スタイリストの一日とは

テレビや映画、雑誌などで多くの人々をコーディネートしていくスタイリストを目指している人にとって、スタイリストが一日どのように仕事をしているのか、気になっている人も多いのではないでしょうか。
撮影などでスタイリングをすることだけでは、と想像している方もいらっしゃると思いますが、実はそれだけではないのがスタイリストという仕事です。
そこで、今回はスタイリストが一日をどのように仕事しているのか、お話ししたいと思います。

スタイリストの一日の基本

まず、スタイリストの一日は大きく「撮影までの準備」と「撮影当日」の2つに分けることができます。
今回はこの2つの中で行われる作業を細やかに説明していきたいと思います。

撮影までの準備

まず、撮影までの準備の期間です。

打ち合わせ

まず行う作業は打ち合わせです。
クライアントと打ち合わせでアイディアを出し合ったり、確認を取っていきます。
撮影日に失敗しないよう、打ち合わせと確認を何度も行っていきます。
何度も行っていくことで、クライアントとのギャップを少しでも減らし、信頼を得ていくので、大切な作業です。

使用する衣装をリース

打ち合わせの次は、使用する衣装をリースすることです。
アパレルブランドのプレスルームへと足を運び、打ち合わせで決められたスタイリングやテーマに見合った洋服や小物を借りていきます。
借りる商品が伝票にサインを行うと、ブランドからリースできます。
通常は1日約10ブランド以上まわるため、ひとつのブランドにかけることができる時間は約30分~1時間ととても短い時間に行います。
そのため足早にアパレルブランドをまわり、理想とする洋服や小物を見つけていかなければならないため、体力や判断力の速さが問われます。

コーディネートを組む

リース作業の次はコーディネートを組んでいくことです。
集めた洋服や小物でさまざまなバランスを考えながら組み合わせていきます。
雑誌媒体などだったら、コーディネートを組み合わせたあとに、この段階で編集担当のチェックが入ります。
もしやり直しが出たら、コーディネートを組み直し、再度チェックをしてもらいます。

撮影準備

コーディネートを組んだあとは撮影準備を行っていきます。
リースした洋服や小物が汚れないように、準備を進めていく作業ですが、かなり根気のいる作業の一つです。
例を挙げるとすると、靴の底に土などがつかないようにテープを貼ったり、どの組み合わせで組むのかをまとめたりしていくなどの作業があります。
衣装の量が多ければ多いほど時間も要するため、深夜まで作業が続くこともしばしばあります。
そして撮影準備を終えたら、洋服や小物を車、または移動用のバスに積み込んでいきます。
ここまで終えたところで、撮影までの準備がようやく完了です。

撮影当日

そして準備を終えたら、いよいよ撮影当日です。

現場入り

まずは現場入りです。
入りの時間も朝イチから夜中、さらに現場もスタジオ内からバスで移動するような地方などさまざまです。
まず現場入りしたら、車や移動用のバスに入れていた当日撮影で使う洋服や小道具をすべて出しながら、クライアントと最終確認を行っていきます。

撮影本番

そして現場入りをし、クライアントとの最終確認を行ったあとは、いよいよ撮影本番です。
洋服が一番よく見えるように合わせてコーディネートしていきます。
撮影をしてホコリやヨレができてしまったときは、撮影の合間に直していきます。
そして着用し終わった洋服や小物は元のラックへ戻し、次のコーディネートを進めていきます。
さらに、雑誌媒体の場合は待ち時間の間に誌面掲載用にプライスとブランドを記入する値書きの準備を行っていきます。

撮影がひと段落したところで、食事をしながら撮影の様子や、次の撮影の打ち合わせを行い、再び撮影に戻っていきます。

後片付け

すべての撮影を終えたら、最後は後片付けです。
撮影が終わったら一休み、ではなく、撮影のためにリースしていた洋服や小物を、アパレルブランドへと返却する準備を行っていきます。
リースした洋服や小物をそれぞれ元通りにし、アパレルブランドを確認してブランドごとにまとめていきます。
クリーニングやアイロンをかけ、リース前の状態に戻さないと、トラブルのきっかけとなり、アパレルブランドとの信頼を失いかねません。
そのため、リース先ごとにリストでまとめて管理を行いながら、しっかりきれいにしていきます。
そしてアパレルブランドにリースした洋服や小物を返却したのち、撮影当日からのスケジュールが終了です

