interview07:pokefasu 千葉純一さん

 

『pokefasu』

 

・・・とはpoker faceの綴り間違いです。

なのでポーカーフェイスとは逆で表情やしぐさが楽しいモノがポケファスです。
駄洒落、落書、少々のおふざけなどが詰まったモノづくりで思わず
ブヒッと微笑んでしまう楽しい世界へ誘います・・・。

by    kiip

 

 

 

roomsにてこんな出会いがありました。

 

その名も『みパンダ いわパンダ きかパンダ』。

 

「シュ、シュールすぎる!!!!」

 

よく見るとダジャレを含んだマスコットがたくさん並んでいるのを発見しました。

『ざますメガネブレスレット』

ー教育ママが好んで掛けるようなメガネざます 目元にキラリと輝くあれもつけました。ー

 

 

見た目はこんなにかわいいウサギなのに・・・

 

 

ひっくり返したら、なかなか怖いオオカミに変身!!

 

 

 

ダジャレ で『笑い』× 手作りから生まれる『あたたかみ』のミスマッチ感。

しかし、見れば見るほど『癒し』を感じる作品たち。

この『笑い』・『あたたかみ』・『癒し』に私は惹き付けられてしまいました。

こんな作品を作る人は誰だろう。

1度お話したいと思い、インタビューをさせていただきました。

 

 

これらの作品『pokefasu』の生みの親である、デザイナー兼作家のkiip 千葉純一さんです。

千葉さんは、ESMOD JAPON東京校を卒業後アパレル企画担当を経て、

デザイナーとして独立しオリジナルブランド『pokefasu』を立ち上げました。

記事の冒頭にも紹介いたしましたが、 pokefasu とは poker face の綴り間違いです。

実際のポーカーフェイスとは、逆で表情やしぐさに楽しいものがたくさん詰まっているということがブランドの特徴です。

 

 

 

以下インタビュー。

 

-現在の職業の道に進む決意は何でしたか?またそのきっかけ、経緯はどういったものでしたか?

 

-自分が好きなことを仕事にするという意識がないままサラリーマンになってみてはじめて、

好きなことじゃないと一生の仕事にはできないと気付き、ファッションに興味があったのでエスモードに入学して

現在、デザインやイラストやぬいぐるみ作家などの仕事をしています。

 

– 子供の頃の夢は何でしたか?

 

昆虫博士。虫捕りして、図鑑見て、模写してという子供の頃の生活

pokefasuのデザインにかなり影響してると思います。

 

– 専門学生時代はどのようなことをして過ごしておられましたか?

 

学校生活では遅刻欠席は少なく、課題も期限内に提出するわりと真面目なほうでした。

学校以外はあまりファッションやデザインに触れてなかったと思います。テレビ観てサッカーしてみたいな。
サッカーが好きなのでエスモード時代はスポーツウェアを作りたいと3年間思ってました。

 

– 普段、インスピレーションを与えてくれるものとはどういったものですか?

 

-日常と言葉と素材からよくネタがみつかります。
日常は普段目にするものが違うものに一瞬見えることってよくある思うのですが、

点が3つあれば顔に見えるみたいな。そういうのを拾ってきます。

(pokefasu商品でいうと顔バッチは手提げのマチ部分が顔にみえたのがきっかけです) 

言葉はダジャレや気になる言葉を耳にした時に、「それ形にしてみたら面白いかな。」とか考えます。

(新作では腹時計を形にしてみたいと企画中。)
素材は追求するとかの類ではなくて、ただ眺めてるとこれもやっぱり普段と違う見え方や
使い方がみえたり、あとは素材を生かすことを考えるのと同時に殺すことも考えます。

(pokefasu商品でいうとくもりメガネバッチは、透明感が売り?のクリアアクリルを削って 

くもらせたら面白いかなという発想です)

 

-ブランドコンセプトを教えて下さい。

 

-一応、『pokefasu とは poker face の綴り間違いです。なのでポーカーフェイスとは逆で、

表情やしぐさが楽しいモノがポケファスです。駄洒落、落書、少々のおふざけなどが詰まったモノづくりで思わず

ブヒッと微笑んでしまう楽しい世界へ誘います』

というのがコンセプトなのですが最近は、『ふざけて企画してきちんと作る』

という新しいコンセプトも見つけました。

 

 

 

好きなことで一生の仕事がしたいとおっしゃっていた千葉さん。

これは誰もが思うことですが、なかなか実行できないことではないでしょうか。

とてつもない努力があったからこそ成功しているのだと思います。

私は、千葉さんが再出発し今の仕事をなさっているという姿にとても尊敬しました。

 

これからもダジャレを使った遊び心満載の、あたたかみある作品で人々の心をさらに癒し続けてほしいと思います。

kiip 千葉純一さん、ありがとうございました。

 

 

pokefasu ーポケファスー

http://www.kiip.jp/pokefasu.html

 

 

text by yui

 

 

 

 

 

