🌸京都校 OPEN DAY期間中です🌸

3/20(火)まで、OPEN DAYとして、京都校を一般の皆さまに開放しています✨
 

10時~18時の間ならいつでもご自由に、
校内に展示してある作品及びプレゼンテーションボードをご覧いただけます😍👚

卒業コレクションや1・2年生の最新作品を間近でご覧いただくチャンスです。
2年生の産学協同プロジェクト「BOUTIQUE ESMOD KYOTO」のSHOP第2弾もOPEN中。
1点モノのクリエイションの数々を販売しています。
 

この機会にぜひ京都校にお立ち寄りください♪
皆さまのご来校をお待ちしております✨

 

♪ 個別相談会、随時受付中 ♪
エスモード京都校では、日・祝を除きいつでも、
入学・進路・奨学金等に関するご相談を受け付けています。
京都の中心部に位置する本校に、ぜひ1度お越しください!!
お申込はこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You May Also Like
Read More

絵が苦手でも大丈夫!サマーセミナーで、ファッションデザイン画に挑戦!!

絵が苦手だと、デザイン画が描けるか不安ですよね。 エスモードに入学してくる方のほとんどが、デザイン画を描いたことがない方です。 それでも、エスモードで半年授業を受けると表現したいデザイン画が描けるようになります! デザイン画は、自由に描く絵画やアートと違うものなので、コツをしっかり押さえればみなさん短期間で描けるようになるんです! エスモードでは、1年目のスティリズム(デザイン)の授業で基本的なデザイン画の描き方を学びます。 同時に素材の表現方法も学んでいきます。ファー素材とシースルー素材で同じ色の塗り方をしても、素材感は伝わりませんよね。 後半はさらに自分らしいデザイン画が描けるようにステップアップしていきます。線の描き方や使う画材などエスモード生は、試行錯誤しながら自分に合った表現方法を見つけていきます。 他にも「ファッションクロッキー」という授業があります。 ファッションクロッキーの授業では、1-2分の短い時間内でモデルをスケッチしていきます。 ですので、いかに素早く!モデルを表現出来るかがポイントになってきます。パステルや色鉛筆などここでも様々な画材でチャレンジします! クロッキーの授業では天気がいいと屋上で行ったり、学生や時には先生がモデルになって授業を行ったり、とっても自由な空気が漂っています!   エスモードの学生はこうした授業を受けながら、初めての方や絵が苦手な方でも自分らしいデザイン画が描けるように成長していきます。 今回のサマーセミナーでは、「ファッションクロッキー」、「スタイル画」、「デザイン画」の三つのコースをご用意!!! 「ファッションクロッキー」では手を動かすことの楽しさを、   「スタイル画」では基礎の描き方を、  …
Read More
Read More

ファッションショーが出来上がるまで。-How to make a Fashion show.-

現在パリコレを筆頭に、各地でファッションウィークが開催されています!! 東京でも沢山のファッションショーが開催されていて、毎日どんなコレクションが発表されるかとても楽しみです! エスモード東京校でも、10/7(土)に恵比寿ガーデンプレイスにてファッションショーを開催します!そしていよいよ来年の3月には、「卒業コレクション2018」も行う予定です。 いつ見ても格好良く心が躍るファッションショーは、単にシーズンのコレクションを披露する場だけではなく、デザイナーが独自のメッセージを発信するとても「クリエイティブ」な場所です。 今回は、エスモードのファッションショーが出来上がるまでをBLOGにしたいと思います! ブランドのショーとは少し違う、エスモードのファッションショー。 どのようにして、学生個々人の、それぞれ違うメッセージのルックを一つのショーとして纏め上げているのでしょうか。   ①ショー全体のテーマを決める。 作品がある程度出来上がり、デザイン画が出そろったらショー全体のテーマをまず決めます。決め方は様々で、時代や全体の空気感、学生クリエイターの思いが反映されたりします。 ちなみに昨年のテーマは「I have something to tell(私には伝えたいことがある)」でした。 ②ショー会場を決める。 ショー全体のテーマが決まったら、会場を決めます。10/7に行われるショーは恵比寿文化祭とのコラボレーションですので、メイン会場の恵比寿ガーデンプレイスの野外会場で行います。 ショー会場は、ショーのテーマやブランドのコンセプトに大きく影響します。中にはルーブル美術館の中でファッションショーを行ったり、ゲリラ的に山手線の中でショーを行ったりしたブランドも!…
Read More
Read More

パターンレッスンで、スカートの基本からマーメイドスカートの作り方を学ぶ!

