, ,

中国大連杯2017 【グランプリ】の蒲田さん来校

今年の9月21~25日、中国の大連で開催されたファッションコンクールで、
昨年度のエスモード京都校卒業生 蒲田麻里さんの作品が見事に

グランプリを受賞!!!

しました。

応募総数は2,000点以上。
京都校内で応募作品の選定を行い、
京都校事務局の田渕さんが現地でプレゼンテーションをしました。

出展したのは2016年度の卒業コレクションの作品。

 Theme  『 Matthew Stone 』

~ Clean Arty ~ 洗練されたしなやかで美しい花のように。
若手アーティストのデジタルな技法を使った抽象画に着想を得て、
流れ・考えつくされた偶然などをキーワードに、
流動的でダイナミックな色・素材使いで立体感のある服を制作しました。
   

そして事務局で預かっていたグランプリのトロフィーと賞状&賞金を取りに、
蒲田さんが久々に京都校に来てくれました♪

↓  綺麗なトロフィー &賞金(現金)40,000元 を手にする蒲田さん ↓
  

蒲田さんは今現在、神戸に本社があるスポーツウェアのブランドで、
デザイナーとして働いています。

スポーツウェアは普通の洋服とは異なる特殊さがあるので、
まずは小物等に携わりながら、
先輩デザイナーの下で勉強中とのこと。

蒲田さんが在籍しているブランドのウェアは、
上下で16万円程度するそうです。
仕事の様子を楽しそうに話してくれました。

↓  京都校校長の佳子さん&事務局の近藤さんと談笑中  ↓

素晴らしい快挙のご報告でした

♪ 個別相談会、随時受付中 ♪
エスモード京都校では、日・祝を除きいつでも、
入学・進路・奨学金等に関するご相談を受け付けています。
京都の中心部に位置する本校に、ぜひ1度お越しください!!
お申込はこちら

, ,
, , , ,

デザイナーの野村泰雅さんによる特別授業

今週、京都校では特別講師による授業が行われました。

エスモードパリ校の卒業生で元エルメスのデザイナー
今現在は中国でデザイナーの仕事をされている野村泰雅さん。
火・水・木の3日間、1年生&2年生のスティリズムの授業を担当してくださいました。

↓ 産学協同プロジェクトに向けてコレクションを準備している2年生、
野村さんのアドバイスを真剣に聞いています ↓
 

今年度の京都校2年生の産学協同プロジェクトは、グループで準備をしています。

野村さんは各グループのコレクションのコンセプト&デザイン画を確認しながら、
時間の許す限り学生からの質問に答え、多くのアドバイスをしてくださいました

例えば、写真のグループには、

コレクションの基本となるコンセプト&ディティール(細部のデザイン)を
どのようにデザインに落とし込んでいくのか

その具体的なテクニックを説明してくださいました。

コンセプトを決めた後、実際に洋服のデザイン画を描いていきますが、
この 『コンセプト→デザイン作成』 が難しいと感じる学生は多く、
野村さんのアドバイスが非常に参考になった様子でした。

現役デザイナーの視点から、
現場のスピード感や作業の進め方についての話もしてくださり、
学生にとって良い刺激になったようです。

エスモードだからこそ実現した特別授業。
現役で活躍している方と直接話ができるのは、
学生として学んでいく上で大変貴重な機会になります

↓ ~~~~~~ 3月に向けて皆頑張っています  ~~~~~~ ↓
 

♪ 個別相談会、随時受付中 ♪
エスモード京都校では、日・祝を除きいつでも、
入学・進路・奨学金等に関するご相談を受け付けています。
京都の中心部に位置する本校に、ぜひ1度お越しください!!
お申込はこちら

, , , ,

ハロウィンに使える、可愛いおばけ作りに挑戦!

先週末の10/7、エスモード東京校ではおばけ作りのオープンキャンパスを開催しました。

ハロウィンのコスチュームにぴったりな可愛いおばけを、学生と先生とで一緒に作りました!

