217 views
この記事は約2分で読めます。
Category: 学生生活

ブランドネームは「服服(BUKU-BUKU)」! SDGsへの取り組み!

2021年9月6日
現在、2年生の授業ではOPE(産学協同プロジェクト)が進行中です。
ラフォーレ原宿とコラボし、学生が自分たちだけで企画と制作、販売に挑戦します。今年は学年全体のテーマにSDGs(持続可能な開発目標)の一つである「つくる責任 つかう責任」を掲げ、10人程度のチームに分かれ、チームごとにもう一つSDGsのテーマを決めて進めていきます。今回は私が所属するチームについて紹介します。

 

 

私が所属するチームは、SDGsの目標のうちの「産業と技術革新の基盤をつくろう」を選択しました。私達は服飾の専門学校の学生として、服作りの基礎を学び、洋服を作る上での手間暇や、完成したものの美しさを知っていると思います。そこで私達は、基盤の上に学生なりの工夫を+αすることによって消費者に美しいと思ってもらえるような服作りを目指すことを出発点としました。

 

学生らしさを大切にした服作りを進めていくために、私達は「実験を楽しむ」をコンセプトに掲げました。チームメンバーそれぞれが持っている個性や自分らしさを実験的に組み上げていこう、というのが私達の姿勢です。学生達が理科室で実験をしていて、試験管の中でブクブクと新たな化学反応が生まれるように、という願いを込めてブランド名を“服服(BUKU-BUKU)”と名付けました。ロゴはメンバー全員の筆跡を一つにすることで、私達のコンセプトを表現しています。

 

学生なりの工夫を+αすること、そして実験を楽しむために、私達は今までにない組み合わせでデザインを考えていくことにしました。例えば「お花×HIPHOP」や、「ぬいぐるみ×工事現場」などです。
基盤となる服と、違和感を抱く組み合わせの小物のスタイリングもお客様に楽しんでもらえるようにデザインを考えました。

 

服服のInstagram随時更新中です!

チェックしていただけたら嬉しいです!

Instagram ID:bukubuku_tokyo

2A 中濱紗和

 

コース紹介
オープンキャンパスについて
感染症対策について
資料請求