11/18のオープンキャンパスでは、パターンレッスンを開催しました。 今回のブログではその様子をご紹介します! 今回は、「マーメイドスカートを作ろう!」ということで、スカートの平面パターンの基礎知識から、マーメイドスカートへの展開の仕方までを勉強しました! 教えて下さる講師は、土岐幸子先生です。 土岐先生は、コム・デ・ギャルソンなどでパタンナー経験を積んだエスモードのモデリズム講師です。 学生スタッフも参加して、和気あいあいとした雰囲気の中で授業は進みました◎ 今回作るのは、「マーメイドスカート」です。ウェストからヒップにかけてタイトなラインで、裾にフレアーが広がっているデザインです。スカートの丈やフレアー分量によってデザインの雰囲気が変わっていきます。 まずは、スカートパターンの基本を土岐先生と学生のQ&Aで学んでいきます。 土岐先生:ここはなんという線ですが? 学生:うーん。前中心線です! 土岐先生:正解です! こんな学生とのやりとりをはさみつつ、スカートの基本構造を学んでいきます。 学生スタッフはみんな1年生ですが、日々勉強しているので、スラスラ答えてましたよ! 今回はバーズ(原型)を使用し、パターンを作成していきます。 パターンに初挑戦の参加者の皆さんは、慣れないバーズや定規の使い方に四苦八苦。 徐々に慣れていき、学生スタッフと一緒に頑張って作業を進めていきます。 スカートの丈や切り替え位置を設定するときも、学生と話しながら、「ロング丈なら何cmくらい?」「切り替えの方向をサンプルとは逆にしたいな。」など自分が思い描くマーメイドスカートを作ろうと一生懸命作業を進めていたのが印象的でした! 最後に裾のフレアーの展開方法とウェストベルトの作り方を学び、完成しました!…
Read More

中国大連杯2017 【グランプリ】の蒲田さん来校🌈

今年の9月21~25日、中国の大連で開催されたファッションコンクールで、 昨年度のエスモード京都校卒業生 蒲田麻里さんの作品が見事に グランプリを受賞!!! しました。 応募総数は2,000点以上。 京都校内で応募作品の選定を行い、 京都校事務局の田渕さんが現地でプレゼンテーションをしました。 出展したのは2016年度の卒業コレクションの作品。  Theme  『 Matthew Stone 』 ~ Clean Arty ~ 洗練されたしなやかで美しい花のように。 若手アーティストのデジタルな技法を使った抽象画に着想を得て、…
Read More
Read More

YKKファスニングアワード【特別賞】の芝氏莉乃香さん👟1月号の装苑に載ってます✨

2017 YKKファスニングアワード「ファッショングッズ部門」で、 京都校1年生の芝氏莉乃香さんが特別賞を受賞しました!!! 受賞した作品は『イソギンチャクをイメージした2wayサンダルスニーカー』。 夏に履くための【イソギンチャク】をイメージした、サンダルに変えることができるスニーカー。海やプールに行く時もサンダルを持ち歩かず、これ一足で出かける事ができるという優れモノ。メッシュファスナーを開ける事による変化や夜光塗料など、面白い仕掛けも組み込んでいます。 ↓ 9月27日の授賞式にて、右から1年生の長江さんと芝氏さん、講師のクレモンティーヌ ↓ 1月号の装苑で紹介されているので、ぜひチェックしてくださいね♪ ESMOD KYOTOさん(@esmodkyoto)がシェアした投稿 – 2017 12月 3 11:48午後 PST ♪…
Read More

玉ねぎでTシャツを染める

今日は京都校1年生の素材学のクラスの様子をお伝えします。 各学生がTシャツを持ち寄り、 玉ねぎの皮を使っての『染め』にチャレンジしました!! ↓  本日の『染め』に使用した玉ねぎの皮 ↓ 素材学の講師、白藤さんの説明に始まり、 早速『染め』の実験開始です。 素材学は1年生と2年生のカリキュラムに含まれており、 隔週で1コマ、110分の授業です。 今日の玉ねぎ染めも、この110分の中で行いました。 熱湯を入れた2つの鍋に玉ねぎの皮を挿入し、玉ねぎの色が出てくるのを待ちます(↓写真左)。 そして異なる染剤を1種類ずつ、各鍋に投入すると・・・ 全く異なる2つの色ができました!!!(写真右↓)   持参したTシャツを鍋に入れ、しばし待機・・・ その後Tシャツを取り出し、余分な染料を水で落として完成です!! ↓ いい感じの仕上がりに大満足♪ 染め上がりを互いに確認し合って楽しんでいる学生の様子 ↓…
Read More