【京都校】(株)藤木友禅製作所さんへ見学に行きました!


今日、京都校の1年生と2年生は京都市右京区にある (株)藤木友禅製作所さんに見学に行きました!

 

基本的な捺染(なっせん)の工程を実際に目の前で行なってもらい、しっかりと学ぶことができました。

 

みんな興味津々です…

 

そのほかにも、高度な技術で染められた生地や、100年前の藤木友禅さんで実際に使われていた歴史のあるとても貴重な紙の型なども実際に触れて見ることができました。

 

(↑特殊な光を当てると三色の柄が浮き出てくる…!!すごい!!)

 

お忙しい中貴重な体験をさせていただき、ありがとうございました!

 

 

オーキャンレポ!「ウェディングドレスセミナー&ウェディングドレスデザイン体験」

6/11日曜日

ジューンブライドにちなんでウェディングについてのオーキャンを開催しました!

 

今回は、エスモードを卒業後、コム・デ・ギャルソンでパタンナーとして勤めた経歴を持ち、現在はエスモード東京校人気講師でありご自身のウエディングドレスブランド「mutin」 を手掛ける新家哲哉先生による「ウェディングセミナー」&「ウェディングドレスデザイン体験授業」でした。

 

セミナーでは、新家先生の学生時代の話と、コム・デ・ギャルソンでの仕事の話からスタート!エスモードでは、モノづくり【発想の方法】を学び、コム・デ・ギャルソンでは、モノの作り方【どうやって伝えるか】を学んだとお話して下さいました。

現在のご自身のブランド「mutin」では、今までの経験や学んだことを活かし、「新しい価値観」を提案するドレスを制作なさっています。

 

ハレの日には敬遠されることが多いレザーですが、「リサイクルレザー」という不要な皮革を再利用して作られた素材を使用することで、【新しく生まれ変わる】というコンセプトのもと制作したドレスや、

結婚式が雨の日でも楽しめるように撥水加工されたビニールでできた羽根をふんだんに使用したドレスなど、新しい価値観をもつドレスのお話をしていただきました。

実際にドレスをお持ち下さったことで、より分かりやすく参加者の方に伝わったかと思います。

 

最後には「遠い存在だと思っている夢も、志さえあれば近づくことが出来る。」とメッセージを下さいました!

 

高校時代からコム・デ・ギャルソンへの入社を目指し、誰よりも努力をした事で、在学中のコレクションでグランプリを受賞し、新卒で内定を得た新家先生。

 

入社してからも更なる高みを目指し、現在はご自身のブランドで沢山の方に新しいドレスの価値観を発信しています。

夢を一つずつ叶えてきた新家さんの言葉にみなさん感銘を受けていたご様子!!

 

貴重なお話、有り難うございました!

 

体験授業ではウェディングドレスをデザインしていきました!

ここからはスティリズム講師エロディと、学生も加わります◎

今回は4つの代表的なドレスシルエット、「ベル」「フレア」「マーメイド」「ティアード」から好きなものを一つ選び、雑誌や生地を使ってコラージュしていきます。

ギャザーやタック、フリルなどのテクニックを学んだあとは、実際にチャレンジしていきます!


教えてもらったテクニック以外にも、雑誌をちぎったり、布を重ねてみたり、色を塗ってみたり、みなさん悩みながらも楽しくデザインすることが出来た様子でした!


 

パンツスタイルや黒い布でコラージュしたりと、かなり個性的な作品がたくさん仕上がりました!

セミナーを聞いたあとだったので、みなさん「コンセプト」をしっかりもって作成していたのがとても印象的でした。

 

コラージュは、デザインにおける「偶然性」を発見できる、エスモードならではのデザイン方法です。ぜひ皆さんもチャレンジしてみて下さい。

次回のオープンキャンパスは、7月29日30日に行われるサマーセミナーです☆

いつものオーキャンよりパワーアップしますのでこちらもお楽しみに!

