ESMODBlog1

2019年度インターナショナルバチェラープログラム受付開始!

2018年開講したCNAM(クナム:フランス国立工芸院)による「インターナショナルバチェラープログラム」とは、イノベーションマネジメントに関する最先端の事例を中心とした、イノベーションとは何かを学ぶプログラムです。

 

近年、様々なビジネス業界で「イノベーション」という言葉を見聞きするようになりましたが、市場環境の変化のスピードが増す中、競争相手と差別化するためには、継続的に新しい製品やサービスを生み出す必要があります

そのためには、創造性と先見性、実行力がある人材育成が急務であり、そのような原動力を発揮できる人材育成を目的として、このプログラムが開講されました。

4月、イノベーションマネジメントに精通した2人の著名なフランス人専門家が、エスモード東京校で、36時間の講義を行います。

ファッション業界から3Dプリントまで、50以上の実際のビジネスモデルに、基づいた、イノベーションとクリエイティビティにおいて実践的な事例を解説。

従来の発想をくつがえす斬新な講義は、受講生の未来を見通す能力と、実現できるイノベーションの構想力を身につけることができます。

講義はフランス語で行われ、日本語に通訳されます。卒業に向けて受講生は個人とグループの2つの論文を英語で提出します。

英語に自信のない方も大丈夫!

アカデミックな表現を用い、卒業論文を英語で書けるようになるための英語クラスでサポート体制も万全です。

個人論文では学生が選択した既存のイノベーションを分析し、グループ論文ではイノベーションを新たに企画します。

すべてのプログラムが終了したのち、ファッション業界におけるイノベーションマネジメントのバチェラー(学士号相当)が与えられ卒業となります。

このバチェラープログラムはファッションを専門に学んだ方や、ファッション業界の経験者で、働きながらスキルアップしたい方・起業したい方にお勧めのプログラムです。

 

詳しくはこちら

https://www.esmodjapon.co.jp/le_cnam/

1年生ホワイトスウェット・ファッションショー / 恵比寿文化祭2018

10月6日(土)、恵比寿ガーデンプレイスにて、恵比寿に住み、学び、働き、遊ぶ人々が集い、町の魅力や文化を発信する恵比寿文化祭2018が開催されました。

恵比寿にあるエスモード東京校では、1年生のカリキュラムとして入学してからたった半年の成果を「ホワイトスウェットプロジェクト」として、恵比寿文化祭で発表します。

このプロジェクトは、共通の色だからこそ表れる、オリジナリティを発見するために行うエスモード独自のカリキュラムで、世界各国にあるエスモードのグループ校でも行われています。

今回のファッションショーは、モデルとなる1年生が演出や音楽、スタイリングなどを考え、一からショーを作り上げました。

1年生は、8チームに分かれ、それぞれのテーマで学生自らランウェイを歩きます。

今回の8つのテーマは、

  1. 3D effect
  2. minimalist
  3. wadding
  4. warriors
  5. punk romantic
  6. exotic
  7. wooly
  8. dream

ヘアメイクは、ビースタッフメイクアップユニバーサルの学生たちとのコラボレーションで行われ、8つのテーマに沿って学生同士の意見交換など繰り返し打ち合わせをしながら、全員でファッションショーを作り上げていく、まさに「メイド・イン・恵比寿」の文化祭でした!

多くの方と関わり、協力しながら、学生同士でファッションショーを作り上げられたことに、達成感と充実感を感じていたようです!

ご来場いただいた皆様、ありがとうございました!

次回もまた楽しみにしていてくださいね!