2019年度インターナショナルバチェラープログラム受付開始!

2018年開講したCNAM(クナム:フランス国立工芸院)による「インターナショナルバチェラープログラム」とは、イノベーションマネジメントに関する最先端の事例を中心とした、イノベーションとは何かを学ぶプログラムです。

 

近年、様々なビジネス業界で「イノベーション」という言葉を見聞きするようになりましたが、市場環境の変化のスピードが増す中、競争相手と差別化するためには、継続的に新しい製品やサービスを生み出す必要があります

そのためには、創造性と先見性、実行力がある人材育成が急務であり、そのような原動力を発揮できる人材育成を目的として、このプログラムが開講されました。

4月、イノベーションマネジメントに精通した2人の著名なフランス人専門家が、エスモード東京校で、36時間の講義を行います。

ファッション業界から3Dプリントまで、50以上の実際のビジネスモデルに、基づいた、イノベーションとクリエイティビティにおいて実践的な事例を解説。

従来の発想をくつがえす斬新な講義は、受講生の未来を見通す能力と、実現できるイノベーションの構想力を身につけることができます。

講義はフランス語で行われ、日本語に通訳されます。卒業に向けて受講生は個人とグループの2つの論文を英語で提出します。

英語に自信のない方も大丈夫!

アカデミックな表現を用い、卒業論文を英語で書けるようになるための英語クラスでサポート体制も万全です。

個人論文では学生が選択した既存のイノベーションを分析し、グループ論文ではイノベーションを新たに企画します。

すべてのプログラムが終了したのち、ファッション業界におけるイノベーションマネジメントのバチェラー(学士号相当)が与えられ卒業となります。

このバチェラープログラムはファッションを専門に学んだ方や、ファッション業界の経験者で、働きながらスキルアップしたい方・起業したい方にお勧めのプログラムです。

 

詳しくはこちら

https://www.esmodjapon.co.jp/le_cnam/

1年生ホワイトスウェット・ファッションショー / 恵比寿文化祭2018

10月6日(土)、恵比寿ガーデンプレイスにて、恵比寿に住み、学び、働き、遊ぶ人々が集い、町の魅力や文化を発信する恵比寿文化祭2018が開催されました。

恵比寿にあるエスモード東京校では、1年生のカリキュラムとして入学してからたった半年の成果を「ホワイトスウェットプロジェクト」として、恵比寿文化祭で発表します。

このプロジェクトは、共通の色だからこそ表れる、オリジナリティを発見するために行うエスモード独自のカリキュラムで、世界各国にあるエスモードのグループ校でも行われています。

今回のファッションショーは、モデルとなる1年生が演出や音楽、スタイリングなどを考え、一からショーを作り上げました。

1年生は、8チームに分かれ、それぞれのテーマで学生自らランウェイを歩きます。

今回の8つのテーマは、

  1. 3D effect
  2. minimalist
  3. wadding
  4. warriors
  5. punk romantic
  6. exotic
  7. wooly
  8. dream

ヘアメイクは、ビースタッフメイクアップユニバーサルの学生たちとのコラボレーションで行われ、8つのテーマに沿って学生同士の意見交換など繰り返し打ち合わせをしながら、全員でファッションショーを作り上げていく、まさに「メイド・イン・恵比寿」の文化祭でした!

多くの方と関わり、協力しながら、学生同士でファッションショーを作り上げられたことに、達成感と充実感を感じていたようです!

ご来場いただいた皆様、ありがとうございました!

次回もまた楽しみにしていてくださいね!

新コース開講!パリ発「インターナショナルバチェラープログラム」!!

エスモード東京校では、2018年4月から「インターナショナルバチェラープログラム」を開講します!!

バチェラーとは、日本の4年制大学を卒業すると授与される学士号のこと。
欧米では、必要な単位を取ることで3年間でも学士の習得が可能となっています。

つまり、この新プログラムを受講すれば、ファッション知識ゼロの未経験の方でも日本にいながら、最短3年間でインターナショナルバチェラー(学士号相当)を取得することが出来るんです!!
しかも単位変換が可能なので、既にファッション知識や実務経験をお持ちの方は、なんと1年間でインターナショナルバチェラーを取得することが出来るようになります!

今回のブログでは、このバチェラーを取得出来る新プログラムについてお話します!

 

インターナショナルバチェラープログラムは、CNAM(クナム:フランス国立工芸院)とESMODが提携し、ファッション業界の先駆者となる次世代のリーダー育成を目的とした新しいプログラムです。

では次世代のリーダーになるためにはどういった力が必要なのでしょうか?