 

HP⇒https://www.esmodjapon.co.jp/

ウェディングドレスのトレンドを知ろう!

今週末6月11日のエスモード東京校では、ジューンブライドにちなんで【ウェディングドレス】についてのオープンキャンパスを開催します!

 

時代の流れや人々の気分によって、新しい価値観、個性を持つウェディングドレスがどんどん登場しています。

 

では、2017年はどんなウェディングドレスがトレンドなのでしょうか。

今年のトレンドポイントを三つご紹介します。

 

  • 大ぶりのリボン

女性に定番人気のリボンモチーフは、今年は大ぶりなものが人気です。

つける場所によって個性が光り、首、背中はもちろん腕などにつけているデザインもありますし、リボンの形もバリエーション豊かです。

 

  • パンツスタイル

徐々に人気が出てきているパンツスタイル。スカートだけでは表現できない、現代女性の格好良さが表現出来ます。新しいウェディングスタイルとして提案していきたいですね。

 

  • ランジェリーライク

ランジェリーラインとは、ランジェリーのようにサラっと着こなせるスタイルのこと。

ボリュームも他と比べて少ないのでナチュラルなイメージで着こなすことも出来ます。

 

全体を通してポイントになるのは「透け感」です。アパレル業界でも注目のトレンドがウェディング業界にも!

チュールや、レースなどを重ねて使用し、ボリュームが有りながら軽い印象になるドレスが今年は多く登場しています。

他にも、立体的に見せる花柄・レースのモチーフドレス、トッパー付きのものや、フロントがミニ丈、バックがロング丈のデザインのドレスなどが今年のトレンドで登場しています。

 

ファッション業界のトレンドは、ウェディング業界にも大きく影響しているのです。

 

体験授業では三つのシルエットからオリジナルのウェディングドレスをデザインしていきます。

今年のトレンドを掴んだあなたらしいドレス、エスモード講師と一緒に作ってみませんか?

 

ご予約、お待ちしております!

HP⇒https://www.esmodjapon.co.jp/event/2612/

ウェディングドレスにまつわるアレコレ話

6月に結婚すると幸せになれるといわれているジューンブライド。

東京校ではジューンブライドにちなんで「ウェディング」をテーマにオープンキャンパスを開催します。

 

今回のブログでは、6月のオープンキャンパスに先駆け、ウェディングドレスについて、少しお話ししますね。

 

ウェディングドレスと言ったら「白」というイメージがありますが、歴史を辿ると、様々な色のドレスが着られていたようです。

 

中世では、青、赤、緑の絹やベルベットの布地を基調に金糸・銀糸で刺繍をしている豪華なものがよく着られていました。

16世紀末では、黒や暗色のウェディングドレスが流行していたようです。

その後19世紀、イギリスのファッションリーダーとして、最も影響力のあったヴィクトリア女王が結婚式の時に白いドレスをまとって挙式を挙げたことから、白いウェディングドレスが流行していくことになります。

 

もともと「白」という色には「純潔」「清楚」という意味を持ち、日本でも「白無垢」と呼ばれる花嫁衣裳があるので「白」という色は世界共通で婚礼衣装にぴったりというイメージがあるようです。

 

 

一生でまたとない結婚式を彩る大切な衣装、ウェディングドレス。

せっかくのハレの舞台、自分らしいスタイルのドレスを選びたいですよね。

 

日本でも有名なウェディングドレスブランドはたくさんあります。

世界で活躍する、「YUMI KATSURA」「ERI MATSUI」・・・。

新しい価値観を提案する若手ブランド「mutin」「nae.ATELER」・・・。

 

今回のオープンキャンパスでは、クラシックなタイプから、アート感覚の1点ものまで、ウェディングドレスの可能を広げるブランド「mutin」を立ち上げた、エスモード講師、新家哲也がセミナー、体験授業を行います、

