23 views
この記事は約3分で読めます。

オーキャンレポ!「ウェディングドレスセミナー&ウェディングドレスデザイン体験」

2017年6月15日

6/11日曜日

ジューンブライドにちなんでウェディングについてのオーキャンを開催しました!

 

今回は、エスモードを卒業後、コム・デ・ギャルソンでパタンナーとして勤めた経歴を持ち、現在はエスモード東京校人気講師でありご自身のウエディングドレスブランド「mutin」 を手掛ける新家哲哉先生による「ウェディングセミナー」&「ウェディングドレスデザイン体験授業」でした。

 

セミナーでは、新家先生の学生時代の話と、コム・デ・ギャルソンでの仕事の話からスタート!エスモードでは、モノづくり【発想の方法】を学び、コム・デ・ギャルソンでは、モノの作り方【どうやって伝えるか】を学んだとお話して下さいました。

現在のご自身のブランド「mutin」では、今までの経験や学んだことを活かし、「新しい価値観」を提案するドレスを制作なさっています。

 

ハレの日には敬遠されることが多いレザーですが、「リサイクルレザー」という不要な皮革を再利用して作られた素材を使用することで、【新しく生まれ変わる】というコンセプトのもと制作したドレスや、

結婚式が雨の日でも楽しめるように撥水加工されたビニールでできた羽根をふんだんに使用したドレスなど、新しい価値観をもつドレスのお話をしていただきました。

実際にドレスをお持ち下さったことで、より分かりやすく参加者の方に伝わったかと思います。

 

最後には「遠い存在だと思っている夢も、志さえあれば近づくことが出来る。」とメッセージを下さいました!

 

高校時代からコム・デ・ギャルソンへの入社を目指し、誰よりも努力をした事で、在学中のコレクションでグランプリを受賞し、新卒で内定を得た新家先生。

 

入社してからも更なる高みを目指し、現在はご自身のブランドで沢山の方に新しいドレスの価値観を発信しています。

夢を一つずつ叶えてきた新家さんの言葉にみなさん感銘を受けていたご様子!!

 

貴重なお話、有り難うございました!

 

体験授業ではウェディングドレスをデザインしていきました!

ここからはスティリズム講師エロディと、学生も加わります◎

今回は4つの代表的なドレスシルエット、「ベル」「フレア」「マーメイド」「ティアード」から好きなものを一つ選び、雑誌や生地を使ってコラージュしていきます。

ギャザーやタック、フリルなどのテクニックを学んだあとは、実際にチャレンジしていきます!


教えてもらったテクニック以外にも、雑誌をちぎったり、布を重ねてみたり、色を塗ってみたり、みなさん悩みながらも楽しくデザインすることが出来た様子でした!


 

パンツスタイルや黒い布でコラージュしたりと、かなり個性的な作品がたくさん仕上がりました!

セミナーを聞いたあとだったので、みなさん「コンセプト」をしっかりもって作成していたのがとても印象的でした。

 

コラージュは、デザインにおける「偶然性」を発見できる、エスモードならではのデザイン方法です。ぜひ皆さんもチャレンジしてみて下さい。

次回のオープンキャンパスは、7月29日30日に行われるサマーセミナーです☆

いつものオーキャンよりパワーアップしますのでこちらもお楽しみに!

 

HP⇒https://www.esmodjapon.co.jp/