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You May Also Like

Interview vol.10:斎藤統さんインタビュー

2012年記念すべき1つ目の記事は、こちらです!     先日、イッセイミヤケ・ヨーロッパ社 元社長でもあり、様々な経歴をお持ちの斎藤統さんにインタビューをさせて頂きました! 斎藤さんはとても気さくで、面白く、優しい素敵な方でした。 インタビューさせて頂く私も始めは華麗な経歴をお持ちの斎藤さんにとても緊張していたのですが、 楽しい会話にすぐに緊張がほぐれ、あっという間に時間がすぎてしまいました。 斎藤統さんをご存知の方は多いと思いますが、知らない方もいらっしゃると思いますのでまずは経歴を掲載させて頂きます。(ウィキペディア参照)     —経歴−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 1980年、ヨウジヤマモト社の要請により同社のフランス支社であるYohji Europe(ヨウジ ヨーロッパ)社を設立し、 同ブランドのヨーロッパ・アメリカ進出を手掛ける。 ヨウジヤマモト社はこの海外進出の成功により「世界のヨウジ ヤマモト」としての地位を確固たるものとした。 以降15年間同社社長を務めた後、1997年にはイギリスのラグジュアリーブランド「JOSEPH(ジョセフ)」に 日本進出における総責任者として招聘され、JOSEPH…
Read More

関西五大学合同ファッションショー

先日12月9日(日)、関西五大学のファッションサークルが集まり、合同ファッションショーを開催しました! 今回、エスモード大阪校は会場貸し出し、演出、ヘアメイク、準備等全面強力でイベントをサポート! 当日のイベントの模様をレポートします!     今回参加している大学五大学は以下の通り、 大阪大学、同志社大学、神戸大学、関西大学、関西外国語大学   彼らは普段大学でファッションに関して学んでいませんが、独学でデザイン・制作を行い、 大学生が大学生も目線で普段感じていることや、社会への想い、デザイン・制作とは?着ることとは?見せることとは?を考え、それを表現しています。   お昼頃、会場に演者が到着。早速ヘアメイクに入りました。     1回の講演で3チームがショーを行い、17:30-、19:00-からの2回講演を行います。 1.ゲストショー 中崎町 McCANDRESS…
Read More

Cosme Kitchen レセプションパーティ

皆様こんにちは。     残暑も続いていますが、最近は少し涼しくなりつつありますね!^^ 秋のファッションが大好きな私は、少し肌寒くなるたびに秋服を着るのが待ち遠しくてワクワクしております。     季節が変わると、服だけでなくメイクも少し秋使用にシフトしたくなりませんか? さらに、私は季節が変わるとお肌の乾燥などが気になるので、基礎化粧品から全て次の季節使用にシフトしています!^^     メイクもファッションの一部。 皆様はどんなメイクをしていますか?どんなメイク道具をつかっていますか?!^^       先日、8月25日、梅田の阪急三番街にオープンした”コスメキッチン”。  …
Read More
Read More

1年生ホワイトスウェット・ファッションショー / 恵比寿文化祭2018

10月6日(土)、恵比寿ガーデンプレイスにて、恵比寿に住み、学び、働き、遊ぶ人々が集い、町の魅力や文化を発信する恵比寿文化祭2018が開催されました。 恵比寿にあるエスモード東京校では、1年生のカリキュラムとして入学してからたった半年の成果を「ホワイトスウェットプロジェクト」として、恵比寿文化祭で発表します。 Facebook Twitter Tumblr Line
Read More

[Culture Week]11月22日(木)素材講習会

今週はCulture Week(カルチャーウィーク)   先日11月20日(火)は、学生1年生〜3年生の自由参加で美術館に見学に行き、 11月22日(木)は大手アパレル企業の方にお越し頂き、素材に関する講習会を行いました。     今回お越し頂いたアパレル企業は主に婦人服カットソーを中心とした、カジュアルウエアの販売、製造、企画を行う会社です。 アクリル・ウール・獣毛糸を取り扱うため、今回ウールに関する専門知識を座学形式で講演して頂きました。   ウールに対しての情熱と、気持ちが現れた(?)羊の被り物で心を掴まれ、そのまま本格的な羊毛の知識を学びました。 目の前での実演では、学生も興味津々!     次は、”さをり”さん。 http://www.saori.co.jp/ 名物おばあちゃんであり、創業者の城 みさをさんの哲学が、その織には流れていました。…
Read More

カルチャーウィーク「産地見学」

9月28日エスモード大阪校では、カルチャーウィークを利用し、兵庫県西脇市に播州織り産地見学に行ってきました。     [カルチャーウィークとは] 定期的に設定されているカルチャーウィークは、製作活動に行かせる文化や芸術などに触れ、完成を養う期間の事で、 学生同士作品を見せ合ったり、美術館に行ったり、工場見学に行ったり、毎回違ったプログラムで、構成されています。     西脇市は歴史ある播州織りの産地です。 普段見る事の出来ない染糸工場や、製糸工場、織物整理工場に見学に行き、 実際に現場で働く方の現場の生の声を聞かせて頂きました。   西脇市は兵庫県の真ん中にあり、とても自然の多い地域です。中心地から車で2時間ほどのところです。 西脇市のの中心には加古川が流れ、昔、水運で栄えたため、繊維工場が集中したそうです。     学生は普段カリキュラムで素材に関して学んでいます。 普段教室で、口頭でしか学んでこなかった学生ですが、今回素材学の教師も同行し、解説付きの見学だったので、…
Read More