平面から立体へ【不思議なトップス&カーディガン】

7/29(土)・7/30(日)に行われるエスモード東京校のサマーセミナーでは、モノ作りのコースに【不思議なトップス・カーディガンを作ろう!】というコースがあります。

 

不思議なトップスっていったい何・・・?!

今回のブログでは、この『不思議なトップス』の正体を紹介しちゃいます!

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

【フラットネス】という言葉は聞いたことはありますか?

 

日本人はもともと、着物を着て生活をしていました。洋服とは違い、着物は直線と平面で構成されており、それ自体にシルエットを持ちません。人が着ることによって、ようやく形が生まれます。

布で身体を包み込む(覆う)ときに生まれる布の余りを「間」と捉え、「着こなし」を大切に、「振る舞い」をデザインすることが、日本人の美意識として深く根付いています。

 

反対に洋服は、西洋から生まれ、曲線とダーツを用い、身体の立体的なシルエットを美しく見せるドレスの考え方がルーツです。

【フラットネス】とは、シルエット重視の西洋的服作りを否定し、日本人が本来持つ美意識、ファッションのアイデンティティ(着物=平面性)の要素を取り入れることで生まれる新たなデザイン・考え方のことを言います。

 

日本人独自の考え方で生み出された新しいファッションのカタチが「フラットネス」なのです。

 

1970年代半ばに「イッセイ ミヤケ」が発表した、一枚の布で動く身体を包む「一枚の布」。

1980年代に「コム デ ギャルソン」が発表した、人が着ると複雑な造形を伴いながらも平面性を特徴とする作品。

1990年代に「ヨウジ ヤマモト」が発表した、ファッションにおいての「脱構築」という考え方。

などなど、日本人ならではのデザインは、世界のファッション業界に大きな衝撃と影響を与えました。

 

人が着て初めて完成し、動くことによって予期せぬ新たなフォルム生み出す【フラットネス】。

今回の不思議なトップス・カーディガンの正体は、この【フラットネス】という考え方を元に作るアイテムのこと!

サマーセミナーでは、パターンを使用せず、平らな布に切り込みを入れることによって、服作りを体験していただきます。

 

新しい考えを提案する服作りは、エスモードの授業でとても大切にしていること。

エスモードで、既存のイメージにとらわれない、ワンランク上の服作り体験をしてみませんか?

 

ご予約は特設サイトから→https://www.esmodjapon.co.jp/lp/ss2017/tokyo/

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You May Also Like

interview07:pokefasu 千葉純一さん

  『pokefasu』   ・・・とはpoker faceの綴り間違いです。 なのでポーカーフェイスとは逆で表情やしぐさが楽しいモノがポケファスです。 駄洒落、落書、少々のおふざけなどが詰まったモノづくりで思わず ブヒッと微笑んでしまう楽しい世界へ誘います・・・。 by    kiip       roomsにてこんな出会いがありました。   その名も『みパンダ いわパンダ きかパンダ』。  …
Read More

Interview vol.10:斎藤統さんインタビュー

2012年記念すべき1つ目の記事は、こちらです!     先日、イッセイミヤケ・ヨーロッパ社 元社長でもあり、様々な経歴をお持ちの斎藤統さんにインタビューをさせて頂きました! 斎藤さんはとても気さくで、面白く、優しい素敵な方でした。 インタビューさせて頂く私も始めは華麗な経歴をお持ちの斎藤さんにとても緊張していたのですが、 楽しい会話にすぐに緊張がほぐれ、あっという間に時間がすぎてしまいました。 斎藤統さんをご存知の方は多いと思いますが、知らない方もいらっしゃると思いますのでまずは経歴を掲載させて頂きます。(ウィキペディア参照)     —経歴−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 1980年、ヨウジヤマモト社の要請により同社のフランス支社であるYohji Europe(ヨウジ ヨーロッパ)社を設立し、 同ブランドのヨーロッパ・アメリカ進出を手掛ける。 ヨウジヤマモト社はこの海外進出の成功により「世界のヨウジ ヤマモト」としての地位を確固たるものとした。 以降15年間同社社長を務めた後、1997年にはイギリスのラグジュアリーブランド「JOSEPH(ジョセフ)」に 日本進出における総責任者として招聘され、JOSEPH…
Read More

Cosme Kitchen レセプションパーティ

皆様こんにちは。     残暑も続いていますが、最近は少し涼しくなりつつありますね!^^ 秋のファッションが大好きな私は、少し肌寒くなるたびに秋服を着るのが待ち遠しくてワクワクしております。     季節が変わると、服だけでなくメイクも少し秋使用にシフトしたくなりませんか? さらに、私は季節が変わるとお肌の乾燥などが気になるので、基礎化粧品から全て次の季節使用にシフトしています!^^     メイクもファッションの一部。 皆様はどんなメイクをしていますか?どんなメイク道具をつかっていますか?!^^       先日、8月25日、梅田の阪急三番街にオープンした”コスメキッチン”。  …
Read More

関西五大学合同ファッションショー

先日12月9日(日)、関西五大学のファッションサークルが集まり、合同ファッションショーを開催しました! 今回、エスモード大阪校は会場貸し出し、演出、ヘアメイク、準備等全面強力でイベントをサポート! 当日のイベントの模様をレポートします!     今回参加している大学五大学は以下の通り、 大阪大学、同志社大学、神戸大学、関西大学、関西外国語大学   彼らは普段大学でファッションに関して学んでいませんが、独学でデザイン・制作を行い、 大学生が大学生も目線で普段感じていることや、社会への想い、デザイン・制作とは?着ることとは?見せることとは?を考え、それを表現しています。   お昼頃、会場に演者が到着。早速ヘアメイクに入りました。     1回の講演で3チームがショーを行い、17:30-、19:00-からの2回講演を行います。 1.ゲストショー 中崎町 McCANDRESS…
Read More

カルチャーウィーク「産地見学」

9月28日エスモード大阪校では、カルチャーウィークを利用し、兵庫県西脇市に播州織り産地見学に行ってきました。     [カルチャーウィークとは] 定期的に設定されているカルチャーウィークは、製作活動に行かせる文化や芸術などに触れ、完成を養う期間の事で、 学生同士作品を見せ合ったり、美術館に行ったり、工場見学に行ったり、毎回違ったプログラムで、構成されています。     西脇市は歴史ある播州織りの産地です。 普段見る事の出来ない染糸工場や、製糸工場、織物整理工場に見学に行き、 実際に現場で働く方の現場の生の声を聞かせて頂きました。   西脇市は兵庫県の真ん中にあり、とても自然の多い地域です。中心地から車で2時間ほどのところです。 西脇市のの中心には加古川が流れ、昔、水運で栄えたため、繊維工場が集中したそうです。     学生は普段カリキュラムで素材に関して学んでいます。 普段教室で、口頭でしか学んでこなかった学生ですが、今回素材学の教師も同行し、解説付きの見学だったので、…
Read More