作り方はとっても簡単👻
① 巾1.5mx長さ1.5mの白い布を2枚用意します。


② 2枚を重ね、端をコの字型にロックミシンを使って縫っていきます。

③ 表に返して、頭と手の位置を決めます。
④ 手の作り方も簡単♪2枚の布を手のカタチにカットして、手を通すところを空けて縫い合わせます。これを両手分作ります。
⑤ 本体に切り込みを入れて、腕が通せるように縫い合わせていきます。手はこれで完成です。
 ⑥ フェルトで顔を作ります。目の部分は、かぶった時に前が見えるように、穴をあけ、黒いメッシュを重ねていきます。あとは飾り付け!
ファーを髪の毛に見立てたり、レースを手の内側に付けたり、それぞれの個性的なおばけを完成させていきます!

最後は今回のための特設フォトブースで写真をパシャリ!

皆さん可愛いおばけを作ることが出来ました!

参加された皆様、ありがとうございました!

参加出来なかった方も、今年のハロウィーンコスチュームにおばけ作りをしてみませんか?

次回のオーキャンは、11月18日に行われる、パターンレッスン&スタイリスト体験です!

お申込みはこちら

お楽しみに!

次回のブログではホワイトスウェット・ファッションショーの様子をお届けします!

ファッションショーが出来上がるまで。-How to make a Fashion show.-

現在パリコレを筆頭に、各地でファッションウィークが開催されています!!

東京でも沢山のファッションショーが開催されていて、毎日どんなコレクションが発表されるかとても楽しみです!

 

エスモード東京校でも、10/7(土)に恵比寿ガーデンプレイスにてファッションショーを開催します!そしていよいよ来年の3月には、「卒業コレクション2018」も行う予定です。

 

いつ見ても格好良く心が躍るファッションショーは、単にシーズンのコレクションを披露する場だけではなく、デザイナーが独自のメッセージを発信するとても「クリエイティブ」な場所です。

今回は、エスモードのファッションショーが出来上がるまでをBLOGにしたいと思います!

ブランドのショーとは少し違う、エスモードのファッションショー。

どのようにして、学生個々人の、それぞれ違うメッセージのルックを一つのショーとして纏め上げているのでしょうか。

 

①ショー全体のテーマを決める。

作品がある程度出来上がり、デザイン画が出そろったらショー全体のテーマをまず決めます。決め方は様々で、時代や全体の空気感、学生クリエイターの思いが反映されたりします。

ちなみに昨年のテーマはI have something to tell(私には伝えたいことがある)」でした

②ショー会場を決める。

ショー全体のテーマが決まったら、会場を決めます。10/7に行われるショーは恵比寿文化祭とのコラボレーションですので、メイン会場の恵比寿ガーデンプレイスの野外会場で行います。

ショー会場は、ショーのテーマやブランドのコンセプトに大きく影響します。中にはルーブル美術館の中でファッションショーを行ったり、ゲリラ的に山手線の中でショーを行ったりしたブランドも!

会場選びは、ファッションショーのメッセージを発信することになるとても大事な器になるわけです。

 

③ショー構成を決める。

どの順番でルックを登場させるか、ショーの抑揚をどのように付けていくか、ショー全体の流れを決めていきます。

エスモードの場合、似たムードのデザイナーごとにグループに分け、構成を決めていきます。たとえば、今回の恵比寿文化祭でのコレクションは、素材やフォルム、加工の仕方などで、「3rd Dimension(3次元的立体)」「FUTURISM(近未来)」「GRUNGE(グランジファッション)」「NATURE(自然)」「GEOMETRY(幾何学的)」「TEXTURE(素材感)」「NEW ROMANTIC(新しいロマンティック)」計7つのグループに分類しています。

このように分類することで学生クリエイターがバラバラなショーも、全体を通してまとまりのあるショーになります。そこから詳細な出順を決め、モデルを決めていきます。

④ランウェイの構成を決める。

会場が決まったら、ランウェイと客席の構成を決めます。

ショーの演出によっても大きく左右していきます。幅広いランウェイにするのか、細いランウェイにするのか、一方通行にするのか・・・。ランウェイに合わせて客席の配置も決まっていきます。

 

⑤ショー演出を決める。(ヘアメイク・音楽・照明などを決める)

グループが決まったら、それに合わせてヘアメイク、そして音楽、照明などショー演出の部分を決めていきます。

今回のショーでは、Be STAFF MAKE-UP UNIVERSALさんとコラボして、7つのグループに合うメイクを考えて頂きました。

↑今回の打ち合わせの様子↑

また、ショーの音楽はとっても重要です!ショーのイメージを大きく左右します。エスモードでは、学生と先生が話し合い決めていきます。中には有名なアーティストとコラボしたり、生演奏をしたりすることも多々あります。

ランウェイの歩き方やタイミングによって効果的な照明も決めていきます。

デザイナーのショーで発信したいメッセージを元に、ファッションショーの演出全体を「演出監督」が指揮することがあります。エスモードの場合、プロフェッショナルに近いファッションショーを行うために、プロの現場で活躍する演出監督の方に、毎年の卒業コレクションの演出をお願いしています。

 

 

決めていく順番は前後しますが、主に上記のことを決めてショーの準備は進んでいきます。

他にも細かく決めなければいけないことは沢山あります!

コレクションのテーマ、雰囲気を醸し出す重要なアイテムである、Invitationカードもデザインしなければなりません。

卒業コレクションのDMも、どのようなものが出来上がるか楽しみですね!!

 

沢山のことを決めて、漸く披露出来るファッションショー。エスモードのファッションショーも毎年多くの方に協力して頂いております。

 

 

沢山の思いが込められたファッションショー。

東京校では今週末10/7に恵比寿ガーデンプレイスにてファッションショーを行います!

学生同士、何度も話し合いを重ねて今回のショーは出来上がりました!

皆さん是非お見逃しなく!!ご予約はこちら⇒https://www.esmodjapon.co.jp/event/20171007/

 

 

,

京都校ではハロウィン🎃の準備が進んでいます

10月と言えばハロウィン🎃
最近は日本でもハロウィンを心待ちにする人が増えてきました。

エスモード京都校では今月、
ハロウィンイベントを開催します!!!

↓ 今現在の京都校の入り口です ↓

ご参加いただく皆さんには、
オリジナルウェアを制作していただきます♪

オーバーサイズのTシャツをご持参いただき、
オリジナリティ溢れる1枚にアレンジする、特別企画です!!!

『自分でデザインを考えて形にする』

ファッションスクールESMODならではの技術を使って、
普段学生を指導している講師からのアドバイスを受けながら、
自分だけのオリジナルウェア制作を体験してみませんか?

ぜひお気軽にご参加ください♪♪
イベント参加のお申込はこちら

エスモードの学生は、月曜~土曜の毎日、
朝9時30分~夜6時過ぎまでみっちり授業を受けています。

デザインとパターンの両方について、
高いレベルの知識と技術を身に付けるために、
一般的なファッションスクールと比較すると授業時間が多く、
取り組む課題も多いです。

忙しい学生の皆さんが楽しみながら学べるように、
京都校ではハロウィンのデコレーションにも気合を入れています

↓ 学生のアイデアで一緒にデコレーションをする様子 ↓
 

イベントに向けて、徐々にデコレーションも本格化していきます。
ハロウィンを楽しむべく、ぜひ京都校にお越しください。
より多くの皆さんのご参加をお待ちしています🎃


♪ 個別相談会、随時受付中 ♪

エスモード京都校では、日・祝を除きいつでも、
入学・進路・奨学金等に関するご相談を受け付けています。
京都の中心部に位置する本校に、ぜひ1度お越しください!!
お申込はこちら

,
, , , ,

玉ねぎでTシャツを染める

今日は京都校1年生の素材学のクラスの様子をお伝えします。

各学生がTシャツを持ち寄り、
玉ねぎの皮を使っての『染め』にチャレンジしました!!

