179 views
この記事は約2分で読めます。
Category: 学生生活

趣味から感じた服作りのイメージ

2021年9月22日

4月に入学してから、服作りとは別の物作りもしようと思い、時間を作って以前から新たな趣味にしよう!と決めていた電気ろくろの陶芸を始めました。

日常生活が以前とがらっと変わり、おうち時間も増え、何か新しい事を始めた方も多いのではないでしょうか?

私は、祖父の影響で陶器の多い家庭で育ったのもあり元々、陶器集めが好きでした。
最近、自分が思っている以上に育ってきた環境がもたらす自身の趣味嗜好への影響は大きいなと感じます。

この新たな趣味を始めて、いつもと同じ料理でも自分の作ったお皿だとこんなにも愛おしいのか!?と驚きました。と同時に、新たな料理にもチャレンジしレパートリーが増えたのでなんと!一石二鳥でした。

 

土を触る時間は非常に心が安らぎ、豊かになれます。
土いじりをする中で、プレゼントしようと誰かを想い想像して作業したり、土を感じながら形成をしできる限り土を無駄にしない意識があります。
服作りにおいても通じる部分がとても多く、実際に着てくれる人を想像し様々なターゲット層をあえて定めながら作る事で、自分の好きなスタイルとは違う今まで作れなかったものが出来るのでは?と感じます。

 

様々な形や色の仕上がりなど、奥が深いので想像しながら作る作業を続けていく中で、これからの服作りにも繋げていければいいな!と思っています。

それから、通っていた中学校の校長先生も定年後、趣味で陶芸を始めたらしく夏休みにご自宅へお邪魔させて頂きました!
地元まで距離があるので、絵付けは先生にお願いしました。焼き上がりがたのしみです。

1B 犬島梨沙子

 

コース紹介オープンキャンパスについて感染症対策について資料請求