近年、市場環境の変化スピードが増す中、競合相手と差別化するためには、継続的に新しい製品やサービスを生み出す必要があります。

そのためには、創造性先見性実行力を身に付けることが必要不可欠です。

そして一番重要なポイントが、、、「イノベーション(技術革新)」です!

エスモードジャポン東京校でも2018年4月からスタートし、「ファッション業界におけるイノベーション」を日本で学ぶことが出来るようになります!!!

歴史のあるCNAMとESMODが提携し、CNAMにおける
①イノベーションプロセス
②イノベーションマーケティング
③グループワーク/論文制作
この3つの科目を学ぶことで、実践的な知識と手法を取得でき、ファッション業界において力を発揮できる人になることが出来ます。


※日本ではあまり馴染みが無い「CNAM」ですが、どういう機関なのでしょうか?※

「CNAM」とは?

CNAMとはConservatoire National des Arts et Metiers(コンセルバトワール ナショナル デ ザート エ メティエール)の略称でフランス国立工芸院のこと。
フランス高等教育省が管轄する、フランスの特別高等教育機関に属しています。
フランス国立工芸院は、「芸術と技術に関するあらゆる機械、道具、設計図、記述物、書物などの発明品を保存すること」を目的に、フランス革命中の1794年10月10日に創設された233年の歴史ある伝統的な学校です。


「インターナショナルバチェラープログラム」で学ぶメリット✨

POINT①
インターナショナルバチェラー(学士号相当)を取得出来る!

このプログラムでは、インターナショナルバチェラー(学士号相当)が日本に居ながら取得出来るので国内外でのキャリアアップ・スタートにとても有利に働きます。

デザイナーや、パタンナーなどの技術職に学歴はあまり関係ありませんが、MDやイノベーションプロデューサーなどファッションビジネスでの活躍を目指す方、海外での活躍を目指している方には重要な資格になります。

未経験の方もエスモードに入学し、卒業年度にプログラムを受講することで、最短3年間でインターナショナルバチェラー(学士号相当)を取得することが出来ます。

 

POINT②
忙しい社会人でも働きながら学べる環境!

夜間・土曜・オンライン授業などに対応しているので、ご自身のライフスタイルに合わせた環境で学ぶことができます。

 

POINT③
実務経験が単位に変換出来る!

このコースは実務経験をエスモードにおける科目の単位に変換することが可能です。
また、他学校でエスモードにおける科目を履修した方も単位変換することも出来ます。
つまり、今までの経験を生かしてバチェラー取得を目指すことが出来ます!


 

生涯学習のため、スキルアップのため、知識を深めるためなど、ファッションを勉強したい様々な方に向けたこのプログラム。

ファッション知識ゼロから3年間でバチェラー取得を目指すのもあり!
今までの経験を活かし、1年間でバチェラー取得を目指すのもあり!

興味がある方は、今すぐエスモードまでお問い合わせください。

パリが教えるファッション教育でスキルアップを目指そう!!!!

詳しくは画像をクリック‼

ホワイトスウェット・ファッションショーの裏側をレポート!!

エスモードでは、10/7恵比寿文化祭にてファッションショーを行いました!

見に来てくださった皆様、本当に有難うございました!

 

今回のブログではファッションショー当日の裏側の様子をレポート!

 

今回のファッションショーでは1年生が入学してからたった半年で製作した「ホワイトスウェットプロジェクト」を披露しました。

このプロジェクトは、共通の色だからこそ表れる、オリジナリティを発見するため行う、エスモード独自のカリキュラムです。世界各国にある、エスモードのグループ校でも行われています。

今回のファッションショーは、モデルとなる1年生が演出や音楽、スタイリングなどを考え、一からショーを作り上げました。

 

 

当日は朝の10:00から恵比寿ガーデンプレイスにてリハーサルがスタート!

小雨が降り肌寒い中、スタッフと一緒に、場位置や音楽、照明、出るタイミングなどを確認していきます。

1時間ほどのリハーサルが終了後、学校に戻りヘアメイクがスタート!

今回もBe-STAFF MAKE UP UNIVERSALの学生の皆さんに協力をしていただきました。

本格的なヘアメイクをするのは殆どの学生が初めて!

最初は緊張していましたが、Be-STAFFの学生の皆さんともだんだん打ち解けて和やかにヘアメイクが進行していきました!

ヘアメイクとファッションというクリエイティブな世界にいる学生同士、話が弾む中ヘアメイクが進行していきます。

今回は7つのテーマごとに違ったヘアメイクを行いました。

ヘアメイクが終わるにつれ、学生のテンションはどんどんテンションが上がっていき、フォトブースを使っての撮影会が自然と始まっていました。

そのテンションのまま、ロビーで気合入れ!

クリエイティブディレクターのフランクさんからのメッセージで学生全員のテンションは最高潮!