↓  本日の『染め』に使用した玉ねぎの皮 ↓

素材学の講師、白藤さんの説明に始まり、
早速『染め』の実験開始です。

素材学は1年生と2年生のカリキュラムに含まれており、
隔週で1コマ、110分の授業です。
今日の玉ねぎ染めも、この110分の中で行いました。

熱湯を入れた2つの鍋に玉ねぎの皮を挿入し、玉ねぎの色が出てくるのを待ちます(↓写真左)。

そして異なる染剤を1種類ずつ、各鍋に投入すると・・・
全く異なる2つの色ができました!!!(写真右↓)
 

持参したTシャツを鍋に入れ、しばし待機・・・
その後Tシャツを取り出し、余分な染料を水で落として完成です!!

↓ いい感じの仕上がりに大満足♪ 染め上がりを互いに確認し合って楽しんでいる学生の様子 ↓
 

玉ねぎ染めを終えた段階では茶色と黄色。
1枚のTシャツに2色入れたり、1色のみにしたり、
Tシャツを染剤を入れる時の形の作り方を工夫したりで、
出来上がった模様も様々です。

この後、希望の学生は更に化学染料で加工を加え、
それぞれのオリジナリティ溢れるTシャツが完成しました。

↓ 京都校のロビーで記念撮影 ↓

素材学のクラスでは、洋服に用いる様々な素材について学びます。
今日のような楽しい実験も取り入れながら、知識を深めていきます。

♪ 個別相談会、随時受付中 ♪
エスモード京都校では、日・祝を除きいつでも、
入学・進路・奨学金等に関するご相談を受け付けています。
京都の中心部に位置する本校に、ぜひ1度お越しください!!
お申込はこちら

, , , ,
, , , ,

パターンメーキング技術を磨く

今日は京都校1年生のモデリズムのクラスの様子をご紹介します♪

今年の1年生は、例年と同じ5つのパターン(型):
スカート、ブラウス、シャツ、ワンピース、ブルゾン
に加えて、スウェットのトップスを製作します。

※ 毎年パリ本校のカリキュラムに沿って授業内容が決定します

今ちょうど、スウェットを製作中です!!

◎ シルエットは皆同じで、予め決まっているパターンを使用
◎ どのスウェット生地を使うのか(素材選び)&装飾は各学生のオリジナル

で、2種類作成します。
この2作品は、11月19日(日)のイベントでご覧いただけます!!!

このように、スカートやブラウスなど、各パターンのプロジェクト毎に、
予め決められた部分と学生が自由に選択する部分があり、
デザインの考案~パターン作成~(時に)縫製までを行います。

京都校では間もなく、スウェットの1作品目が完成予定です。

↓ 各自黙々と作業をしています ↓

まずパターン用紙でパターンを作り、
次に練習用の生地「トワール」(=安価な無地の生地)でパターンを作り、
マヌカン(=【マネキン】のフランス語です、エスモードではこう呼びます)に
トワールをのせながら、立体での再現が上手くできているかをチェックします。

トワールを見ながら修正点を確認し、
それを型紙に反映します。

そしてまたトワールを作る・・・

この作業を何度も繰り返しながら、
パターン作成の技術を磨いていきます。

↓ トワールを見ながらパターンを作成中 ↓

↓ イメージする装飾を実現するベストな方法を、素材学の講師、白藤さんと相談中 ↓

♪ 個別相談会、随時受付中 ♪
エスモード京都校では、日・祝を除きいつでも、
入学・進路・奨学金等に関するご相談を受け付けています。
京都の中心部に位置する本校に、ぜひ1度お越しください!!
お申込はこちら

, , , ,
, , , , ,

デザインとパターンの連携

洋服を作る時にはまずデザインを考え、
そのデザインを型紙にし(パターンメイキング)、
生地を裁断して縫製します。

エスモードでは、学生が将来的にどの職種に就きたいか、

デザイナーパタンナー

に関係なく、デザインとパターンメイキングの全てを、3年間かけて学びます

エスモードの本校はフランス・パリにあるので、
授業名もフランス語です!!

