イマジネーションが大切!スタイリストセミナー&スタイリスト体験!

11/18のオープンキャンパスでは、スタイリストの伏見京子さんをお招きしてセミナー&体験授業を開催しました。

 

今回のブログではその様子をお届け!

笑顔で教えてくださった伏見京子さん♪

伏見京子さんはエスモードの卒業生であり、現役のスタイリストとして、コレクションや雑誌など多方面でご活躍なさっています。

伏見京子さんProfile


東京都出身。エスモード・ジャポンモデリズム科卒業。

マガジンハウス『anan』よりスタイリストとして活動開始。エル・ジャポン<アシェット婦人画報>のファッション・ダイレクターに就任後、渡仏しパリへ。帰国後は、フリーのファッション・スタイリストとして雑誌、広告、ミュージシャンをメインに活動。

2004~05年『HEDWIG AND ANGLY INCH』(パルコ劇場)にて初めて舞台の衣装を手がける。

その後2009年『スーザンを探して』で衣装を担当。2012年春夏ISSEI MIYAKEのパリ・コレクションでスタイリングを担当。雑誌『SO-EN』や、資生堂『マジョリカ・マジョルカ』等で作品を発表。

2014年AWより『HAPPENNING』という日本のデザイナーを応援する活動を始動。


まずはセミナーの様子から?

セミナーでは、スタイリストのお仕事とはどんなものか、デザイナーとの関わりについてなど具体的にお話してくださいました。

スタイリストのお仕事は多種多様で、雑誌や広告、舞台、ファッションショー、ライブステージなどなど、、、服に関係するすべてがスタイリストのお仕事になっていくそうです!

その中でも一番広く私たちに馴染みがあるのは雑誌のお仕事ですよね?

今回は雑誌のスタイリストの仕事がどのように進んでいくのかも教えて下さいました!

 

雑誌社が、企画のテーマや特集を決めてからスタイリストの仕事はスタートします。(例:デニムやワンピースなどなど)

まず、雑誌社が決めた特集内容を分析して企画内容を提案する仕事があります。

ファッションエディターとも呼ばれていますが、伏見さんはスタイリストのお仕事の一つと捉えています。企画を発案するリサーチ力や、発想力が必要になってくる大切なお仕事です。

そして撮影に必要なストーリーを考えることがスタイリストにとって、とても重要な仕事になります。

スタイリストとして仕事を依頼されるときは、このストーリーを考えることから依頼されることが多いそうです。

このようにスタイリストは、雑誌が出来上がるまでの最初から最後まで関わることになります。

 

また広告舞台などの仕事についてもお話して下さいました!

雑誌の場合は、地球上に存在する衣服を使用しますが、広告の場合は地球上にまだ存在していない衣服を想像することが多いので、デザインし製作する技術力も必要になってくるそうです。

また、舞台やライブステージの場合は、動きや着脱のしやすさなどをえなければならないそう。

 

ファッションショーのスタイリングでデザイナーと密に関わるお仕事でもあるそうです。

ショーの方向性から服のストーリーを組み立て足りないコスチュームの製作を行いタイツ、靴、アクセサリーに至るまでスタイリングし最終的にファッションショーで発表していくまで、スタイリストはデザイナーと一緒になってコレクションを作っていきます。

 

スタイストはデザイナー同様に自分の世界観を持っていないと進んでいけない仕事ということを語って下さいました。企画を提案する力や、ストーリーを発想する力存在しないアイテムを自ら作る技術力が必要になっていくそうです。

最後に伏見さんが現在行っている「HAPPENNING」という、電車や街でゲリラ的にファッションショーを行う活動についてもお話して下さり、自由に常識に縛られることなく、やりたい事をどんどんやって欲しいとメッセージを下さいました!

貴重なお話有難うございました!


体験授業では伏見さんと一緒に、スティリズム(デザイン)講師のエロディも参加してスタイリング体験を行いました!?

スティリズム(デザイン)講師のエロディ先生

winter」をテーマにストーリーを考えて、持ってきた服装からコーディネートを作っていきます。

コートやワンピースなど持ってきてアイテムは様々❄フェルトや、生地などを使いアイディアを膨らませていきます。

フェルトでタックスカートをイメージしたり

白い布でストールやインナーを作ったり

持ってきたストールをベルトにしたり

などなど、新しいアイディアがたくさん飛び交い、とてもクリエイティビティ溢れるスタイリングが出来ました!!!!!!

