産学協同プロジェクト

【東京校】イトキン株式会社 特別講師ジャケット制作授業 第二回

こんにちは、プレス委員です。
今回はイトキンさんが行ってくれるジャケット制作の授業の2回目のブログです!

製図をしている様子を紹介したいと思います。
P1020015

P1020016
分からないことがあっても質問すれば、わかりやすく教えて頂けます!
ジャケットの衿の作りや袖のねじれなど、新たに知ることがいっぱいです。

P1020027

みんな真剣です!
実際にイトキンで働くパタンナーの先生に教えてもらい、通常の授業で習ったやり方とは違う製図方法ということもあり、学ぶことがたくさんあります。

P1020009
.
P1020010
.
P1020011

先生のデモンストレーションを見てから実践です!
コンパスを使った衿の引き方を教えて頂きました◎
授業時間があっという間に感じます。。!
P1020012

ジャケットの完成に向けて頑張りましょう!!^_^
以上プレス委員でした。

JFW ニッケの展示会-2

2日のニッケの展示会は始めの日より
もって多勢な人が見に来たんですー!
ESMODでは二つのteamが出てそれぞれの魅了を見せてくれました。(^ ^)

Clemetine teamの作品です。

20131124-210802.jpg

20131124-210813.jpg

20131124-210831.jpg

Indeego team の作品もご覧下さい〜

20131124-210911.jpg

20131124-210928.jpg

20131124-210945.jpg

学校の友達、先生達も応援しに来てくれて凄く有難かったんですー!✨

みんな交代しながら、前の日に見れなかった下の展示会場を行って来ました。
様々な生地の企業が展示してて凄く勉強にもなったし楽しかったです。

20131124-211331.jpg

20131124-211341.jpg

20131124-211350.jpg

20131124-211359.jpg

20131124-211409.jpg

20131124-211420.jpg

20131124-211429.jpg

20131124-211439.jpg

20131124-211511.jpg

みんなお疲れ様でした!
最後は解放された表情で撮影もしましたよ
ヽ(;▽;)ノ

20131124-211730.jpg

20131124-211741.jpg

JFW ニッケの展示会-1

ニッケの企業から内らエスモードの2年生学生2グループが選ばれ、
デザインから仕上げした作品が国際フォーラムで行われてるJFWに展示されます。(^ ^)

展示会の前に準備してるESMOD学生さん達!

20131120-204033.jpg

20131120-204058.jpg

20131120-204110.jpg

20131120-204122.jpg

20131120-204136.jpg

20131120-204153.jpg

他のデザイン学校も参加してました〜

当日の展示会の景色です。 色んな企業の生地が置いてあって生地の情報とか生地についてもっと知れるいい機会でした。(*_*)

20131120-204852.jpg

20131120-204901.jpg

20131120-204911.jpg

20131120-204918.jpg

20131120-204935.jpg

20131120-204945.jpg

20131120-204957.jpg

20131120-205035.jpg

20131120-205055.jpg

Esmod学生の一日は作品を見に来てる人達にデザインのテーマやどうやって仕上げたなどを説明したりしました。アパレル関係の関係者も多かったけど、インテリアデザイン関係者、色々な分野の人がいました。 良い社会経験だなあと思います(^-^)

20131120-210408.jpg

20131120-210419.jpg

20131120-210438.jpg

20131120-210451.jpg

20131120-210509.jpg

20131120-210530.jpg

20131120-210608.jpg

まだ明日まで展示会やってますので、頑張ります!*\(^o^)/*

【東京校】イトキン株式会社 特別講師ジャケット制作授業 第一回

9月27日金曜日

 

a.v.vやcourregesなど、たくさんのブランドを手がけるイトキン株式会社から特別講師をお招きして、第一回テーラードジャケット制作の授業が開催されました。

 

今後何回かに分けて授業の内容をお伝えしていきたいと思います。

 

〔わかりやすい図解のテキストをいただきました〕

 

「肩パットをストレートの原型のパターンとボディの間に入れ込みたいと思ったら、どこをどう切ったら入れることができるでしょう?」

 

わかりやすいテキストと菊地さんの軽快なトークで楽しく授業が進みます。
業界に入ってからしかわからない実際のパタンナーさんはこうしている!などの情報も交えながらの説明に、教室には時折感嘆の声や笑い声がこだまします。
いつも何気なくしていたパターン上の操作も、へぇ~そうなんだ!という発見に変わっていきました。

 

〔詳しく楽しく授業を進めてくださる菊地講師〕

 

展開の仕方も、実際に紙のパターンを切り開いて教えてくださったり、なぜこの場所にゆとりが必要なのか、
なぜこの場所にはダーツが必要なのかを説明してくださったり…受講している生徒も自然と前のめりで話しに聞き入ります。
詳しい説明の後、生徒も同じようにパターンを引き、同じようにパターンをカッターで切り開き、同じように切り開いた場所をテープでとめて、
展開の意味や展開後の形をよく理解できる授業でした。

 

 

今回は4時間の中で、ストレートの袖なし原型のパターンを引いて、トワルで組むところまで教えていただきました。

 

全15回の授業の後には、皆それぞれのオリジナルテーラードジャケットが完成している予定です。
皆さんどんなジャケットになるのでしょうか。

イトキンジャケット発表会♪ (東京校)