盛り上がったテンションのまま、ショー会場の恵比寿ガーデンプレイスに向かいます。

満員御礼の会場に学生達の緊張はピークに!

バックヤードでは、緊張の声が沢山聞こえました。また、最後までポーズの確認をする学生も!

いよいよショーがスタート!沢山の拍手で迎えられながら、ファーストルックが登場!

音楽に合わせながら、カッコいいポーズ、可愛らしいポーズ、面白いポーズなどなど決めていきます。

学生自身がモデルを務めることで、1年生らしいフレッシュなショーをお見せすることが出来たのではないかなと思います。

今回は、企画を含め、打ち合わせも学生がメインで行いました。

ヘアメイクの打ち合わせや音楽を決めたりモデルを決めたり、大変なことが多くありましたが、多くの方と関わり、協力しながら、ファッションショーが出来たことに、達成感と充実感を感じていたようです!

ショー終了後は、学校のロビーでBe-STAFFの学生の皆さん、恵比寿文化祭の皆さんと一緒にプチパーティー!

写真を撮ったり、今日の感想を話したりとかなり盛り上がりました!

皆さん本当にお疲れ様でした!

ご来場して下さった皆様も、本当に有難うございました!

コレクションの全ルックはtwitterとinstagram、このBLOGでも公開予定です☆

是非ご覧ください!

 

11月のオープンキャンパスはゲストに伏見京子さんをお招きしての、スタイリスト体験&エスモードのパターン講師が教える、パターンレッスンの2本立て!

ご予約はこちらからどうぞ!

是非お越しくださいね!

【京都校】3年生:プレ審査会!

Koninichiwa!

今日は先日校内で行われたプレ審査会の様子をUPします~☻

ESMODの3年生は、自分たちの3年間の集大成ともいえる卒業コレクションの製作に励んでいます。私たちESMODでは定期的に審査会という制度を設けており、生徒の作業進行具合の確認、アドバイス等、厳正な審査を通して完璧なクリエーションのフォローをしていきます。

それぞれの思いを伝えるべくプレゼンをしっかりとこなしております。頑張ってね3年生!!!!

【京都校】1年生モデリズムの授業の様子☻

 

1Aは今日、モデリズムの授業がありました。

 

 

今回はプリンセスライン+フラットカラーのブラウスパターンを引いて、半身のトワール組み(パタンナーが本布に入る前にシーチングで形を作って確認する作業)までをしました!

 

 

 

スカートとは違い、パターンを引く手順が多いのでみんな覚えるのにメモを取って必死です…

 

 

 

 

 

最後に綺麗なトワールができました!

 

 

ピン打ち(針で布を止めること)も、入学当初と比べるとかなりみんな上達したように感じます…!

 

平面から立体へ【不思議なトップス&カーディガン】

7/29(土)・7/30(日)に行われるエスモード東京校のサマーセミナーでは、モノ作りのコースに【不思議なトップス・カーディガンを作ろう!】というコースがあります。

 

不思議なトップスっていったい何・・・?!

今回のブログでは、この『不思議なトップス』の正体を紹介しちゃいます!

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

【フラットネス】という言葉は聞いたことはありますか?

 

日本人はもともと、着物を着て生活をしていました。洋服とは違い、着物は直線と平面で構成されており、それ自体にシルエットを持ちません。人が着ることによって、ようやく形が生まれます。

布で身体を包み込む(覆う)ときに生まれる布の余りを「間」と捉え、「着こなし」を大切に、「振る舞い」をデザインすることが、日本人の美意識として深く根付いています。

 

反対に洋服は、西洋から生まれ、曲線とダーツを用い、身体の立体的なシルエットを美しく見せるドレスの考え方がルーツです。

【フラットネス】とは、シルエット重視の西洋的服作りを否定し、日本人が本来持つ美意識、ファッションのアイデンティティ(着物=平面性)の要素を取り入れることで生まれる新たなデザイン・考え方のことを言います。

 

日本人独自の考え方で生み出された新しいファッションのカタチが「フラットネス」なのです。

 

1970年代半ばに「イッセイ ミヤケ」が発表した、一枚の布で動く身体を包む「一枚の布」。

1980年代に「コム デ ギャルソン」が発表した、人が着ると複雑な造形を伴いながらも平面性を特徴とする作品。

1990年代に「ヨウジ ヤマモト」が発表した、ファッションにおいての「脱構築」という考え方。

などなど、日本人ならではのデザインは、世界のファッション業界に大きな衝撃と影響を与えました。

 

人が着て初めて完成し、動くことによって予期せぬ新たなフォルム生み出す【フラットネス】。

今回の不思議なトップス・カーディガンの正体は、この【フラットネス】という考え方を元に作るアイテムのこと!

