SPECIAL
INTERVIEW

スペシャルインタビュー

Yoko Segoshi
瀬越 蓉子

ファッションデザイナー

女子美術大学 デザイン・工芸学科 工芸専攻を経て、エスモードジャポンを2011年に卒業。トゥモローランドに新卒で入社し、現在エレガントでシンプルなレディース&メンズブランド「GALERIE VIE(ギャルリー・ヴィー)」のデザイナーとして活動中。

―エスモードでの学校生活はいかがでしたか?

美大で学んだテキスタイルの知識を生かして服を作ろうとエスモードに入学したので、当初から「企業デザイナーになりたい」と明確に思っていました。クラスメイトはみんな服好きでモチベーションが高く、学校の雰囲気も良かったから通学が楽しかったですね。ミシンもひとり一台使えて自分のペースで作業を進められるなど、学校の設備を自分のアトリエのように使えたのもいい環境だったな、と思います。

企業に入ってみて思うのは、授業はすごく厳しかったけど、プロ意識の高い先生たちに学べたことが最終的に自信に繋がったということ。結果も問われず責任もない学生時代、授業を通してプロが求められるレベルの高さ、緊張感に触れていたから、ちょっとやそっとのことではへこたれないようにメンタルが鍛えられたと思っています。

―企業で働くために学生時代にやるべきことは?

学生のうちに可能な限りの引き出しを増やしておくといいと思います。実際に企業に入ると、当たり前ですが社会人として見られます。特に最初のうちは、日々の業務をこなすので精一杯で何かを学ぶ余裕なんてないはず。だから、責任ある仕事が任されるようになる前に、自分の引き出しを増やしておくべきなのです。

ダーツ処理の方法など服の構造についてはもちろん、なるべく本物をたくさん見て、好きなディテールの写真を集め、コレクションのルーツとなったカルチャーも勉強する。自分の興味に従っていろんな知識を吸収できるのは、学生時代の特権です。それをしておけば、必ず役立つ日が来ると思います。

―企業デザイナーとしてのやりがいは何ですか?

ギャルリー・ヴィーでは、糸から作るアイテムも多いです。例えば素材そのままの色を生かした無染色のパンツは、色の違う3種のオーガニックコットンを独自の配合でブレンドして作りました。こんな風に、いろいろな工場との付き合いを大切にしながら、妥協なく作り込んでいける環境を会社が提供してくれるのがありがたいですね。会社が「物を作るのに遠慮はいらない」と、心強いことをおっしゃってくださるので、とことんこだわりを貫き、クリエイションに注力することができます。

実際に手がけた服を着ている方を街で見かけると嬉しいですし、たまに店頭で接客をしてお客さまの反応を直に受けるのも幸せなこと。ブランドの本質を守りながら、常にフレッシュな気分を盛り込んで、お洒落を楽しみたいという人の前向きな気持ちに応える服を作っていきたいと思います。

―ファッション業界志望の学生さんに応援メッセージを!

ファッションを学びたいなら、年齢はあまり気にせず、始めたいと思った時に始めるのがいいと思います。感覚、感性の仕事なので、頭の中をいつも若く柔軟に保つことが大切ではないでしょうか。学生時代は、何かに縛られることなく好きなことを自由にやれる貴重な時間です。とにかく学生生活を楽しんで、服をもっと好きになってもらえたらな、と思います。