イベント情報・イベント報告, 学生生活, 東京校

パターンレッスンで、スカートの基本からマーメイドスカートの作り方を学ぶ!

11/18のオープンキャンパスでは、パターンレッスンを開催しました。

今回のブログではその様子をご紹介します!

今回は、「マーメイドスカートを作ろう!」ということで、スカートの平面パターンの基礎知識から、マーメイドスカートへの展開の仕方までを勉強しました!

教えて下さる講師は、土岐幸子先生です。

土岐先生は、コム・デ・ギャルソンなどでパタンナー経験を積んだエスモードのモデリズム講師です。

笑顔が素敵な土岐先生♪&マーメイドスカートの完成トワル♪

学生スタッフも参加して、和気あいあいとした雰囲気の中で授業は進みました◎

今回作るのは、「マーメイドスカート」です。ウェストからヒップにかけてタイトなラインで、裾にフレアーが広がっているデザインです。スカートの丈やフレアー分量によってデザインの雰囲気が変わっていきます。

まずは、スカートパターンの基本を土岐先生と学生のQ&Aで学んでいきます。

土岐先生:ここはなんという線ですが?

学生:うーん。前中心線です!

土岐先生:正解です!

こんな学生とのやりとりをはさみつつ、スカートの基本構造を学んでいきます。

学生スタッフはみんな1年生ですが、日々勉強しているので、スラスラ答えてましたよ!

今回はバーズ(原型)を使用し、パターンを作成していきます。

パターンに初挑戦の参加者の皆さんは、慣れないバーズや定規の使い方に四苦八苦。

徐々に慣れていき、学生スタッフと一緒に頑張って作業を進めていきます。

スカートの丈や切り替え位置を設定するときも、学生と話しながら、「ロング丈なら何cmくらい?」「切り替えの方向をサンプルとは逆にしたいな。」など自分が思い描くマーメイドスカートを作ろうと一生懸命作業を進めていたのが印象的でした!

最後に裾のフレアーの展開方法とウェストベルトの作り方を学び、完成しました!

この後、縫い代を付けたらマーメイドスカートの出来上がりです!!!

参加者からは、

マーメイドスカートが大好きだから、パターンが作れて良かった。

分かり易く教えてもらえて良かったです。

先生と沢山お話出来て嬉しかったです。

などなど、嬉しい感想を多数頂きました!

パターンレッスンは12/9平面パターン「フレアスカートを作ろう!」1/19立体裁断「フレアスカートに挑戦!」と続きます。

通えば通った分だけスカートパターンの基礎から応用まで理解でる内容になっています!

今回参加された方も、また是非ご参加下さいね!

もちろん参加できなかった方も次回からのご参加お待ちしております!

 

沢山のご参加、お待ちしております!

Previous ArticleNext Article

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *