0)5 56 51 34 93/ Fax: +33 (0)5 56 81 27 76

    LYON

    12 bis rue Burdeau
    69001 Lyon France

    Tel:+33 (0)4 78 24 88 39/ Fax: +33 (0)4 78 24 93 43

    Roubaix

    27, Bd. du Général Leclerc
    59100 Roubaix FRANCE

    Tel:+33 (0)3 20 73 38 04/ Fax: F:+33 (0)3 20 73 38 79

    Rennes

    Bât.Hermès 6,place des Colombes
    35000 Rennes FRANCE

    Tel:+33 (0)2 99 30 00 98/ Fax: +33 (0)2 99 30 63 17
  • Germany
    Munich

    Munich

    Fraunhofer Str. 23 h,D-80469 Munich
    Germany

    Tel:+49 (0)89 201 45 25 / Fax: +49 (0)89 202 25 91
  • Russia
    Moscow

    Moscow

    Univ Technology 33 Sadovnicheskaya,
    115998Moscow RUSSIA

    Tel:+33 (0)1 44 83 81 50 / Fax: +33 (0)1 48 24 29 59
  • Norway
    Oslo

    Oslo

    Sandakerveien 76A 0484
    Oslo NORWAY

    Tel:+47 23 39 19 62/ Fax: +47 23 39 19 61
  • Japon
    Tokyo / kyoto

    Tokyo

    〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿3丁目29-6
    3-29-6, Ebis, Shibuya-ku, Tokyo, Japan

    Tel:03-5421-2232 / Fax: 03-5421-2189

    Kyoto

    〒600-8006 京都市下京区四条通堺町東入立売中之町100-1 四条KMビル3F
    3F , shijyoKM Bldg. 100-1 , tachiuchinakanocho , higashiiru , sakaimachi shijyodori, shimogyo-ku, kyoto Japan

    Tel:075-741-8231/ Fax: 075-741-8232
  • Korea
    Seoul

    Seoul

    528-8, Shinsa-Dong Gangnam-gu Seoul
    SOUTH KOREA

    Tel:+82 (0)2 511 7471/ Fax: +82 (0)2 511 7477
  • Indonesia
    Jakarta

    Jakarta

    JL. Asem Dua No3/5 Cipete Jakarta
    12140 INDONESIA

    Tel:+62 21 765 91 82/ Fax: +62 21 765 75 17
  • UAE
    Dubai

    Dubai

    Academic City Al Ruwayah Block 4, P.O Box 21102
    Dubai, THE UNITED ARAB EMIRATES

    Tel:+971 (0)4 429 12 28/ Fax: +971 (0)4 360 48 33
  • Turkey
    Istanbul

    Istanbul

    Meclisi Mebusan Cad. Çelebi Hamami Sok N.14
    Findikli 34427 Istanbul TURKEY

    Tel:+33 (0)5 56 51 34 93/ Fax: +90 (0)212 249 20 54/55
  • Lebanon
    Beirut

    Beirut

    Roustom Basha Str. Ain El-Mreisseh BP 11- 2041
    Beirut LEBANON

    Tel:+961 1 367 750/51 / Fax: +961 1 361 242
  • Syria
    Damascus

    Damascus

    Bab Moussalla Immeuble Al Awkaf- 4th floor
    P.O Box 9468 Damascus SYRIA

    Tel:+963 11 2243873/ +963 11 2312135
    Fax: +963 11 2247147
  • Tunisia
    Souss / Tunis

    Sousse

    Intersection Av Tahar Sfar and Maârouf
    Mohamed Sousse TUNISIA

    Tel:+216 73 211 730 / Fax: +216 73 211 731

    Tunis

    33 Bis, Av Charles Nicolle, Le Belvédère,
    1082 Tunis TUNISIA

    Tel:+216 71 783 811/ +216 71 285 385
    Fax:+216 71 787 000
  • Malaysia
    Kuala lumpur