ファッションデザイン ・・・ スティリズム
パターンメイキング  ・・・ モデリズム

1~3年生までの毎日の授業は主にこの2つ、
スティリズム」と「モデリズム」で構成されています。

京都校1年生のスティリズムの授業は、
フランス人講師、クレモンティーヌが担当しています。

エスモードはインターナショナルです!!

↓ 皆一生懸命、デザイン画を描いています   ↓

どのようにデザインを考えるのか、
それをどうやってデザイン画にするのか、

段階を踏んで、しっかりと学んでいきます。

スティリズム
のクラスでは、デザインを考えてデザイン画を描き、
それを平面図にするところまで行います。

イメージを表現したデザイン画を、
実際の洋服の形である平面図にするのです。

その平面図からパターンを作成し、
縫製するのがモデリズムのクラスです。

このスティリズムモデリズムの密な連携、
両方を総合的に学べることこそ、
エスモードの強みです!!

↓ 手前のデザイン画の平面図を、クレモンティーヌにチェックしてもらっている様子 ↓
 

♪ 個別相談会、随時受付中 ♪
エスモード京都校では、日・祝を除きいつでも、
入学・進路・奨学金等に関するご相談を受け付けています。
京都の中心部に位置する本校に、ぜひ1度お越しください!!
お申込はこちら

, , , , ,

ファッションデザイナー体験で自分の“創造性”を知る!

エスモード東京校では、9/16(土)に、「ファッションデザイナー体験」を開催しました。

来校して下さった皆様、本当に有難うございました!

 

今回のブログでは、「マイミラー〜私の世界〜」トークショーと、デザインブック作り体験授業の様子をレポート!

初めて作ったとは思えない、とても完成度の高い作品がたくさん出来上がりましたよ!

 

マイミラーとデザインブックについてはコチラのブログをチェック!

 

まずは、クリエイティブディレクターのフランクが解説するマイミラーのトークショーからレポート!

マイミラーとは自分を知るために必要なブックのこと。

1.自分のアイデンティティを集める。

⇒好きなモノや、嫌いなモノ、大切にしているモノなど。

2.自己紹介

⇒出身地や育った環境、自分の文化など。

3.ライフスタイル

⇒どんな日常生活を送っているかなど。毎日のタイムスケジュールなど。

この三つをポイントにマイミラーを作成していきます。

写真や画像だけではなく、コメントを残していくのもポイントだそうです!

今回は学生が作ったマイミラーもご紹介しました。

作った学生は、「このブックは私の分身、私のまんまと言っても過言ではない!」と話してくれました。

マイミラーはより自分の好きなモノや個性が浮き彫りになる、自己紹介ブックになります。

 

次に、今回展示しているホワイトスウェットプロジェクトについて実物を見ながらの解説です。

このプロジェクトは、入学して約5か月の1年生が作成したものです。

 

マイミラーを作り終え、自分の個性、創造性を少しずつ発見している中で作成しました。

「ホワイト」「スウェット」という規定があるからこそ、一人ひとりの感性、オリジナリティ豊かに表現することが出来るプログラムです。

今回の展示では、

「3rd Dimension(3次元的立体)」「FUTURISM(近未来)」「GRUNGE(グランジファッション)」「NATURE(自然)」「GEOMETRY(幾何学的)」「TEXTURE(素材感)」「NEW ROMANTIC(新しいロマンティック)」7つのエリアに分類。

今回は製作者の学生が製作秘話を説明してくれました。

立体的なものが好きな彼女はキリンのぬいぐるみを解体してパターンを製作したそう。袖に微妙な紺色が残っているのは、デニムを脱色して製作したからだそうです。

 

このプロジェクトは、10月7日開催する恵比寿文化祭の中でファッションショーとして披露されます!特別スタイリングで披露しますので、お見逃しなく!