サマーセミナーでは、パターンを使用せず、平らな布に切り込みを入れることによって、服作りを体験していただきます。

 

新しい考えを提案する服作りは、エスモードの授業でとても大切にしていること。

エスモードで、既存のイメージにとらわれない、ワンランク上の服作り体験をしてみませんか?

 

ご予約は特設サイトから→https://www.esmodjapon.co.jp/lp/ss2017/tokyo/

オーキャンレポ!「ウェディングドレスセミナー&ウェディングドレスデザイン体験」

6/11日曜日

ジューンブライドにちなんでウェディングについてのオーキャンを開催しました!

 

今回は、エスモードを卒業後、コム・デ・ギャルソンでパタンナーとして勤めた経歴を持ち、現在はエスモード東京校人気講師でありご自身のウエディングドレスブランド「mutin」 を手掛ける新家哲哉先生による「ウェディングセミナー」&「ウェディングドレスデザイン体験授業」でした。

 

セミナーでは、新家先生の学生時代の話と、コム・デ・ギャルソンでの仕事の話からスタート!エスモードでは、モノづくり【発想の方法】を学び、コム・デ・ギャルソンでは、モノの作り方【どうやって伝えるか】を学んだとお話して下さいました。

現在のご自身のブランド「mutin」では、今までの経験や学んだことを活かし、「新しい価値観」を提案するドレスを制作なさっています。

 

ハレの日には敬遠されることが多いレザーですが、「リサイクルレザー」という不要な皮革を再利用して作られた素材を使用することで、【新しく生まれ変わる】というコンセプトのもと制作したドレスや、

結婚式が雨の日でも楽しめるように撥水加工されたビニールでできた羽根をふんだんに使用したドレスなど、新しい価値観をもつドレスのお話をしていただきました。

実際にドレスをお持ち下さったことで、より分かりやすく参加者の方に伝わったかと思います。

 

最後には「遠い存在だと思っている夢も、志さえあれば近づくことが出来る。」とメッセージを下さいました!

 

高校時代からコム・デ・ギャルソンへの入社を目指し、誰よりも努力をした事で、在学中のコレクションでグランプリを受賞し、新卒で内定を得た新家先生。

 

入社してからも更なる高みを目指し、現在はご自身のブランドで沢山の方に新しいドレスの価値観を発信しています。

夢を一つずつ叶えてきた新家さんの言葉にみなさん感銘を受けていたご様子!!

 

貴重なお話、有り難うございました!

 

体験授業ではウェディングドレスをデザインしていきました!

ここからはスティリズム講師エロディと、学生も加わります◎

今回は4つの代表的なドレスシルエット、「ベル」「フレア」「マーメイド」「ティアード」から好きなものを一つ選び、雑誌や生地を使ってコラージュしていきます。

ギャザーやタック、フリルなどのテクニックを学んだあとは、実際にチャレンジしていきます!


教えてもらったテクニック以外にも、雑誌をちぎったり、布を重ねてみたり、色を塗ってみたり、みなさん悩みながらも楽しくデザインすることが出来た様子でした!


 

パンツスタイルや黒い布でコラージュしたりと、かなり個性的な作品がたくさん仕上がりました!

セミナーを聞いたあとだったので、みなさん「コンセプト」をしっかりもって作成していたのがとても印象的でした。

 

コラージュは、デザインにおける「偶然性」を発見できる、エスモードならではのデザイン方法です。ぜひ皆さんもチャレンジしてみて下さい。

次回のオープンキャンパスは、7月29日30日に行われるサマーセミナーです☆

いつものオーキャンよりパワーアップしますのでこちらもお楽しみに!

 

HP⇒https://www.esmodjapon.co.jp/

5/1(月)2018年度AO入試願書受付スタート!!!

本日5/1(月)から、いよいよ2018年度入学の入試がスタート致します。

ESMODへのご入学をお考えの方は是非!AO入試での受験をご検討ください!!

 

☆AO入試とは??

・出願選考料3万円が免除に!

・面談(自己PR)のみ!

・入学前の体験授業(無料)で、いち早くファッションの勉強ができる!

 

などなど・・・!

早期出願者の為に様々なメリットが有る入試になります。

 

ESMODが第一志望であれば、高校卒業予定の方、大学生の方、社会人の方 、

どなたでもエントリー可能です。

 

AO入試に関して、ご質問やご不明点が有りましたら、

 

東京校:03-5421-2232

京都校:075-741-8231

 

まで、お気軽にお問い合わせください。

 

初回エントリー締め切りは5/31(水)、第1回目試験は6/3(土)となります。

早めに進路を決めて、入学までの時間をより有意義なものにしましょう!

皆さんのエントリーを心よりお待ちしています!!!