    Kuala lumpur

    28, Jalan PJS 11/28A, Bandar Sunway,
    46150 Petaling Jaya Selangor, Malaysia

    Tel:+603 5637 5510(156) / Fax: +603 5637 5508
  • China
    Guangzhou

    Guangzhou

    Tel:+8620 2987 0173

Messages | 代表からの挨拶 | 仁野 覚:エスモードインターナショナル代表

ESMOD International President

Satoru Nino

エスモードインターナショナル代表
仁野 覚

見て、感じて、学び、自ら決めて、歩みだす。
エスモードのファッション教育の核は感性と自主独立の精神です。

世の中の既成概念や権威、マスメディアの情報に流されず、自分の行くべき道と自分の価値観を歴史と現実の世界から感じ、学び取り、自分の表現したい“独自の世界観”や“スタイル”を作り上げることです。そのためには仕事の目標と軸と成る考え方“コンセプト”と呼ばれる思想や主張、哲学などモノづくりの核心を作り上げる必要が有ります。

このモノづくりの考え方や視点“コンセプト”が他と比べて、新しく独自性と創造性が強ければその人のつくるモノは強烈に光り輝くと云う事です。勿論、プロフェッショナルと云えど、自分の世界観やコンセプトを世の中で認められるのに、10年、20年、30年も費やします。プロに成るには基本と云う広くて、大きく、深い土台が作りと、軸に成るモノづくりの方向性や思想を磨きつつ、感性と表現力を支える技術を修得する必要が有ります。クリエーションの源である世界の文化、歴史、風俗やアート、社会やファッションの流行などを学習し、頭脳にインプットする所から学習は始まります。課題や仕事のテーマによって頭脳にある情報を整理、ミックスしてアウトプットすることで時代が望む新しい価値あるモノが生まれます。好奇心のアンテナを張りめぐらし、情熱と云う行動のモーターを持って、世界を舞台に活躍できる本物の国際性と独創性、現代性、専門技術を身につけて新しい時代に挑戦して下さい。

Messages | 代表からの挨拶 | フランク・ジョソーム:エスモードジャポン クリエイティブディレクター

ESMOD Creative Director

Franck Josseaume

エスモードジャポン クリエイティブディレクター
フランク・ジョソーム

エスモードのDNAは、
「創造性」「技術力」「独創性」という3つの成分でできています。
その絶妙な組み合わせがアーチスト、
技術者そしてプロとしての人材育成を可能にするのです。

エスモードで学ぶこと、それは、「個々の学生が持つアイデンティティーと創造の世界を尊び、伸ばし、強化する」という明確な目標を持ったユニークな教育を経て、プロになるということです。モードの世界では、考察や分析のプロセスだけでなく、新しい試みを恐れないチャレンジ精神が求められます。モードとは、絶えず進化し自問自答を繰り返す「実験の場」なのですから。エスモードは、長年培ったノウハウを活かし、業界が求める確実な技能を学生達に伝えてきました。これからも、高いモチベーションと知識欲にあふれた情熱ある学生を募集します。エスモードは、卒業生が一生のキャリアを通してつながり続ける家族でもあります。一人一人の個性を尊重し、支える家族。かけがえのない財産、哲学、ノウハウそしてDNAを脈々と受け継ぐ存在でありたいと願っています。

Academic Features | 教育の特徴 | Thinking

「考えること」「知ること」「つくること」が、プロフェッショナルを育てる。

ファッションのプロになること、それ自体は難しいことではありません。わたしたちは、ファッションのプロを育てる方法を知っています。わたしたちと一緒に、「考えること」「知ること」「つくること」を繰り返しさえすれば、必ずプロになれます。でも、大切なことは「あなた」がどのようなプロを目指しているのか?どのようなことを表現したいのか?「あなた」の目標です。目標次第でトレーニングの経過と結果が変わります。プロになるためにも、プロになってからも、持続的に3つのトレーニングを行なうことです。科学的な技術のトレーニングと、あらゆるものを追求する飽くなき思考、意識と感性を伴った知識の蓄積が、アイディアの具体的な表現と創造を可能にします。もちろん、ファッションを通じて表現したいという欲望や情熱が何よりも大切な原点です。

Academic Features | 教育の特徴 | Thinking

Thinking 「考えること」

物を創造するには、表現の目的という「知」の柱が必要です。 プロの世界では、物づくりの柱となる考え方、概念、思想、主張、哲学、メッセージ等をコンセプトと呼びます。このコンセプトの違いが、スタイルの違いであり、ファッションブランドの特徴となって服や商品に現れます。プロは独自の商品を作り、提供するために”誰の為に?何のために?何を?何処で?どの様に?”目標と最終用途を明確にする必要が有ります。まずは自分のコンセプト、世界観「知」の種を植え、芽を育てるトレーニングから始まります。でも、安心して下さい。プロでも開花させるのに10年、20年の歳月が必要なのです。

