238 views
この記事は約3分で読めます。

大人気セレクトショップの秘密に迫る・・・!

2017年7月14日

7月29日のサマーセミナーでは、ファッション・カルチャーの最新トレンド発信地、「原宿」にあるセレクトショップ『LT TOKYO』のオーナー鈴木慎一朗氏が話す「セレクトショップの新しいチャレンジ」を開催します!

実は鈴木さんはエスモードの卒業生!

留学科に通い、パリ校を卒業された鈴木さん。

今回は、サマーセミナーより一足先に鈴木さんにインタビューを決行!!

ESMOD BLOG読者のために、エスモード入学前からLT TOKYOの立ち上げの秘話をお話くださいました!

LT TOKYO HP⇒http://lt-tokyo.com/#!page1

 

Q:エスモードを目指そうと思ったきっかけを教えてください。

鈴木氏:当時、漠然とファッション=パリという考えがあり、パリへ行ける留学科のある学校、ESMODを選びました。

 

Q:エスモードで学んだこと、得たことを教えてください!

鈴木氏:ファッションという目に見えない感覚を学び、その感覚を基に形にする技術を得られたと思います。

 

Q:パリでは何を学ばれましたか?

鈴木氏:主にメンズクチュールを学びました。

 

Q:エスモード卒業から現在のお仕事に就くまでの道のりを教えてください!

鈴木氏:まず初めに、パリ校を卒業した後に、パリでコレクションブランドのデザイナーのアシスタントに就き、同時に同メゾンにてパタンナーの経験を積みました。

帰国後、実際に洋服を手にするお客様(=最終消費者)に接することを望み、大手チェーン店にて販売の経験を重ねました。

その後、モノ作りの道を志しOEM,ODMの会社へ入社し、モノ作りの立場から日本のアパレル業界を経験してきました。

その後独立し、時代にとらわれることのない新人デザイナーの城を作る事を目標にセレクトショップLITTLE TOKYOを立ち上げました。

 

Q:最後に、サマーセミナーに参加される方へのメッセージをお願いします!

鈴木氏:洋服の仕事といっても、デザイナーやパタンナーだけではお客様へは届きません。工場や物流、販売といった業種もアパレルというチームには、欠かす事のできない要素となります。

サマーセミナーにお越し頂き、服が出来るまでを知り、今のセレクトショップのあり方を一緒に考えていければと思います!待ってます!

 

ファッション業界を様々な立場から見てきた鈴木さん。だからこそ誕生したLT TOKYO!

サマーセミナーでは、お店の運営方法や買い付け、PRなどセレクトショップを立ち上げてからの秘話をお話してくださいます!会社経営や、バイヤー、プレスに興味ある方は必見です!是非お楽しみに☆

ご予約はこちら⇒https://www.esmodjapon.co.jp/sp/summerseminar_tokyo2017/