ウェディングドレスにまつわること以外にも、ブランドをどのように立ち上げるのかについてもお話します。

ブライダル業界にご興味がある方や、ウェディングドレスがお好きな方だけではなく、将来自分のブランドを持ちたい方も是非ご参加ください。

 

詳しくはHPへ⇒https://www.esmodjapon.co.jp/event/2612/

ESMOD KYOTO/1Fのパネルスカート完成

こんにちは。京都校1-Fブログ担当です。

 

モデリズムで初めての完成品が出来ました。1Fクラスの6人分のパネルスカートです。京都校の入り口フロアに展示してあります。

1Fヨークスカート

1Fヨークスカート

 

 

ESMOD KYOTO/1Fのシャツが出来ました

京都校1Fクラスのブログ担当です。

 

本縫いの2作目となるシャツが出来ました。

前立て、台衿、ヨーク、折伏縫い、の課題を入れて

それぞれのオリジナルデザインも入っています。

パターン作成から縫製までを2週間の期間で仕上げたので、

全員必死でした!

KYOTO/1F shirts

KYOTO/1F shirts

オーキャンレポート「トレンドセミナー&ムードボード作り体験」

5月28日、エスモードジャポン東京校にて、オープンキャンパスが開催されました!

今回のブログではその様子をお届けします。

 

13時から始まったオープンキャンパスは、ESMODのアートディレクター、フランク ジョソームとスティリズム講師、エロディ ビュレットより、トレンドについてのトークショーからスタート!

今回フランクが取り上げたトレンドは『アフリカ』『マグリブ』

 

それぞれのテーマから出した、いくつかのキーワードを基に、ムードボード(イメージボード)のつくり方や、カラーチャートの出し方など、デザイナーに必要な仕事のノウハウを、パネルを使って分かり易く説明して下さいました。

 

フランクからのトレンドのお話のあとは、

スタイリストの伏見京子さん

伊勢丹TOKYO解放区バイヤーの寺澤真理さん

PR会社代表兼、ESMODファッションビジネス学部講師の浦野たか子さんをゲストに迎えて、『ファッションビジネスのお仕事大解剖』をテーマに、それぞれのお仕事についてお話をしていただきました。

スタイリスト、バイヤーという憧れのお仕事に就くまでに、販売職で洋服とお客様と接し経験を積まれたお話や、現在のお仕事のやりがいや苦労話まで、普段聞けない様な内容も沢山お伺いすることができました。

中でも、PRの浦野さんが仰った『一番大切なのはコミュニケーション能力』という言葉に、

パネラーの皆さんが大きく頷いていたのがとても印象的でした。

お越し下さったゲストの皆様、貴重なお時間を有難うございました!!!

 

トークショーの後は、フランク、エロディ、エスモードの2年生と一緒にムードボード作りの体験授業を開催!

 

まずはトークショーでも話したトレンドをより詳しく分析していきます。

アースカラー、スパイスカラー、ビーズアクセサリー、ヘナタトゥー模様など、自然のエネルギーパワーを感じるイメージがたくさん登場しました。

 

次はそこで登場したイメージとカラーチャートを使って一枚の紙に「ムードボード」を作成していきます。

コラージュ方法のアイディアから、雑誌を切り抜き、くしゃくしゃにしたり、破いたり、重ねたり、絵を描いたり、様々な方法でムードボードを作成していきました。

 

自由でOKということで、迷ったりした方もいましたが、先生や、エスモード学生のアドバイスを受けてみなさん無事完成させました!

出来上がった作品は、隙間なくイメージをコラージュしてパワーを感じる作品もあれば、モノクロでまとめた落ち着いた作品など、とても個性的なムードボードが並びました。

 

「楽しかった!」「またやりたい!」などの声も頂き、楽しいオープンキャンパスを行うことが出来ました!

参加して下さった皆様、本当にありがとうございました!!!

 

次回のオープンキャンパスは6月11日に、ジューンブライドにちなんだ、「ウェディングスペシャル」を開催します!