Academic Features | 教育の特徴 | Knowing

Knowing 「知ること」

物づくりの柱となるコンセプトを育てつつ、トレンド(流行)が変わるファッション界では、毎シーズン、テーマを作り新商品を創造します。デザイン表現、シルエット、色、素材、カッティングなどもテーマや時代によって当然変わります。多くのプロのアイデアの源となるのは、世界の文化、民族、アート、服飾の歴史、映画や建築、自然界などの知識です。新しいアイデア作りとは、目的に応じて行う知識、情報の頭脳へのインプットと組み合わせなのです。過去の情報やモノの融合であったり、現在と過去、異質なもの同士の新しい組み合わせなど、頭脳からのアウトプットなのです。そのために、発想と創造の源となる知識の引き出しには、学生時代からプロになっても時間をかけて質と量の大きな蓄積の継続が必要となります。この仕組みがプロになっても想像力と表現力を生み出す強力なパワーになるのです。

Academic Features | 教育の特徴 | Creating

Creating 「つくること」

発想の柱としての「知」、アイデアの源である「知識」を活用し、ファッション商品に具体化するには、さらに様々な手段が必要です。デッサン力、デザイン表現力、レイアウト、色彩、素材選択や加工技術、美しいシルエットやカッティング、ボリュームを表現するパターン力(平面、立体裁断)や縫製。技術のトレーニングは繰り返し学ぶ根気と体力が勝負です。これらの技術力が十分でなければ表現の質や幅が限定されるのは当然です。また技術の量的訓練は自ずと審美眼や感性をも生み出します。

Academic Features | 教育の特徴

  • 1.インターナショナル教育

    エスモードジャポンでは、パリ校の教育システムやメソッドと日本校独自のプログラムを活用し、ファッション界で即戦力となるプロの養成を目的とした教育を実施しています。また日仏始めインターナショナルな講師陣による学生各人自らの世界観の確立と独創性の開発教育が行われます。

  • 2.高い就職実績

    就職に関して、国内外において高い実績があります。在学初期から自分の思考を確実に表現するためのプレゼンテーション能力を磨いていることで業界からの評価は高く、卒業生は、大手企業やクリエイター企業、デザイナー、パタンナーといった専門職で就職しています。ファッション業界の中で、エスモードのプロフェッショナル教育が評価されていることの表れです。 就職実績

  • 3.ファッション界エキスパート講師による少人数クラス担任制

    1クラス30人。各クラスにはスティリズムの教師1名、モデリズムの教師1名、計2名の担任教師がつきます。外国人講師には必ず通訳がつき、対話を重視した質の高い教育を実践し、時代が求める新たな価値創造を目指す人材育成を行います。

  • 4.海外ネットワーク

    世界14ヶ国21校のエスモードネットワークを通じ、学生、講師、学校間交流等により異文化と多様性を学び国際的な視野を養います。またエスモードジャポンからパリ校への編入、並びにインターナショナルネットワーク校への短期留学が可能です。パリ校卒業生には、フランス国家公認の免状(学士号相当)が与えられます。日本校での修得科目は全て、留学先のエスモード各校で認められるので、進級する感覚で留学できます。 国際ネットワーク

  • 5.ファッション業界とのネットワーク

    商品開発、デザインの提供から、売り場の企画など現場連動型の産学協同プロジェクトに対し積極的に取り組んでいます。また卒業審査会には現在活躍中のデザイナー、パタンナーをはじめとするファッション界のプロや、ジャーナリスト、雑誌編集者など、マスコミ関連の方々を迎え、ビジネスの視点、第3者の立場で厳正な審査が行われます。 審査会に向けた卒業制作でプロフェッショナルへのモチベーションをアップさせています。ファッションビジネス学部では、日本の教育機関として初めて、国内外企業50社とパートナーシップを結び、年間4カ月の企業研修が実施されています。最終学年ではアメリカの提携大学でのMBAコースかパリ校のファッションビジネス・ポストグラジュエートコースに短期留学が出来ます。 企業からのメッセージ

teacher | エスモードの講師陣 スティリズム(デザイン)