 

次に行われたのが、デザインブック作り体験です!

 

デザインブックには、好きなモノや気になるものをレイアウトしていきます。またコラージュを使って洋服のデザイン作りにチャレンジしていきます!

ポイントは迷い過ぎずササッと決めていくこと!

今日の気分や、自分の好きなモノ、性格や出身地などを表現し、先生や、学生からのアドバイスを受けつつどんどんページを増やしていきます。

皆さん作業にも慣れていったのか、終盤はとっても早く仕上げていきました!

さあ、いよいよ最後に出来上がったブックをプレゼンテーション!

①名前②出身地③ブックのポイント④今日の感想を発表してもらいました。

皆さん積極的にお話をして下さり、木々や花々をコラージュするページでは自分が幼いころ野山をかけていたこと、出身国の制服と日本の制服の違いの面白さなど、沢山お話してくださいました!

皆さんの好きなモノ、生い立ち、気になっていることなどが知れて、とても嬉しくなりましたよ!

参加した方々の感想でも、デザインブックを作ったことで自分の好きなことや性格を新たに気づくことが出来ました!参加出来て楽しかったです!とお話して下さいました!

 

今回のオープンキャンパスではマイミラーとデザインブック作りを通して、皆さん創造性が発見できたんじゃないかと思います!

エスモードのオープンキャンパスは、学校独自のクリエイティビティを体験出来る内容になっています。

次回は10/7のファッションショー!

今回のホワイトスウェットプロジェクトをショーで披露します!絶対に!お見逃しなく!!

他にもHALLOWEEN SPECIALと題して👻おばけコスチューム👻作りも開催します!

恵比寿文化祭とコラボしたエスモード文化祭です。他にも企画しておりますので是非見に来てくださいね!

お待ちしております!

ご予約はこちら⇒https://www.esmodjapon.co.jp/event/20171007/

エスモードで“創造力”を磨く!

ファッションデザイナーに必要不可欠なものは、「創造力」です。

エスモードでは、自分オリジナルの創造力を発見するためのプログラムとして「マイミラー」プロジェクトを実施しております。

9/16に行われるオーキャンでは、マイミラーについての解説と、それに基づいたデザイナーの必需品「ファッションデザインブック」を製作していきます。

マイミラーとは

モノづくりや、ファッションビジネスシーンなどで使うことになる、創造源をまとめた自分だけのデータブックです。

マイミラーを作ることによって、自分のコンセプトやモノづくりの方向性が定まり、オリジナリティ溢れるファッションを作り上げることが出来るようになります。

デザイナーになるための第一歩とも言えますね!

 

世界中で学ぶ全てのエスモード生はこのマイミラーを作成し、自らのコレクション作りに発展させていきます。

今回はそのマイミラーについて、製作方法やポイント、重要性などを、ESMOD JAPONのアートディレクター フランク・ジョソームがお話します。

またエスモード在校生のマイミラーもご紹介致します。個性溢れるものばかりですので、お楽しみに!

ファッションデザインブックとは、

デザイナーが洋服をデザインする際に作るトレンドや写真、アート、素材、コラージュ、スケッチなどを集めたブックのこと。デザインを生み出すために必要な前段階のものデザインブックに沢山集めていきます。デザイナーはそれを基にデザインを生み出していきます。

デザイナーにとって、デザインの源になるなくてはならない必需品なんです。

 

今回は、エスモードの卒業生であり、ファッションデザイナーとして活躍するエスモード スティリズム講師 出原明子先生が教えてくださいます。

出原先生は、人気ファッションドラマ「ファーストクラス」や「女の勲章」などのデザイン監修でも活躍なさっています。今回のオーキャンは、ファッションデザイナーを体験できる以外に、エスモードのスティリズム(デザイン)の授業も体験できる内容になっております!

是非お楽しみに!!

エスモード東京校にてお待ちしております!

ご予約はこちら⇒https://www.esmodjapon.co.jp/event/170916/

 

レポートブログも次回お届けします!お楽しみに!