新コース開講!パリ発「インターナショナルバチェラープログラム」!!

エスモード東京校では、2018年4月から「インターナショナルバチェラープログラム」を開講します!!

バチェラーとは、日本の4年制大学を卒業すると授与される学士号のこと。
欧米では、必要な単位を取ることで3年間でも学士の習得が可能となっています。

つまり、この新プログラムを受講すれば、ファッション知識ゼロの未経験の方でも日本にいながら、最短3年間でインターナショナルバチェラー(学士号相当)を取得することが出来るんです!!
しかも単位変換が可能なので、既にファッション知識や実務経験をお持ちの方は、なんと1年間でインターナショナルバチェラーを取得することが出来るようになります!

今回のブログでは、このバチェラーを取得出来る新プログラムについてお話します!

 

インターナショナルバチェラープログラムは、CNAM(クナム:フランス国立工芸院)とESMODが提携し、ファッション業界の先駆者となる次世代のリーダー育成を目的とした新しいプログラムです。

では次世代のリーダーになるためにはどういった力が必要なのでしょうか?

近年、市場環境の変化スピードが増す中、競合相手と差別化するためには、継続的に新しい製品やサービスを生み出す必要があります。

そのためには、創造性先見性実行力を身に付けることが必要不可欠です。

そして一番重要なポイントが、、、「イノベーション(技術革新)」です!

エスモードジャポン東京校でも2018年4月からスタートし、「ファッション業界におけるイノベーション」を日本で学ぶことが出来るようになります!!!

歴史のあるCNAMとESMODが提携し、CNAMにおける
①イノベーションプロセス
②イノベーションマーケティング
③グループワーク/論文制作
この3つの科目を学ぶことで、実践的な知識と手法を取得でき、ファッション業界において力を発揮できる人になることが出来ます。


※日本ではあまり馴染みが無い「CNAM」ですが、どういう機関なのでしょうか?※

「CNAM」とは?

CNAMとはConservatoire National des Arts et Metiers(コンセルバトワール ナショナル デ ザート エ メティエール)の略称でフランス国立工芸院のこと。
フランス高等教育省が管轄する、フランスの特別高等教育機関に属しています。
フランス国立工芸院は、「芸術と技術に関するあらゆる機械、道具、設計図、記述物、書物などの発明品を保存すること」を目的に、フランス革命中の1794年10月10日に創設された233年の歴史ある伝統的な学校です。


「インターナショナルバチェラープログラム」で学ぶメリット✨

POINT①
インターナショナルバチェラー(学士号相当)を取得出来る!

このプログラムでは、インターナショナルバチェラー(学士号相当)が日本に居ながら取得出来るので国内外でのキャリアアップ・スタートにとても有利に働きます。

デザイナーや、パタンナーなどの技術職に学歴はあまり関係ありませんが、MDやイノベーションプロデューサーなどファッションビジネスでの活躍を目指す方、海外での活躍を目指している方には重要な資格になります。

未経験の方もエスモードに入学し、卒業年度にプログラムを受講することで、最短3年間でインターナショナルバチェラー(学士号相当)を取得することが出来ます。

 

POINT②
忙しい社会人でも働きながら学べる環境!

夜間・土曜・オンライン授業などに対応しているので、ご自身のライフスタイルに合わせた環境で学ぶことができます。

 

POINT③
実務経験が単位に変換出来る!

このコースは実務経験をエスモードにおける科目の単位に変換することが可能です。
また、他学校でエスモードにおける科目を履修した方も単位変換することも出来ます。
つまり、今までの経験を生かしてバチェラー取得を目指すことが出来ます!


 

生涯学習のため、スキルアップのため、知識を深めるためなど、ファッションを勉強したい様々な方に向けたこのプログラム。

ファッション知識ゼロから3年間でバチェラー取得を目指すのもあり!
今までの経験を活かし、1年間でバチェラー取得を目指すのもあり!

興味がある方は、今すぐエスモードまでお問い合わせください。

パリが教えるファッション教育でスキルアップを目指そう!!!!