  • フランク・ジョソーム

    FRANCK JOSSEAUME

    エスモード パリ校卒 / ラピデュス / バレンシアガ / ル・プランタン / 株式会社ワコール / H.P. France / 株式会社ワールド / 「EDO by Franck Josseume」クリエイティブディレクター / Figaro licensee アーティスティックディレクター
  • ヴィルジニー・ルフェーブル

    VIRGINIE LEFEVRE

    エスモード パリ校卒 / シャルル・ジョルダン / ティエリー・ミュグレー /ケンゾー / ルイ・ヴイトン / 現在自身のブランド「Vi rux iny 」とショップ「7amour」を設立
  • ヤン・ル・ゴエク

    YANN Le Goec

    ジバンシィ / コレット / H.P.FRANCE / Wut Berlin / ディレクター
  • 権藤 和彦

    KAZUHIKO GONDO

    エスモードジャポン東京卒 / (株)エル・チクゴ / (株)シーズプランニング / 自身のブランド「Harmonyka」を立ち上げ
  • 川島 伊和夫

    IWAO KAWASHIMA

    株式会社ワイズ / マッシモモンテフォルテ(イタリア)
  • 藤田 茂樹

    SHIGEKI FUJITA

    エスモードジャポン東京卒 / 株式会社アバハウスインターナショナル / 株式会社ナナミカ
  • エロディー・ビュレット

    ELODIE BURETTE

    スチュディオ・ベルソー卒 / バレンシアガ / クリスチャン・ディオール / イブ・サンローラン / トリーバーチ / Artiziaを経て2014年12月に東京に活動の拠点を移す。現在は東京のBeautiful Peapleのデザイナーを務める。
  • クレモンティーヌ・サンドネール

    CLEMENTINE SANDNER

    エスモード リヨン校 / ロンドン G-starにて製品アシスタントに従事 / 在香港のNPO Redress(リドレス)にて国際業務を担当
  • 出原 明子

    AKIKO DEHARA

    エスモードジャポン東京校卒 / ソニア・リキエル / マイケル・コース / オープニングセレモニー / BABY RUSSA設立
  • 岩瀬 恵理

    ERI IWASE

    エスモードパリ校卒 / ステュディオ・ベルソー卒 / 瀧定大阪 / 三宅デザイン事務所 / (株)エチュードゥマン代表

teacher | エスモードの講師陣 | モデリズム (パターンメイキング&縫製)

  • 青鹿 知恵子

    CHIEKO AOSHIKA

    聖マリア学院洋裁部教師 / 細野服装学院教師あ / 高級プレタポルテパタンナー
  • 荻野 善子

    YOSHIKO OGINO

    株式会社コム デ ギャルソン / フリーパタンナー
  • 垣田 幸男

    YUKIO KAKITA

    ・経歴
    セルッティ / テッド・ラピドス / クリスチャン・ディオール(パリ) / スタジオ・カキタ主宰
    ・担当の授業
    ファッションクリエイティブ学部 総合学科 メンズ専攻
    2年生と3年生の授業を担当
    ・エスモードを志望する人へのメッセージ
    エスモードには、ファッションの専門性を通じて、日本と世界で活躍できるチャンスがあります。
    ・教師として心がけていること
    学生たちが専門性の基礎知識と技術を修得して、個人の可能性・能力を展ばせるよう、アドバイス・指導をします。
  • 後藤 寛司

    HIROSHI GOTO

    株式会社JUN / 株式会社サンエー・インターナショナル
  • 坂本 輝彦

    TERUHIKO SAKAMOTO

    フリーパタンナー / 舞台衣装、ファッションショーを手掛ける
  • 加藤 和代

    KAZUYO KATO

    エスモードパリ校卒 / サンヨー商会バーバリー事業部企画部 / エスモード北京校講師 / アトリエ加藤代表
  • 青山 明未

    AKEMI AOYAMA

    (株)ヨウジ・ヤマモト / Y`s / フリーパタンナー
  • 橋爪 大輔

    DAISUKE HASHIDUME

    ロンドンカレッジオブファッション / (株)アングローバル / (株)コムデギャルソン / 橋爪デザイン事務所設立
  • 山崎 佳子

    YOSHIKO YAMAZAKI

    エコール・ド・シャンブル・サンディカル・ド・ラ・クチュール・ド・パリジェンヌ卒 / 株式会社JUN
  • 新家 哲哉

    TETSUYA SHINKE

    株式会社コム デ ギャルソン / 株式会社mutin
  •                                                 
  • ミナミノ アキヒロ