最後は一人ひとりプレゼンテーションを行いました。

 

北海道のストーリーから
好きなカラーリングから
クリスマスと恋心のストーリー
クリスマスに子供と一緒に行くショッピング
真面目な大学生のストーリーから
Strawberryをテーマに
ITEM MIXのイメージ
恵比寿の街のイメージから
雪降る銀座デート
表参道を歩くイメージで
原宿女子コーデ
彼氏を家で待つ女の子
1950年代の韓国
媚びない女性。
北海道の雪原とダイヤモンドダスト
メンズアイテムをレディースで着こなす
バレンタインの女の子
雪と卒業

クリスマスの恋心のストーリーや、真面目な大学生のストーリー、冬の銀座デートなどなど、一人ひとり違ったストーリーを聞くことが出来ました!

参加してくださった皆さん、有難うございました!!!

デザイナーや、パタンナーのイメージが強いエスモードですが、実はスタイリストを目指している方にもおススメな学校なんです!

 

皆さん是非一度遊びに来てくださいね?

 

12月のオープンキャンパスは12/9・クリスマスオーナメント作り&フレアースカートの平面パターン製図についてです!ご予約は画像から☟

沢山の方のご参加お待ちしております!!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You May Also Like
Read More

絵が苦手でも大丈夫!サマーセミナーで、ファッションデザイン画に挑戦!!

絵が苦手だと、デザイン画が描けるか不安ですよね。 エスモードに入学してくる方のほとんどが、デザイン画を描いたことがない方です。 それでも、エスモードで半年授業を受けると表現したいデザイン画が描けるようになります! デザイン画は、自由に描く絵画やアートと違うものなので、コツをしっかり押さえればみなさん短期間で描けるようになるんです! エスモードでは、1年目のスティリズム(デザイン)の授業で基本的なデザイン画の描き方を学びます。 同時に素材の表現方法も学んでいきます。ファー素材とシースルー素材で同じ色の塗り方をしても、素材感は伝わりませんよね。 後半はさらに自分らしいデザイン画が描けるようにステップアップしていきます。線の描き方や使う画材などエスモード生は、試行錯誤しながら自分に合った表現方法を見つけていきます。 他にも「ファッションクロッキー」という授業があります。 ファッションクロッキーの授業では、1-2分の短い時間内でモデルをスケッチしていきます。 ですので、いかに素早く!モデルを表現出来るかがポイントになってきます。パステルや色鉛筆などここでも様々な画材でチャレンジします! クロッキーの授業では天気がいいと屋上で行ったり、学生や時には先生がモデルになって授業を行ったり、とっても自由な空気が漂っています!   エスモードの学生はこうした授業を受けながら、初めての方や絵が苦手な方でも自分らしいデザイン画が描けるように成長していきます。 今回のサマーセミナーでは、「ファッションクロッキー」、「スタイル画」、「デザイン画」の三つのコースをご用意!!! 「ファッションクロッキー」では手を動かすことの楽しさを、   「スタイル画」では基礎の描き方を、  …
Read More
Read More

ファッションショーが出来上がるまで。-How to make a Fashion show.-

現在パリコレを筆頭に、各地でファッションウィークが開催されています!! 東京でも沢山のファッションショーが開催されていて、毎日どんなコレクションが発表されるかとても楽しみです! エスモード東京校でも、10/7(土)に恵比寿ガーデンプレイスにてファッションショーを開催します!そしていよいよ来年の3月には、「卒業コレクション2018」も行う予定です。 いつ見ても格好良く心が躍るファッションショーは、単にシーズンのコレクションを披露する場だけではなく、デザイナーが独自のメッセージを発信するとても「クリエイティブ」な場所です。 今回は、エスモードのファッションショーが出来上がるまでをBLOGにしたいと思います! ブランドのショーとは少し違う、エスモードのファッションショー。 どのようにして、学生個々人の、それぞれ違うメッセージのルックを一つのショーとして纏め上げているのでしょうか。   ①ショー全体のテーマを決める。 作品がある程度出来上がり、デザイン画が出そろったらショー全体のテーマをまず決めます。決め方は様々で、時代や全体の空気感、学生クリエイターの思いが反映されたりします。 ちなみに昨年のテーマは「I have something to tell(私には伝えたいことがある)」でした。 ②ショー会場を決める。 ショー全体のテーマが決まったら、会場を決めます。10/7に行われるショーは恵比寿文化祭とのコラボレーションですので、メイン会場の恵比寿ガーデンプレイスの野外会場で行います。 ショー会場は、ショーのテーマやブランドのコンセプトに大きく影響します。中にはルーブル美術館の中でファッションショーを行ったり、ゲリラ的に山手線の中でショーを行ったりしたブランドも!…
Read More
Read More

パターンレッスンで、スカートの基本からマーメイドスカートの作り方を学ぶ!