こんにちは。
2年生モデリズム専攻の菊地です。
ブログに載せるタイミングを見失っていましたが。
やっと載せることにしましたよ[emoji:i-265]
先週の2月3日(水)にイトキンで製作したジャケットのプレゼンがありました。
じゃじゃーん。
これが約4日で縫い上げたジャケットです。
RIMG0082_blog.jpg
プレゼンは、ジャケット製作にあたって、こだわったこと、苦労したこと…などなど…。
ストライプでおしゃれ制服[emoji:i-178]っぽくしたこもいれば。
IMG_0466_blog.jpg
スタンダードで縫いやすさ重視[emoji:i-234]な子もいたり。
IMG_0472_blog.jpg
この方は、刺青に関する小説を読んでイメージして作ったそうで。
レースもふんだんに使用して。
迫力と貫禄とがあるジャケットに仕上がってます[emoji:i-189]
IMG_0480_blog.jpg
そして最後には。
指導してくださった菊地さんに感謝の気持ちを込めて…。
手作りのプレゼント[emoji:i-72]
IMG_0493_blog.jpg
アルバムに写真やメッセージカードを貼って作りましたよ。
菊地さんも喜んでくれて良かったです[emoji:i-236]
RIMG0081_blog.jpg
そして最後にまとめ[emoji:i-190]
今回、私は、貴重な体験をさせてもらったと心から思っています。
パターン講習も含めたったの2か月ほどでしたが。
時間以上の多くのことを学ぶことができました。
菊地さんや、イトキン岩間工場のみなさん、モデルの先生への感謝の気持ちを忘れずに。
一緒に頑張った仲間との時間も忘れずに。
これからも頑張りたいと思います。
ありがとうございました[emoji:i-179]

イトキンジャケット製作実習 (東京校)

こんにちは。
2年生モデリズム専攻の菊地です。
2年生モデリズム専攻では、約1ヵ月半の間、イトキンの菊地さん指導の下ジャケットについて学んできました。
そして、先日の1月18日(月)〜22日(金)の間、茨城県にあるイトキン岩間工場でジャケット製作を行ってきました。
これが工場の外の風景です。
東京と違って空気がおいしいです。
RIMG0041_blog.jpg
到着して、工場を案内してもらった後は、早速パターンチェックです。
優秀な1名[emoji:i-189]を除いては、みんな修正が入ってしまいました…。
RIMG0001_blog.jpg
学校では普段使わないような道具も沢山登場しました。
かなり便利[emoji:i-84]!!
RIMG0018_blog.jpg
そして、2日目午後からは全員縫製に突入!!
このミシンも学校のミシンと違うので慣れるのには大変でした。
そして何といってもピン一切を使わないというのが大変でしたねぇ[emoji:i-282]
RIMG0066_blog.jpg
困った時は菊地さんに相談[emoji:i-190]
RIMG0068_blog.jpg
みんなそれぞれのデザインで製作したので、ベルベットを使用したり、レースを使用したりで、それぞれの苦労がありましたが…。
5日間の研修は、怪我もなく、無事に終えることが出来ました[emoji:i-87]
DSC00461_blog.jpg
そして、今週2月3日(水)にはプレゼンがあります。
その時に出来たジャケットを公開しますね。
お楽しみに[emoji:i-179]

Esmod Japon Tokyo Men’s Collaboration 3 (東京校)

 Esmod Japon Tokyo Men’s Collaboration は、株式会社ユージヤマダデザインオフィスの山田裕二氏と3年生メンズ専攻科の学生たちとの産学協同授業です。7月22日の今回は第3回目ということで、学生たちは、デザインと実物を制作したものを山田氏にプレゼンテーションいたしました。
blog 2009.07.24 1
 今回は実物制作審査ということもあり、プレゼンテーションには一種独特の緊張感が漂っていました。山田氏のアドバイスもクリエーションの厳しさということを踏まえたものでした。
blog 2009.07.24 2
 3年生メンズ専攻科のみんなには、本当にクオリティーの高い作品を作っていただきたいものです。
 いつもの事ながら、山田氏には、長時間、プレゼンテーションの審査をしていただきました。本当にありがとうございました。

Esmod Japon Tokyo Men’s Collaboration 2 (東京校)

 Esmod Japon Tokyo Men’s Collaboration は、株式会社ユージヤマダデザインオフィスの山田裕二氏と3年生メンズ専攻科の学生たちとの産学協同授業です。6月26日の今回は第2回目ということで、学生たちは、自分たちのデザインや服つくりに対する思いを山田氏に熱くプレゼンテーションいたしました。
blog 2009.06.29 2
 山田氏はそうした学生の思いをしっかりと受けとめ、的確で厳しくもあたたかいアドバイスをしてくださいました。長時間本当にありがとうございました。
blog 2009.06.29 1
 何かこの産学協同授業をきっかけに、メンズの学生の潜在能力が表面に表れてきた気がします。
 これからがますます楽しみになってきました。

Esmod Japon Tokyo Men’s Collaboration (東京校)

 Esmod Japon Tokyo Men’s Collaboration は、�ユージヤマダデザインオフィスの山田裕二氏と3年生メンズ専攻科の学生たちとの産学協同授業です。6月1日の今回は第1回目ということで、「今時代はどんなメンズウエアを求めているか?」というテーマでお話していただきました。
 山田氏の豊かな経験を踏まえた大変、熱いお話でした。
 学生も熱心にお話に耳を傾けていました。
 これからの展開が楽しみです。
blog Esmod Japon Tokyo Mens Collaboration