以上のようにスタイリストの仕事は、コーディネートをするだけではなく、準備段階から後片付けまでをすべてを行うため、多彩な職業であると言えます。

まとめ

スタイリストは、時間と体力に加え、さまざまな人々に気を配り、配慮していくため、スタイリストは多忙を極める職業です。
しかし、それと同時に仕事として多彩で、とてもやりがいのあるものと言えます。
多くの経験が積むことができるスタイリストになるために、まずはファッション関連の大学や短大、専門学校に足を踏み込んでみてはいかがでしょう。

ファッションデザイナーになるには

ファッションが好きな人にとって、ファッションデザイナーは憧れの存在。流行の最先端をつくり出し、華やかなイメージがあります。では、実際にどのような仕事をしているのか詳しくご存じでしょうか?

今回は、ファッションデザイナーを志望している人や興味がある人に向けて、仕事の内容やファッションデザイナーになるための方法、志望動機の書き方などをご紹介します。

ファッションデザイナーとは

ファッションデザイナーというのは、自らのセンスや感性で様々なファッションアイテムのデザインを手がける仕事です。
ここではファッションデザイナーの実際の仕事内容や働き方について詳しく見ていきます。

ファッションデザイナーの仕事

ファッションデザイナーは服のデザインをするだけではありません。

1.情報収集

情報収集分析から始まります。
①市場(マーケット)
②ファッショントレンド(流行)
③競合(他社・他ブランド)
④顧客の購買行動や売れ筋や売れなかった商品情報など、様々な角度からの情報分析をします。

2.コンセプトの立案

ブランドのコンセプトを立案し、そのコンセプトに基づいてシーズンごとのテーマやスタイリングを考えて提案することも、大切な仕事の一つです。

3.アイテムの決定

さらに具体的なアイテム構成やカラー・素材などを決定し、パタンナーに型紙やトワル作成、一点サンプル作成の依頼とチェックなどを行い、展示会開催までにすべてのアイテムのサンプルを整えます。

ファッションデザイナーはアイデアから服がお客様の手元に渡るまで、さまざまな人と関わりながら仕事を完成させていきます。

ファッションデザイナーの種類

ファッションデザイナーには多様な働き方があり、大まかに4つの種類に分かれています。

企業に勤めるファッションデザイナー

アパレルブランドの会社で社員として雇用され、企業のブランドのデザインを担当します。
仕事や収入が比較的安定しています。ファッションデザイナーの一般的な働き方であり、多くの人がこの形をとっています。

フリーランスファッションデザイナー

企業などに属していない、フリーランスのファッションデザイナーです。
実力を認められると、あらゆるブランドから仕事の依頼が来ることもあります。
また、完全なフリーランスではなく決まったブランドの専属のような形で仕事をする場合や、仕事ごとにアパレルブランドと契約する場合もあります。

ブランドデザイナー

モデルやタレントなどの有名人がアパレルブランドと提携して新しいブランドを立ち上げるという形もあります。
有名人に特有のパターンであるため、通常のファッションデザイナーにはこのような仕事は一般的ではありません。

ファッションデザイナーになるための方法

デザイナーになるためには短期大学の服飾科、服飾系の大学、服飾専門学校でファッションデザインやパターン・縫製・CAD・服飾史などを学び、そのあとアパレル企業に就職するのが一般的な方法です。

ファッションデザイナーの勤務状況と収入

特定の会社に属している企業デザイナーは、就業規則に基づき勤務時間が決められていますが、展示会の前などには残業が発生することが多くなります。収入は初任給で月20万円前後、仕事の内容やキャリアによって昇給していきます。
個人でブランド会社を運営している場合は、年に2回のファッションショー前後は非常に忙しく、私生活の大半が仕事と言っても過言ではありません。収入は自社ブランドの人気度や売上高によって異なりますが、数千万円という一部のファッションデザイナーもいます。

