84 views
この記事は約1分で読めます。

フェット・ドゥ・スポーツに関する一考察

2008年5月25日

5月のブログのテーマは「フェット・ドゥ・スポーツ」である。
読者の皆様のなかには、「フェット・ドゥ・スポーツ」とは、何かと疑問に思われる方もおられるかも知れない。
だから、ここで改めて、「フェット・ドゥ・スポーツ」について考えて行きたいとおもう。
「フェット・ドゥ・スポーツ」とは、何のことはない、「スポーツ・フェスティバル」のことである。
日本語で言うと、「体育祭」。
「フェット・ドゥ・スポーツ」は、フランス語である。
なぜ、エスモードでは、「スポーツ・フェスティバル」や、「体育祭」ではなく、
わざわざフランス語の「フェット・ドゥ・スポーツ」を使用するのか?
それは、エスモードが、1841年にパリに創設された世界で最初のファッション校であり、現在14カ国21校のインターナショナルネットワークを誇り、エスモード東京はその一翼を担っているからである。
だから学校でもフランス語が溢れている。
また学生達が、仮装しているのも、エスモードがモードの学校だからである。
セ・シ・ボン(C’est si bon.)