詳しくは画像をクリック‼
Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You May Also Like
Read More

絵が苦手でも大丈夫!サマーセミナーで、ファッションデザイン画に挑戦!!

絵が苦手だと、デザイン画が描けるか不安ですよね。 エスモードに入学してくる方のほとんどが、デザイン画を描いたことがない方です。 それでも、エスモードで半年授業を受けると表現したいデザイン画が描けるようになります! デザイン画は、自由に描く絵画やアートと違うものなので、コツをしっかり押さえればみなさん短期間で描けるようになるんです! エスモードでは、1年目のスティリズム(デザイン)の授業で基本的なデザイン画の描き方を学びます。 同時に素材の表現方法も学んでいきます。ファー素材とシースルー素材で同じ色の塗り方をしても、素材感は伝わりませんよね。 後半はさらに自分らしいデザイン画が描けるようにステップアップしていきます。線の描き方や使う画材などエスモード生は、試行錯誤しながら自分に合った表現方法を見つけていきます。 他にも「ファッションクロッキー」という授業があります。 ファッションクロッキーの授業では、1-2分の短い時間内でモデルをスケッチしていきます。 ですので、いかに素早く!モデルを表現出来るかがポイントになってきます。パステルや色鉛筆などここでも様々な画材でチャレンジします! クロッキーの授業では天気がいいと屋上で行ったり、学生や時には先生がモデルになって授業を行ったり、とっても自由な空気が漂っています!   エスモードの学生はこうした授業を受けながら、初めての方や絵が苦手な方でも自分らしいデザイン画が描けるように成長していきます。 今回のサマーセミナーでは、「ファッションクロッキー」、「スタイル画」、「デザイン画」の三つのコースをご用意!!! 「ファッションクロッキー」では手を動かすことの楽しさを、   「スタイル画」では基礎の描き方を、  …
Read More
Read More

ファッションショーが出来上がるまで。-How to make a Fashion show.-

現在パリコレを筆頭に、各地でファッションウィークが開催されています!! 東京でも沢山のファッションショーが開催されていて、毎日どんなコレクションが発表されるかとても楽しみです! エスモード東京校でも、10/7(土)に恵比寿ガーデンプレイスにてファッションショーを開催します!そしていよいよ来年の3月には、「卒業コレクション2018」も行う予定です。 いつ見ても格好良く心が躍るファッションショーは、単にシーズンのコレクションを披露する場だけではなく、デザイナーが独自のメッセージを発信するとても「クリエイティブ」な場所です。 今回は、エスモードのファッションショーが出来上がるまでをBLOGにしたいと思います! ブランドのショーとは少し違う、エスモードのファッションショー。 どのようにして、学生個々人の、それぞれ違うメッセージのルックを一つのショーとして纏め上げているのでしょうか。   ①ショー全体のテーマを決める。 作品がある程度出来上がり、デザイン画が出そろったらショー全体のテーマをまず決めます。決め方は様々で、時代や全体の空気感、学生クリエイターの思いが反映されたりします。 ちなみに昨年のテーマは「I have something to tell(私には伝えたいことがある)」でした。 ②ショー会場を決める。 ショー全体のテーマが決まったら、会場を決めます。10/7に行われるショーは恵比寿文化祭とのコラボレーションですので、メイン会場の恵比寿ガーデンプレイスの野外会場で行います。 ショー会場は、ショーのテーマやブランドのコンセプトに大きく影響します。中にはルーブル美術館の中でファッションショーを行ったり、ゲリラ的に山手線の中でショーを行ったりしたブランドも!…
Read More
Read More

パターンレッスンで、スカートの基本からマーメイドスカートの作り方を学ぶ!