    AKIHIRO MINAMINO

    エスモードジャポン大阪校卒 / デザイン企画「DOUZE DESIGN」代表 / 「Coatl」デザイナー
  • 土岐 洋太

    YOTA TOKI

    ハイブリッジ・インターナショナル / TOKIS DESIGN代表
  •                                                 
  • アハメド・シャルミーン・アティーク

    SHERMEEN AHMED ATIQUE

    ナショナルカレッジオブアートを卒業、グラフィックデザイナー、マーケティングマネージャーを経験後、エスモードジャポン東京卒。同校のメンズ・レディスモデリズムアシスタントを経てモデリズム講師

teacher | エスモードの講師陣 | ファッションビジネス

  • 十三 千鶴

    CHIZU JYUSO

    株式会社阪急百貨店 顧問コーディネーター / 株式会社TCカンパニー設立
  • 浦野 たか子| PR・プロデューサー概論

    TAKAKO URANO

  • 堤 久実| リテールマーチャンダイジング概論、プレゼンテーション講座

    KUMI TSUTSUMI

  • 青野 佑一| マーケティング

    YUICHI AONO

  • 西田 拓志| e-コマース概論

    TAKUSHI NISHIDA

teacher | エスモードの講師陣 | 教養科目

  • 川口 里香 | テキスタイル

    RIKA KAWAGUCHI

    ユニチカ(株) / (株)レナウン / (株)ユニクロ
  • 神 達志| テキスタイル

    KOU TATSUSHI

    (株)ハレマルウ
  • 原田 弘美| 服飾史

    HIROMI HARADA

    戸板服飾研究所 服飾デザイン科卒 / 戸板女子短期大学 服飾芸術科 非常勤講師 / 1995年「ROSE AND CREAM」設立
  • 野原 健司|クロッキー

    KENJI NOHARA

    京都市立芸術大学大学院美術研究科絵画専攻修了/マルセイユ高等美術学校フランス政府給費留学修了/美術作家
  •                                                 
  • 小林 正樹 | ヴィジュアルデザイン

    MASAKI KOBAYASHI

History | エスモードの歴史

History | エスモードの歴史

エスモード170年以上の歩み。それは、世界のモードの歴史でもあります。

「エスモード」は、1841年、ルイ・フィリップ皇帝の時代、アレクシス・ラヴィーニュ(写真左)により、パリ・フォンテーヌ通り4番地に開校されたところからはじまりました。その年、世界で初めてマヌカン(人台)とメジャー(巻尺)を考案し、論理的な婦人服、紳士服の平面裁断のメソッドを開発。当時見習いによる技術の習得方法しかなかった若いテーラーやクチュリエに対して、体系的な教育を行う第一歩となる教育本を出版しました。1852年ナポレオン3世が帝位に付き、ウジェニー皇后の乗馬服のデザインと制作をも担当しました。その後、娘アリス・ゲール・ラヴィーニュに受け継がれ、服飾文化活動の貢献に対して、母国フランスをはじめ、ヨーロッパ各国から金メダルが贈られました。そして、ベルト・ルコント・ゲール、ジャン・ルコント・ゲールへと受け継がれた「エスモード」は1970年、それまで行っていたオートクチュール中心の教育内容から、プレタポルテ・クリエイターの養成カリキュラムを導入。時代のニーズに応えるべく革新的なプロフェッショナル教育を実施し、ティエリー・ミュグレー、エリック・ベルジェール、フランク・ソルビエなど、世界的に有名なデザイナー、クリエイターを次々と世に送り出してきました。1984年にフランス国外で初めて、現エスモードインターナショナル代表、仁野が設立した東京校を皮切りとし、エスモードのグローバル化がスタート。現在のエスモードグループは、世界14ヵ国21校にネットワークが広がり、各校が独自の文化や産業背景を持っています。毎年、グループ国際会議を行い、教育の成果を確認、改革しながら、それぞれの教育経験、異文化交流、産業状況の情報交換を行い発展、進歩し、エスモードの哲学が世界で受け継がれています。

