251 views
この記事は約2分で読めます。
Category: 京都校

デザインとパターンの連携

2017年9月29日

洋服を作る時にはまずデザインを考え、
そのデザインを型紙にし(パターンメイキング)、
生地を裁断して縫製します。

エスモードでは、学生が将来的にどの職種に就きたいか、

デザイナーパタンナー

に関係なく、デザインとパターンメイキングの全てを、3年間かけて学びます

エスモードの本校はフランス・パリにあるので、
授業名もフランス語です!!

ファッションデザイン ・・・ スティリズム
パターンメイキング  ・・・ モデリズム

1~3年生までの毎日の授業は主にこの2つ、
スティリズム」と「モデリズム」で構成されています。

京都校1年生のスティリズムの授業は、
フランス人講師、クレモンティーヌが担当しています。

エスモードはインターナショナルです!!

↓ 皆一生懸命、デザイン画を描いています   ↓

どのようにデザインを考えるのか、
それをどうやってデザイン画にするのか、

段階を踏んで、しっかりと学んでいきます。

スティリズム
のクラスでは、デザインを考えてデザイン画を描き、
それを平面図にするところまで行います。

イメージを表現したデザイン画を、
実際の洋服の形である平面図にするのです。

その平面図からパターンを作成し、
縫製するのがモデリズムのクラスです。

このスティリズムモデリズムの密な連携、
両方を総合的に学べることこそ、
エスモードの強みです!!

↓ 手前のデザイン画の平面図を、クレモンティーヌにチェックしてもらっている様子 ↓
 

♪ 個別相談会、随時受付中 ♪
エスモード京都校では、日・祝を除きいつでも、
入学・進路・奨学金等に関するご相談を受け付けています。
京都の中心部に位置する本校に、ぜひ1度お越しください!!
お申込はこちら