11/18のオープンキャンパスでは、パターンレッスンを開催しました。 今回のブログではその様子をご紹介します! 今回は、「マーメイドスカートを作ろう!」ということで、スカートの平面パターンの基礎知識から、マーメイドスカートへの展開の仕方までを勉強しました! 教えて下さる講師は、土岐幸子先生です。 土岐先生は、コム・デ・ギャルソンなどでパタンナー経験を積んだエスモードのモデリズム講師です。 学生スタッフも参加して、和気あいあいとした雰囲気の中で授業は進みました◎ 今回作るのは、「マーメイドスカート」です。ウェストからヒップにかけてタイトなラインで、裾にフレアーが広がっているデザインです。スカートの丈やフレアー分量によってデザインの雰囲気が変わっていきます。 まずは、スカートパターンの基本を土岐先生と学生のQ&Aで学んでいきます。 土岐先生:ここはなんという線ですが? 学生:うーん。前中心線です! 土岐先生:正解です! こんな学生とのやりとりをはさみつつ、スカートの基本構造を学んでいきます。 学生スタッフはみんな1年生ですが、日々勉強しているので、スラスラ答えてましたよ! 今回はバーズ(原型)を使用し、パターンを作成していきます。 パターンに初挑戦の参加者の皆さんは、慣れないバーズや定規の使い方に四苦八苦。 徐々に慣れていき、学生スタッフと一緒に頑張って作業を進めていきます。 スカートの丈や切り替え位置を設定するときも、学生と話しながら、「ロング丈なら何cmくらい?」「切り替えの方向をサンプルとは逆にしたいな。」など自分が思い描くマーメイドスカートを作ろうと一生懸命作業を進めていたのが印象的でした! 最後に裾のフレアーの展開方法とウェストベルトの作り方を学び、完成しました!…
Read More

interview07:pokefasu 千葉純一さん

  『pokefasu』   ・・・とはpoker faceの綴り間違いです。 なのでポーカーフェイスとは逆で表情やしぐさが楽しいモノがポケファスです。 駄洒落、落書、少々のおふざけなどが詰まったモノづくりで思わず ブヒッと微笑んでしまう楽しい世界へ誘います・・・。 by    kiip       roomsにてこんな出会いがありました。   その名も『みパンダ いわパンダ きかパンダ』。  …
Read More

Interview vol.10:斎藤統さんインタビュー

2012年記念すべき1つ目の記事は、こちらです!     先日、イッセイミヤケ・ヨーロッパ社 元社長でもあり、様々な経歴をお持ちの斎藤統さんにインタビューをさせて頂きました! 斎藤さんはとても気さくで、面白く、優しい素敵な方でした。 インタビューさせて頂く私も始めは華麗な経歴をお持ちの斎藤さんにとても緊張していたのですが、 楽しい会話にすぐに緊張がほぐれ、あっという間に時間がすぎてしまいました。 斎藤統さんをご存知の方は多いと思いますが、知らない方もいらっしゃると思いますのでまずは経歴を掲載させて頂きます。(ウィキペディア参照)     —経歴−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 1980年、ヨウジヤマモト社の要請により同社のフランス支社であるYohji Europe(ヨウジ ヨーロッパ)社を設立し、 同ブランドのヨーロッパ・アメリカ進出を手掛ける。 ヨウジヤマモト社はこの海外進出の成功により「世界のヨウジ ヤマモト」としての地位を確固たるものとした。 以降15年間同社社長を務めた後、1997年にはイギリスのラグジュアリーブランド「JOSEPH(ジョセフ)」に 日本進出における総責任者として招聘され、JOSEPH…
Read More

関西五大学合同ファッションショー

先日12月9日(日)、関西五大学のファッションサークルが集まり、合同ファッションショーを開催しました! 今回、エスモード大阪校は会場貸し出し、演出、ヘアメイク、準備等全面強力でイベントをサポート! 当日のイベントの模様をレポートします!     今回参加している大学五大学は以下の通り、 大阪大学、同志社大学、神戸大学、関西大学、関西外国語大学   彼らは普段大学でファッションに関して学んでいませんが、独学でデザイン・制作を行い、 大学生が大学生も目線で普段感じていることや、社会への想い、デザイン・制作とは?着ることとは?見せることとは?を考え、それを表現しています。   お昼頃、会場に演者が到着。早速ヘアメイクに入りました。     1回の講演で3チームがショーを行い、17:30-、19:00-からの2回講演を行います。 1.ゲストショー 中崎町 McCANDRESS…
Read More