ウェディングドレスブランド「mutin」を立ち上げたエスモード講師、新家 哲哉と、今回の体験授業にも参加したスティリズム講師、エロディビュレットとウェディングドレスのデザイン体験してみませんか?

みなさんの来校を心よりお待ちしております!

ご予約はこちら⇒https://www.esmodjapon.co.jp/event/2612/

 

 

 

ファッションバイヤーはどんな仕事をするの?

バイヤーというお仕事はみなさんご存じですか?

お店に並べる商品を、生産元から商品を買い付ける仕入れ係の人のことをバイヤーと呼びます。バイヤーが買い付ける商品は様々あります。

その中でも特にセンスやトレンド能力を必要としてくるのが、流行の変化が激しいファッション業界で働く「ファッションバイヤー」になります。

特にセレクトショップでは、バイヤーが買い付ける商品を中心にお店を構成していくため、お店の売り上げを大きく左右する仕事になります。

 

今回は、お店の売り上げを支える重要な仕事、「ファッションバイヤー」をご紹介します!

 

ファッションバイヤーの主な仕事は「商品を買い付けて売り出す」ことです。

そこで何よりも大切になることが、「売れそうな商品を見極める」ことになります。

 

「売れそうな商品を見極める」為には、

・商品に対する幅広い知識

・トレンドの流れを読む洞察力

・ターゲットに対するリサーチ能力

がとても重要になってきます。

 

それだけでは無く、売り出すまでが仕事になるので、買い付けする際「いくらで取り引きできるか」を交渉したり、「いくらで売り出せばいくらの利益が出るか」を見極めたりという、買い付けセンスと同じくらい、数字に対する能力も高く求められる仕事になります。

 

他にも、良い商品を発掘して、多くの人に知ってもらえるチャンスを作ることができるのもバイヤーの仕事の魅力です。

まだ知られていない若手ブランドの商品や、職人さんが作る伝統工芸品など、まだ世に出ていない素敵なものを世の中に広めるチャンスを作ることができます。

このように責任も大きいだけに、やりがいも大きい仕事が「ファッションバイヤー」です。

 

今週末に行われるトークショーでは、伊勢丹新宿店「TOKYO解放区」バイヤー 寺澤真理さんをお招きして、どのようにしてバイヤーになったのか、バイヤーの仕事とは何かを具体的にお訊きします。

ファッションを牽引する伊勢丹新宿店で活躍する現役バイヤーから、ファッションの今を聞ける数少ない機会ですので、みなさん是非この機会をお見逃しなく!

 

ご予約はこちらから⇒https://www.esmodjapon.co.jp/event/2505/

 

みなさんのご来校、お待ちしております!


スタイリストのお仕事って?

ファッション業界でも人気のお仕事「スタイリスト」!

みなさんは、どんなイメージがありますか?

雑誌のクレジットで目にしている方も多いと思いますが、テレビ番組のコーディネート企画にご出演なさっていたり、スタイルブックを出版したり、今やファッション業界でスタイリストの存在は欠かせません。

今回は、スタイリストのお仕事をご紹介します。

 

スタイリストの語源はフランス語の「styliste(スティリスト)」が由来と言われています。これは「デザイナー」という意味で、エスモードのデザインの授業のことを意味する「スティリズム」と同じになります。

つまりスタイリストとは、新しいものを創造する、とてもクリエイティブな意味を持っている仕事になります。

例えば、

①雑誌の場合

ファッション雑誌でのスタイリングを提案するのが最も重要な仕事になります。雑誌の企画やテーマによっては意見を求められたりすることも多く、現在流行しているファッションを提案するだけでなく、新しい個性的なスタイリングを提案していく力が必要になっていきます。

また、人気のスタイリストは雑誌で特集されることもあり、モデル選びやヘアメイクまでをコーディネートし、新しい世界観を表現することが出来ます。

 

