95 views
この記事は約2分で読めます。

【東京校】イトキン株式会社 特別講師ジャケット制作授業 第一回

2013年10月24日
9月27日金曜日

 

a.v.vやcourregesなど、たくさんのブランドを手がけるイトキン株式会社から特別講師をお招きして、第一回テーラードジャケット制作の授業が開催されました。

 

今後何回かに分けて授業の内容をお伝えしていきたいと思います。

 

〔わかりやすい図解のテキストをいただきました〕

 

「肩パットをストレートの原型のパターンとボディの間に入れ込みたいと思ったら、どこをどう切ったら入れることができるでしょう?」

 

わかりやすいテキストと菊地さんの軽快なトークで楽しく授業が進みます。
業界に入ってからしかわからない実際のパタンナーさんはこうしている!などの情報も交えながらの説明に、教室には時折感嘆の声や笑い声がこだまします。
いつも何気なくしていたパターン上の操作も、へぇ~そうなんだ!という発見に変わっていきました。

 

〔詳しく楽しく授業を進めてくださる菊地講師〕

 

展開の仕方も、実際に紙のパターンを切り開いて教えてくださったり、なぜこの場所にゆとりが必要なのか、
なぜこの場所にはダーツが必要なのかを説明してくださったり…受講している生徒も自然と前のめりで話しに聞き入ります。
詳しい説明の後、生徒も同じようにパターンを引き、同じようにパターンをカッターで切り開き、同じように切り開いた場所をテープでとめて、
展開の意味や展開後の形をよく理解できる授業でした。

 

 

今回は4時間の中で、ストレートの袖なし原型のパターンを引いて、トワルで組むところまで教えていただきました。

 

全15回の授業の後には、皆それぞれのオリジナルテーラードジャケットが完成している予定です。
皆さんどんなジャケットになるのでしょうか。