ファッションデザイナーのやりがい

ファッションデザイナーがやりがいを感じられる瞬間としてまず挙げられるのは、自らがデザインした洋服がショップに並び、売れていく様子を見た瞬間でしょう。
また、実力がついてくればあらゆるショーやコンテストで結果を残すこともでき、さらに大きな仕事が舞い込むかもしれません。ファッションデザイナーとしてさらにキャリアアップすることで、より大きなやりがいを感じることができるでしょう。

ファッションデザイナーに必要なスキル

ファッションデザイナーにまず必要なのは、ファッションに関する広く深い知識です。もちろん知識だけで成功することができるわけではありませんが、どのような仕事をするにあたっても自らの知識をもとにアイデアを生み出す必要があるため、前提としてファッションの知識は必須だと言えます。
それと並んで重要なのが、流行を察知する力です。アパレル業界は常に流行とともにある産業。常に流行の最先端を行かなくてはならないため、今何が流行っているのか、今後何が流行るのかなどを察知する力が非常に大切なのです。

スタイリストの仕事とは

スタイリストの主な仕事は、雑誌やテレビなどの撮影の際にタレントやモデルの衣装をコーディネートすることです。ファッションが好きな人の中には、おしゃれで華やかなイメージのスタイリストにあこがれる人も多いのではないでしょうか。

「スタイリストになりたいけれど、どうしたら良いのかわからない」という人のために、今回はスタイリストの仕事内容ややりがい、スタイリストになる方法についてご紹介します。

スタイリストの仕事とは

スタイリストは、まずアシスタントスタイリストとして働き始めます。
日々の業務を重ねていきながら、一人前のスタイリストとしてデビューしていきます。

そして、スタイリストの仕事はクライアントや勤務先によって内容が異なりますが、主な仕事内容は以下の通りです。

  1. クライアントの依頼内容に合うコーディネートを行う
  2. 撮影に使用する洋服や小物のリースのアポイントを入れる、または購入
  3. 使用するアイテムの内容を確認
  4. 撮影に使用したあとの洋服や小物を整理、リース先へと返却
  5. (ファッション雑誌に携わる場合は、原稿チェック作業)

以上を見てみると、スタイリストの仕事はコーディネートだけではないことがわかります。
スタイリストは、コーディネートをするためにあらゆることをこなしていく、多忙な仕事なのです。
では、次にスタイリストに所属している場合と、フリーランスで働く場合でどのような働き方をしているのか、見ていきましょう。

スタイリストの仕事で苦労すること

そして、勤務先や働き方問わず、スタイリストの仕事をするときに苦労することは、大きく2つあります。

徹底的な衣装の管理

まず、一つ目は衣装管理です。
衣装の管理はスタイリストの基本とも言える仕事です。
衣装の数も膨大なので、日々衣装の管理には神経を使っていく必要があります。
中でもリースした洋服や小物は、タグの付け間違いをしない、汚さないようにしないといけません。
破かないようにするのはもちろんですが、返却する前にクリーニングに出したり、汚れをとったり、汚れないように靴底にテープを貼ったりと、汚さないために行う仕事は膨大です。
しかし、汚してしまうとアパレルブランドからの信頼を失ってしまうので、とても大切な仕事なのです。

ハードな業務内容

2つ目はハードな業務内容です
まず、スタイリストは勤務時間は依頼内容によって変わるため、勤務時間や休日も不定であることが多いです。
勤務時間や休日が不定であるため、時間も早朝、または深夜に仕事をすることもあったり、世の中が連休になっていても、スタイリストは働いているということもしばしばあります。
また、リースをするためにアパレルブランドを何ブランドも回ったり、洋服や小物の運搬や管理などもあるため、スタイリストは肉体労働の一面もあることを念頭に入れておきましょう。

まとめ

スタイリストの仕事はコーディネートをする華やかな一面だけではなく、企画から衣装の管理や返却など、多くの仕事があります。
しかし、スタイリストの仕事は慣れていけば、多くの人々に関わることができ、やりがいのある仕事です。
スタイリストとして充実した仕事ができるようにするためにも、ファッション関係の大学や短大、専門学校に通い、ファッション専門知識を身につけていってはいかがでしょうか。

How to Become a Fashion Designer

Many girls and boys dream of becoming fashion designers, but it doesn’t mean they’re cut out for the profession. Do you actually have what it takes to make it in the field? ESMOD JAPON made a list for you, to review the top skills you’ll need to excel in the fashion world.