11/18のオープンキャンパスでは、パターンレッスンを開催しました。 今回のブログではその様子をご紹介します! 今回は、「マーメイドスカートを作ろう!」ということで、スカートの平面パターンの基礎知識から、マーメイドスカートへの展開の仕方までを勉強しました! 教えて下さる講師は、土岐幸子先生です。 土岐先生は、コム・デ・ギャルソンなどでパタンナー経験を積んだエスモードのモデリズム講師です。 学生スタッフも参加して、和気あいあいとした雰囲気の中で授業は進みました◎ 今回作るのは、「マーメイドスカート」です。ウェストからヒップにかけてタイトなラインで、裾にフレアーが広がっているデザインです。スカートの丈やフレアー分量によってデザインの雰囲気が変わっていきます。 まずは、スカートパターンの基本を土岐先生と学生のQ&Aで学んでいきます。 土岐先生:ここはなんという線ですが? 学生:うーん。前中心線です! 土岐先生:正解です! こんな学生とのやりとりをはさみつつ、スカートの基本構造を学んでいきます。 学生スタッフはみんな1年生ですが、日々勉強しているので、スラスラ答えてましたよ! 今回はバーズ(原型)を使用し、パターンを作成していきます。 パターンに初挑戦の参加者の皆さんは、慣れないバーズや定規の使い方に四苦八苦。 徐々に慣れていき、学生スタッフと一緒に頑張って作業を進めていきます。 スカートの丈や切り替え位置を設定するときも、学生と話しながら、「ロング丈なら何cmくらい?」「切り替えの方向をサンプルとは逆にしたいな。」など自分が思い描くマーメイドスカートを作ろうと一生懸命作業を進めていたのが印象的でした! 最後に裾のフレアーの展開方法とウェストベルトの作り方を学び、完成しました!…
Read More

ファッションプレスってどんなお仕事?

芸能人のインスタグラムや、ツイッターを見ているとよく登場するブランドのプレスの方々を見たことはありませんか? おしゃれで憧れちゃいますよね。 でも実際はどんなお仕事をしているのでしょうか。   今回はブランドの顔として欠かせないお仕事、「プレス」についてご紹介します。 プレスのお仕事は、宣伝や広報とも呼ばれ、「ブランドをたくさんの方に知ってもらう」ことを目標に、仕事をしています。 具体的にはどんなことをするのでしょうか?   展示会やショーの企画と運営 デザイナーが魂を込めて作ったコレクションは、より多くのファッション業界の方々に見ていただきたいですよね。 コレクションや展示会は、メディア関係者、インフルエンサー、バイヤーの方々をお呼びする場です。 多くのメディア関係者に見ていただくことで、雑誌や新聞、インターネットマガジンなどに掲載され、消費者へと情報が届くことになります。 コレクションを発表するためにショーや展示会を開催し、PR方法を考えていくのもプレスの仕事です。 メディア関係者にブランドコンセプトやコレクションテーマをお伝えすることがとても重要な仕事ですので、積極的にコミュニケーションすることが好きな人は向いていると思います。   雑誌やスタイリストへの貸し出し ファッション雑誌やテレビコマーシャル、タレントさん着用分として、スタイリストにお洋服を貸したりするのもプレスのお仕事です。 店舗とは違いサンプルがたくさん置いてあるプレスルームからピックアップしていきます。…
Read More
Read More

1年生ホワイトスウェット・ファッションショー / 恵比寿文化祭2018

10月6日(土)、恵比寿ガーデンプレイスにて、恵比寿に住み、学び、働き、遊ぶ人々が集い、町の魅力や文化を発信する恵比寿文化祭2018が開催されました。 恵比寿にあるエスモード東京校では、1年生のカリキュラムとして入学してからたった半年の成果を「ホワイトスウェットプロジェクト」として、恵比寿文化祭で発表します。 Facebook Twitter Tumblr Line
Read More
Read More

オープンキャンパス「立体裁断のミニウェディングドレスづくり」

6月17日(日)、東京校のオープンキャンパスは「ウェディングドレスのデザイナーと話そう!」と「立体裁断のミニウェディングドレスづくり」の2講座です! ①10:00~12:30 「ウェディングドレスのデザイナーと話そう!」 「存在しないもの、異端、空想的な」という意味のブランド「mutin」のデザイナー新家哲哉氏を迎え、最新映像を見ながらお話をうかがいます。同時に、新しいウェディングドレスの発想や制作秘話などを、教え子の現役学生とQ&A形式で楽しんでいただきます。 講師:新家哲哉 Tetsuya Shinke (www.mutin.jp) 株式会社mutin代表 エスモード東京校卒業後COMME des GARÇONSでパタンナーとして勤務 エスモード東京モデリズム講師やフリーパタンナーとしての経験をもつ ②13:30~17:00 「立体裁断のミニウェディングドレスづくり」 ミニボディを使って小さなウェディングドレスの立体裁断にチャレンジしてみませんか? 世界に一つだけ。夢と幸せをこめたトワル生地の小さなドレスづくりに、ぜひご参加ください。 講師:土岐 幸子 Sachiko…
Read More