②TVの場合

TVに出演するタレントの衣装のコーディネートをする場合、そのタレントのイメージを損なわないようなコーディネートが必要です。それだけではなく、その人の魅力を最大限に引き出すコーディネートが大切になっていきます。スタイリングによってはその商品が大ヒットする可能性もあります

 

③広告の場合 

広告は商品や企業の宣伝のために行います。ですので、アピールしたいものの特徴を分かり易く伝えられるようなスタイリングを行わなければなりません。クライアントとの打ち合わせを通して、作品や目的のイメージに合うファッションを提案しながら、一つの作品を作り上げていきます。

 

他にもドラマや映画など様々な場面でスタイリストの仕事があり、その内容によって重要なポイントは変わっていきます。

スタイリストの仕事は、たくさんの人と深く関わる仕事になります。

ですので、スタイリストになるには自分のセンスや知識を磨くことの他に、相手への思いや意見を組み込みながら自分の意見を提案出来る力が必要になってきます。

 

5月28日(日)のトークショーではゲストに、ファッション業界で活躍するスタイリスト、伏見京子さんをお招きして、ファッションビジネスのお仕事についてお話ししていただきます。

実際のスタイリストの仕事や、現場の裏話、スタイリストとして大切なことなどお話してくださいます。

スタイリストとして第一線で活躍する方の話を聞ける数少ない機会ですので、みなさん是非聞きに来てくださいね。

 

ご予約はこちらから⇒https://www.esmodjapon.co.jp/event/2505/

 

みなさんのご来校、お待ちしております!

ファッションプレスってどんなお仕事?

芸能人のインスタグラムや、ツイッターを見ているとよく登場するブランドのプレスの方々を見たことはありませんか?

おしゃれで憧れちゃいますよね。

でも実際はどんなお仕事をしているのでしょうか。

 

今回はブランドの顔として欠かせないお仕事、「プレス」についてご紹介します。

プレスのお仕事は、宣伝や広報とも呼ばれ、「ブランドをたくさんの方に知ってもらう」ことを目標に、仕事をしています。

具体的にはどんなことをするのでしょうか?

 

  • 展示会やショーの企画と運営

デザイナーが魂を込めて作ったコレクションは、より多くのファッション業界の方々に見ていただきたいですよね。

コレクションや展示会は、メディア関係者、インフルエンサー、バイヤーの方々をお呼びする場です。

多くのメディア関係者に見ていただくことで、雑誌や新聞、インターネットマガジンなどに掲載され、消費者へと情報が届くことになります。

コレクションを発表するためにショーや展示会を開催し、PR方法を考えていくのもプレスの仕事です。

メディア関係者にブランドコンセプトやコレクションテーマをお伝えすることがとても重要な仕事ですので、積極的にコミュニケーションすることが好きな人は向いていると思います。

 

  • 雑誌やスタイリストへの貸し出し

ファッション雑誌やテレビコマーシャル、タレントさん着用分として、スタイリストにお洋服を貸したりするのもプレスのお仕事です。

店舗とは違いサンプルがたくさん置いてあるプレスルームからピックアップしていきます。

どのサンプルをどの媒体に貸し出ししたか。

同じサンプルを違うタレントさんに貸し出ししないようにするなど、細かなスケジュール管理が重要になっていきます。

 

 

今ご紹介しただけでも、接客からショールームの管理まで、幅広く多岐にわたっての仕事がプレスにはあります。

おしゃれが好きで、たくさんの人とコミュニケーションをとるのが好きな人には向いているお仕事かもしれません。

でも、ここでご紹介したお仕事はほんのごく一部!

 

5月28日(日)のトークショーでは、現役でPRとして活躍するエスモード講師が、実際の仕事の話、ここでしか聞けないPRの現場などをお話して下さいます。

みなさん是非聞きに来てくださいね。

ご予約はこちらから⇒https://www.esmodjapon.co.jp/event/2505/