Letter de france2

Musée Yves Saint Laurent

 

Bonjour.

 

今回は、16区にあるMusée Yves Saint Laurentについてお話します。

この美術館は、1974年から2002年までメゾンの本社が置かれた場所で、ピエール・べェルジェ=イヴ・サンローラン財団によって、改装され美術館となりました。

中には、ドレスの素材選びの資料やデッサン、コレクションボードが飾ってある部屋があります。コレクション会場の座席表などもあり、見ているだけで興奮するほど楽しい場所です。

また、サンローラン自ら保存すべきとして選んだ財団の作品がたくさん飾られています。多くの作品がデザイン画と一緒に展示されているため、このデザインがこんな作品になるんだとものすごい迫力で圧倒されます。写真のようにこんな近くで作品を見ることもできます。有名なサンローランの作品がたくさん...溜息が出ました。こんな時は仕様のチェックが欠かせません。

ショートムービーを鑑賞できる部屋もあります。ここでは、サンローランとピエールが本当に公私ともに最高のパートナーであったことが感じられます。

そして、また興奮する部屋がもう一つ。サンローランのアトリエがそのまま再現された部屋があります。その部屋には生地や素材、ボタンなどがたくさん置いてあり、さまざまな資料や本、画材道具もたくさんあります!日本語の本もありました。サンローランはここでインスピレーションを膨らませてデザインを描いていたんだなと思うととても感動しました。いつかこんなアトリエが持てたら…。 あまり大きくない美術館でしたが、見ごたえたっぷり。必見です。

服飾の学生であれば、入場無料なのもうれしい。

 

では次回までÀ bientôt.

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You May Also Like
Read More

Letter de france 1

Bonjour! Lettre De France (フランスからの手紙)では、定期的にESMOD パリ校のイベントや授業、フランスでの生活のことなどをSNSやHPでお伝えしていきます。   ESMODやパリ留学に興味をもってもらえるような内容にしていきたいと思っています。パリ留学やフランス生活の疑問解消にも役立てればと思います。それでは、みなさまお見知りおきを! 記念すべき初回はPre-jury(プレジュリ:模擬審査)のお話をしたいと思います。少し前になりますが、ESMOD パリ校では、3月~5月にかけて、3年生約100名の全9コースによるPré-juryが行われました。 ESMOD パリ校には、9つのコースがあります。 Femme,Homme,Enfant ,Maille,N.couture Luxe,N.couture Traditionelle,Unisexe,Lingerie,Accesoire(レディス、メンズ、キッズ、ニット、クチュールリュクス、クチュールトラディッション、ユニセックス、ランジェリー、アクセサリー計9つ)他にISEM(イゼム:ビジネスコース)と4年生があります。 Pré-juryとは、日本校で言う審査会のことです。学年末にある3年生の集大成のイベントであるshow-roomに向けて卒業コレクションのプレゼンテーションがあり、学校内で、Paris校学長クリスティーンを含む教員の中で1人ずつ行われます。クラスや人数が多いため長い期間をかけて行われました。 プレゼンテーションはもちろんすべてフランス語です(英語でプレゼンテーションを行う生徒も数人)。…
Read More