Interest in Current Fashion Trends

You’ll need to know whether everyone is wearing skinny jeans, boyfriend jeans or something else entirely. Knowing what’s on trend will let you know what the public is buying and what designers are creating. That’s why ESMOD JAPON provide to their students in the first year, an analysis of Market and Consumer (in additional classes).

Highly Creative & Artistic

Are you known for being artistic? Do you have a unique sense of personal style or appreciate the fine arts, music and dance? An innate sense of creativity is extremely important in the fashion world. Together, artistry and imagination can give you the instincts necessary to turn raw materials into a beautiful finished product.

ESMOD program help students to developing their personal style during the second year, after a first year focused on learning the fashion basics.

Drawing Skills

Do you like to draw? If so, that’s good news because you’re going to need this skill as you pursue being a fashion designer. But if you’re lacking in this area, don’t worry! ESMOD JAPON provide drawing classes and share with you some tutorials to let you practice drawing.

For our free tutorial it’s here (in japanese): https://www.esmodjapon.co.jp/blog/event/10823/

Ability to Work Well with a Team

A strong sense of collaboration and camaraderie between departments at a fashion house allows creativity to flourish and contributes to its overall success. At ESMOD JAPON, student realize in teamwork a personal creation in fabric of a skirt and a shirt during their 1st year.

Excellent Communication & Interpersonal Skills

Designing footwear, clothing, and accessories requires collaboration with colleagues. It also requires strong people skills. This not only helps designers encourage their teams but also enables them to effectively share their vision with colleagues.

Strong Visualization Skills

Prior to the drawing phase, a good designer must have strong visualization skills. This enables her to translate ideas onto paper, so that her colleagues have a sense of the look she’s aiming for as they work toward a finished product.

A Competitive Spirit

To create innovative designs, a competitive spirit is necessary. You don’t want to lag behind the competition or follow their lead. You want to be a trendsetter, and having a thorough understanding of the economy and the fashion industry will keep your ideas fresh.

Good Eye for Detail

Fashion designers need to have a good eye for detail. For example, how do you envision the pleats falling on a skirt or a blouse cinching at the waist? What about ruching, ruffles or embroidery? It is often the detail that makes a product unique, so this skill cannot be overlooked, even if you’re great at visualizing and drawing. This is how ESMOD teaches to their second year students product analysis.

Understanding Texture, Color, and Fabric

Design requires a good sense of texture, color, and fabric. For example, you’ll need to know whether a garment would work best in silk chiffon or another material. You’ll also need to know which combinations of colors will be most flattering on a piece of clothing. It is these differences that make a design stand out.

During their third year at ESMOD, students first of all learn design and pattern-making codes for the products in their specialization, which they can then apply to their end-of-year personal collection. They will learn the history of fashion and textile during their second year.

A Good Sense for Business

A thorough understanding of the business world, including finance, sales, and marketing, is essential to becoming successful in the world of fashion. Creativity is the essence of fashion, but without a good understanding of business, it is difficult to sustain a fashion brand and make it profitable.

Many talented fashion designers have ended up bankrupt because they had a poor understanding of fashion’s financial side. That’s why ESMOD JAPON provide the “Fashion Business Course”. You can find more information here (in japanese): https://www.esmodjapon.co.jp/gakka/saturday-course/.

Wrapping Up

Now that you’ve reviewed this list, ask yourself if you think you have what it takes to be a designer. You may excel in some areas but need work in others. Don’t let that discourage you.

Drawing fashion sketches, imaging universes waring shapes and colors, creating patterns, working a muslin prototype, hand or machine sewing, assembling pieces of fabric using rigorous know how to create dresses, shirts, suits, … These are what make up the specific content of ESMOD’s courses. Because design is never as when is approached technically, ESMOD has merged its design and pattern-making courses to provide students with a complete overview of the design process, from concept to manufacturing.