History | エスモードの歴史

エスモードの170余年に渡る歴史を年代ごとに紹介します。

  • 1841 –

    エスモードの起源。

    1812年、アレクシス・マリー・ラヴィーニュはパリ1区で生まれる。1841年、パリでテーラーとなり、初の著作となる『テーラード・メソッド』を出版、自宅に学生を招いて服作りの技術を教え始める。また1845年には『メソッド』第3版、出版。パターンメーキングのための「テーラリングテーブル」で特許を取得。1847年には様々な体型の研究に没頭し、複製制作に励む。現在でもなお使用されているドレスの原型を開発。同年、防水製のメジャーを開発、特許を取得し販売。翌年には、ファッション専門誌「ファッション-セオリー(服飾理論)」に寄稿労働条件の向上と価格競争の緩和を政府に要請するよう同業者へ呼びかけた。
  • 1854 –

    ラヴィーニュファミリーの伝承。

    1854年、アレクシス・ラヴィーニュはパターンメイキングを教える一方、レディース・テーラリングを専門に扱う会社を設立。1856年には娘アリス・ラヴィーニュ(アリクシス・ユーフロジーヌ・ジョゼフィーヌ・ゲイゲール)がパリ4区にて誕生。1870年にはパリ郊外のルヴァロア・ペレにて原型とメジャーを製造していた「ラヴィーニュ」工房が普仏戦争時の爆撃にて破壊される。メンズ・レィディースの「完全版」パターンメーキングメソッドの出版が第一版の発行後中断する。1877年にはアリス・ラヴィーニュ 父親からパターンメイキングを学び、教師として父親の傍らで働き始める。
  • 1881 –

    服作りのメソッド『パターンメイキング・フィッティング実用講座』出版。

    1881年、ルヴァロア・ペレにて(アリス・ゲール・ラヴィーニュとオクターヴ・ゲールの娘)ベルト・ゲール誕生。翌年アリス・ゲール・ラヴィーニュ初の連載を『エレガント・モード』に寄稿。パリ、リシュリュー通り10番地にクチュールメゾンへの就職や専門学校への進学を希望する若い女性を対象としたパターンメイキング講座を開講。1884年、アレクシス・ラヴィーニュ死去。ラビーニュの死の翌年アリス・ゲール・ラヴィーニュが初のメソッド(教則本)『パターンメイキング・フィッティング実用講座』を出版。専門誌『ラール・ダン・ル・コスチューム(衣服に宿る芸術)』を創刊し、その後1943年まで出版を継続。
  • 1893 –

    アリス・ゲールパリ国際見本市にて、メソッドとパターンメイキング専門誌で3つのメダルを受賞。

    1893年アリス・ゲールメソッドは国内外の専門学校、40校で導入される。イギリスにて定期的に講演会を開き、メソッドを出版 。1900年アリスの娘ベルト・ゲールは母親のアリスの仕事を手伝い始める。アリス・ゲールはパリ国際見本市にて、メソッドとパターンメイキング専門誌が評価され、3つのメダルを受賞。1907年ベルト・ルコント・ゲールとシャルル・ルコントの息子ジャン・ルコント が誕生。アリス・ゲール・ラヴィーニュのメソッド(教則本)第15版『新パターンメイキングメソッド、自分でつくるドレス』を出版。
  • 1908 –

    「エコール・ゲール」の誕生。

    1908年「ゲール・ラヴィーニュ」パターンメイキング・スクールが校名を「エコール・ゲール」に改名。14年間講座を開いていたモンマルトル通りからモリエール通りに移転する。ベルトとシャルル・ルコントの娘エリザベス・ルコントが誕生。1920年にはベルト・ゲール 「毛皮組合連盟」にて1930年代まで毛皮のパターンメイキングの講座を担当する。エリザベス・ルコントは母親であるベルト・ゲールの仕事を手伝いはじめる。1935年アリス・ゲール・ラヴィーニュ死去。
  • 1937 –

