179 views
この記事は約4分で読めます。

第12回ラベル・デザイン・コンクール ボジョレー・ヌーボー2020

2021年1月13日

Bonjour!!

 

昨年開催された、第12回ラベル・デザイン・コンクール ボジョレー・ヌーボー2020での最優秀賞及び優秀賞が発表され、

現在実際に商品化され、全国の百貨店、ワインショップ、レストランなどで販売されています!

 

ボジョレー・ヌーボー(Beaujolais Nouveau)とはフランスのボジョレー地区で毎年9月頃に収穫されるブドウで作られた新酒のことです。

 

エスモードジャポンでは毎年このラベルコンテストに参加し、多くの学生のラベルデザインが採用されています。

 

今回のブログでは、今年入賞されたラベルデザインとテーマをご紹介します!

 

◎最優秀賞/瀬沼 靖朔 (@cys_sol)
テーマ「フルーティーな余韻」

ボジョレーヌーボーはその時の収穫したばかりのぶどうを使った旬を味わう新種です。なので、若々しくフレッシュなイメージがするラベルを描いてみました。

・作品に込められた想いや、作成秘話など
「一番大切なことは、企業様や買ってくださるお客様の気持ちだと思い、喜んでいただける可愛いデザインを考えました。ボージョレーヌーボーは、熟成したワインではなく、若くて新鮮な採れたてのワインです。ですから若々しいフレッシュなデザインを心がけました。そして女性に喜んでいただける可愛いデザインにしました。また男性の方にも女性に贈り物をするときに使っていただけたらと思います。」

 

◎優秀賞/河村 奈央子(@naokooko)
テーマ「the Dress」
真っ赤なドレス。特別な装いは特別なワインのために。グラスに注がれるワインを女性のドレスに見立てました。


授賞コメント
「頂いたワインは日頃お世話になっている人たちに贈っています。ささやかながら、自分のデザインで誰かを喜ばすことができ、とても嬉しいです。今後のものづくりの励みになっています。」

 

 

◎優秀賞/阿部 颯太 (@aku_damakin)
テーマ「Miam miam」
コメディーラベル 誰が見ても楽しめるようなラベルにしたかった。フランス語が読めない人でも、コマを1つずつ見れば自然に絵画が溢れます。


授賞コメント
「自分が考えたラベルの物が世に出回ると思うとすごく感動的でした。そんな感動をこれからも味わいたいです。」

 

 

◎優秀賞/内山 紗月 (@__azalea_are_1218)
テーマ「LISSE」
ボジョレーヌーボーのワインは飲みやすいという特徴や、ボジョレーヌーボーだけは収穫したその年に飲めることから、フランス語でスムーズという意味のLisseというタイトルをつけました。ワインがブドウ一粒一粒の間を滑り落ちていくように、短期間で完成する様子と爽やかさをイメージしてデザインしました。

受賞コメント
「このたびは賞をいただき、ありがとうございます。デザインコンペでの受賞は初めての体験で、嬉しい気持ちでいっぱいです。そして受賞した私自身より、家族の方が喜んでくれていました。関西在住の叔父は岡山の売り場を見に行ってくれたほどです。そのような家族に支えられながら、今後も様々なコンテストに挑戦していきたいと思います。今はまだ未成年なので今回頂いたワインがまだ飲めず惜しいですが、20歳の誕生日に開けるのが待ち遠しいです。」

 

 

◎優秀賞/山本 ひとみ
テーマ「PARFUM EXQUIS」
ぶどうが弾けるようなワインの香りをイメージして水彩画で表現しました。


受賞コメント
「自分のデザインがワインのラベルになってとても光栄です。今までお世話になった方に配ろうと思います。これからもこの喜びを忘れずにものづくりに励みたいと思います。」

 

◎優秀賞/上野 由芽(@emuy.u)
テーマ「BELOVED WINE FROM BELOVED GRAPE」
葡萄のシルエットの奥に自然が広がっています。シルエットの奥にたくさんの植物や蝶、てんとう虫を描き、豊かな自然の中で育った葡萄を表現しました。そして、葡萄の奥で見え隠れしていることによって、人々がボジョレヌーボーの解禁をまだかと待ち遠しく感じているのを連想させます。また、たくさんの色を使って豊かな自然を描いたのは、ボジョレーヌーボーのフルーティーな味わい、そして、ワインを楽しんでいる人々をイメージしています。


受賞コメント
「自分の描いたラベルがこうして実際にワインを飾ることができて、とても嬉しいです。」

 

 

受賞された皆様おめでとうございました!

 

それではまた、

À bientôt!!