160 views
この記事は約2分で読めます。
Category: 東京校

ファッションバイヤーはどんな仕事をするの?

2017年5月24日

バイヤーというお仕事はみなさんご存じですか?

お店に並べる商品を、生産元から商品を買い付ける仕入れ係の人のことをバイヤーと呼びます。バイヤーが買い付ける商品は様々あります。

その中でも特にセンスやトレンド能力を必要としてくるのが、流行の変化が激しいファッション業界で働く「ファッションバイヤー」になります。

特にセレクトショップでは、バイヤーが買い付ける商品を中心にお店を構成していくため、お店の売り上げを大きく左右する仕事になります。

 

今回は、お店の売り上げを支える重要な仕事、「ファッションバイヤー」をご紹介します!

 

ファッションバイヤーの主な仕事は「商品を買い付けて売り出す」ことです。

そこで何よりも大切になることが、「売れそうな商品を見極める」ことになります。

 

「売れそうな商品を見極める」為には、

・商品に対する幅広い知識

・トレンドの流れを読む洞察力

・ターゲットに対するリサーチ能力

がとても重要になってきます。

 

それだけでは無く、売り出すまでが仕事になるので、買い付けする際「いくらで取り引きできるか」を交渉したり、「いくらで売り出せばいくらの利益が出るか」を見極めたりという、買い付けセンスと同じくらい、数字に対する能力も高く求められる仕事になります。

 

他にも、良い商品を発掘して、多くの人に知ってもらえるチャンスを作ることができるのもバイヤーの仕事の魅力です。

まだ知られていない若手ブランドの商品や、職人さんが作る伝統工芸品など、まだ世に出ていない素敵なものを世の中に広めるチャンスを作ることができます。

このように責任も大きいだけに、やりがいも大きい仕事が「ファッションバイヤー」です。

 

今週末に行われるトークショーでは、伊勢丹新宿店「TOKYO解放区」バイヤー 寺澤真理さんをお招きして、どのようにしてバイヤーになったのか、バイヤーの仕事とは何かを具体的にお訊きします。

ファッションを牽引する伊勢丹新宿店で活躍する現役バイヤーから、ファッションの今を聞ける数少ない機会ですので、みなさん是非この機会をお見逃しなく!

 

ご予約はこちらから⇒https://www.esmodjapon.co.jp/event/2505/

 

みなさんのご来校、お待ちしております!