    「モダンライフスタイル美術工芸国際見本市」の際に金メダルを受賞。

    1937年「ゲール・ラヴィーニュ」校、『衣服に宿る芸術』誌面の講座が評価され、「モダンライフスタイル美術工芸国際見本市」の際に金メダルを受賞。1939年にはジャン・ルコントの妻シュザンヌ・ルコント、ベルト・ゲールの娘でありジャンの妹のエリザベス・ルコントより学校の経営を引継ぐ。エリザベスは夫とともにアフリカに移住。シュザンヌは第2次世界戦中にパターンメイキングを学ぶ。1940年フランス国内の占領地域に住む女性を対象とした通信講座を開始。翌年「ゲール・ラヴィーニュ」校オペラ通りに移転。ベルト・ゲールの息子であるジャン・ルコントが学校経営に携わる。
  • 1954 –

    1954年ベルト・ゲール「パターンメイキング・メソッド」を出版。

    1954年ベルト・ゲール「パターンメイキング・メソッド」を出版し、以前のメソッドを当時の最新モードにあわせて改良しました。また「ゲール・ラヴィーニュ」校 サイズのグレーディングメソッドで特許取得。 1959年にはポール・ビュッソン、後のポール・ドゥアリノーが、「ゲール・ラヴィーニュ」校にて当時学長を務めていたジャン・ルコントのアシスタントとして働き始める。1965年ベルト・ルコント・ゲール死去。そして「ゲール・ラヴィーニュ」校は初のファッション・デザインクラスを開講。1970年にはアネット・ゴールドシュタインがデザイン・ドローイングクラスの運営責任者に就任。
  • 1972 –

    校名の前に「ESMOD(Ecole Spéciale des Arts et Techniques de la MODE)」が追加。

    校名の前に「ESMOD(Ecole Spéciale des Arts et Techniques de la MODE)」が追加され「エスモード ゲール・ラヴィーニュ」に校名を改変。エスモード ゲール・ラヴィーニュという校名はその後1980年代まで継続する。 1976年ポール・ドゥアリノーとアネット・ゴールドシュタインがジャン・ルコントより学校を継承する。
  • 1977 –

    1977年、世界を代表するクリエーターが卒業審査会を審査。

    1977年Kenzoの高田賢三氏が卒業審査会の審査委員長を務める。その後、カール・ラガーフェルド、ソニア・リキエル、ジャン・ポール・ゴルティエ、ティエリー・ミュグレー、リー・エデルコート、アンヌ・マリー・ベレッタ、ロリス・アザーロ、アズディン・アライア、パコ・ラバンヌ、アンドレ・クレージュ、ジャクリーヌ・ヤコブソン、シャンタル・トマス、オリヴィエ・ラピドュス、ジャン・シャルル・ド・カステルバジャック、アラン・グサン、ジャン・ジャック・ピカール、ロラン・ムレといった錚々たるメンバーがエスモードの審査委員長を務めることになる。
  • 1984 –

    1984年東京校を皮切りにインターナショナルグループを拡大。

    1980年「エスモード・ゲール・ラヴィーニュ」校がモンマルトル大通りへ移転。校舎はシャルル・ガルニエ設計の邸宅「メルシー・アルジャントー」1982年には「エスモード・ゲール・ラヴィーニュ」校の在籍者数が過去最高の1007名を記録。トレンド情報誌の『デザイナー・インフォメーションサービス』やパターンメイキングメソッドを出版。1984年東京校につづいてレンヌ校を開校。1989年にチュニス校、ソウル校、ミュンヘン校、オスロ校が同時に開校し、その後リヨン校とボルドー校が続いて開校。さらにファッションビジネス、マーケティング、プレスに特化したISEM(ヨーロッパ高等ファッション学院)を設立。
  • 2012 –

    エスモード インターナショナル代表に仁野覚就任。

    2000年、仁野覚がエスモード インターナショナル代表に就任。2005年には「エスモード」校舎がパリ9区ラ・ロシュフーコー通り12番地に移転。2006年クリスティーヌ・ウォルター・ボニーニがエスモードパリ校学長に就任。2009年にはゲール・ラヴィーニュファミリーが成し遂げたパターンメイキング・メソッドを現代に合わせて再編集。2012年現在エスモード・ネットワークは、世界15カ国23校に広がるクリエーション、ファッションビジネスのアンダーグラデュエイト(学士)プログラム、及び4コースのポスト・グラデュエイト(修士)プログラムを開始。フランス政府より「経営学修士号」MBA資格認可を得ている。