バレンシアガとは?ブランドの歴史とコンセプト

黒パーカーの男性

エスモードジャポン 広報部
ESMOD InstagramESMOD twitter

エスモードは、東京恵比寿にあるファッションの学校です。 フランス・パリで世界初のファッション専門教育機関として1841年に開校。 現在は世界13か国に19校あり、その日本校であるエスモードジャポンの広報を担当しています。 世界のネットワークを生かした情報発信とファッション業界について解説していきます。

OPEN CAMPUS:ウェディングドレスの世界 -富貴栄華な仕事の裏側に迫る-

バレンシアガは大きなロゴの入ったアイテムが特徴的です。
街中で目にすることもあるのではないでしょうか。

また、ストリートファッションにこだわりを持つ方にとっては欠かせないブランドの1つであり、新作が出るたびにチェックしている方もいると思います。

今回はバレンシアガについて深く知るために、ブランドの歴史やコンセプトについて見ていきましょう。
  

エスモードジャポン 広報部
ESMOD InstagramESMOD twitter

エスモードは、東京恵比寿にあるファッションの学校です。 フランス・パリで世界初のファッション専門教育機関として1841年に開校。 現在は世界13か国に19校あり、その日本校であるエスモードジャポンの広報を担当しています。 世界のネットワークを生かした情報発信とファッション業界について解説していきます。

OPEN CAMPUS:ウェディングドレスの世界 -富貴栄華な仕事の裏側に迫る-

バレンシアガのコンセプト

バレンシアガが創業された1900年代以来、ブランドイメージは時代によって移り変わってきました。

それでも、ラグジュアリーかつ挑戦的なデザインや、ファッションに新しい試みを取り入れるという姿勢は、どの時代にも共通しています。

近年では、モードファッションの中にカジュアルな要素も取り入れ、ハイブランドに縁がなかった若者を取り込むことに成功しています。

バレンシアガとは

バレンシアガはスペイン発のラグジュアリーブランドで、日本でも高い人気を誇っています。

元々はオートクチュール(オーダーメイドの1点物)から始まったモード系のブランドでしたが、近年ではラグジュアリーストリートブランドとして有名です。

芸能人も愛用しており、20代の若者を中心に人気を博しています。

日本におけるバレンシアガ

日本でも、バレンシアガは非常にメジャーなブランドです。
グッチグループの傘下にあるバレンシアガ・ジャパンは、全国の百貨店に店舗を展開しています。

若者からの人気が高く、特にスニーカーやキャップが注目されていることから、ストリートブランドとして人気だということが分ります。

アパレルショップ経営者になりたいならESMOD JAPON。
ESMOD JAPONは、パリに創設された世界最古のファッション専門教育機関の日本校であり、ファッションやアパレルを学びたい方にはおすすめです。

未経験から世界で通用するデザイナー・パタンナーを目指す総合コースや、バチェラー(学士)と世界で通用するクリエイターになるための知識と技術を身に付ける「フランス国立工芸院バチェラーコース」など、あなたの目的に合わせたコース選択ができます。

まずは一度、ESMOD JAPONのコース紹介をチェックしてみてください。


学科紹介

バレンシアガの歴史

服作りの道具
バレンシアガは1900年代初頭に創立された、非常に歴史のあるブランドです。
創立当初はオートクチュールハウスとして、オーダーメイドの1点物を取り扱っていました。

創立者のクリストバル・バレンシアガは、女性の服装に革命を起こしたと言われるクリスチャン・ディオールと肩を並べるほどの気鋭のデザイナーであり、モード界で初めてゆったりしたシルエットの服をつくったと言われています。

クリストバル・バレンシアガの死後、1972年から1986年までの間は、香水ブランドとして存続し、1987年からはプレタポルテ(既製服)のブランドとして再スタートを果たします。

それから長い年月をかけ、靴やバッグなどの小物、メンズウェアなど、商品を拡大していきました。

ストリートファッションのイメージへと変わったのは2015年、デムナ・ヴァザリアがデザイナーとして就任してからです。

バレンシアガの歴代デザイナー

バレンシアガは、デザイナーが変わるごとにブランドイメージも大きく変遷していきました。

ここでは、大きな功績を残したデザイナーをピックアップしてご紹介します。

クリストバル・バレンシアガ

バレンシアガの創立者であるクリストバル・バレンシアガは、クチュール界の建築家とも呼ばれ、一人で服作りの工程を全てこなすことができたと言われています。

当時、女性服はコルセットで体型を補正して着るものでしたが、バレンシアガが考案したゆったりしたファッションは、どんな体型の女性でも自由に着ることのできる画期的なものでした。

ニコラ・ジェスキエール

クリストバル・バレンシアガの引退後、ブランドは一時期低迷しましたが、その危機を救ったのがニコラ・ジェスキエールです。
彼が発表した1998春夏コレクションは、新生バレンシアガを思わせるものでした。

その後も数々の賞を受賞するジェスキエールの功績により、グッチグループがバレンシアガを買収します。

こうしてバレンシアガは潤沢な資金を手に入れ、世界中の主要都市に店舗を拡大していきました。

デムナ・ヴァザリア

2015年、デムナ・ヴァザリアが就任しました。
ヴァザリアの就任によって、バレンシアガのイメージは一新されます。

今まではモード系が中心だったコレクションに、ストリート要素を取り入れたことで、バレンシアガは一気にストリートブランドへと変わりました。

これによって、今までターゲット層から外れていた若い世代も、新しく取り入れることに成功したのです。

バレンシアガの主なラインナップ

黒パーカーの女性
ではここからは、バレンシアガの中でも特に人気の高いアイテムを見ていきましょう。

スニーカー

バレンシアガのスニーカーは、発売と同時に売り切れるほど人気です。
中でも人気なのが、厚底のソールが特徴的なTRIPLE Sシリーズ。
色展開も豊富で、さりげなくロゴが入っているのがおしゃれです。

ロゴパーカー

無地に大きくバレンシアガのロゴが入ったパーカーも、人気アイテムの1つです。

背中やフードに大きくロゴがプリントされているタイプが多く、正面はシンプルですが、後ろから見るとかなり存在感があります。

ロゴ小物

バレンシアガは、ロゴの入った小物も数多く展開しています。
アクセサリーやレザー小物、ベルトなどがあり、中でも人気なのはキャップです。

ベースボールキャップは正面にバレンシアガのロゴが入っていて、多くの著名人も愛用しています。

クロスボディバッグ

バレンシアガのクロスボディバッグは、レディスもメンズも人気です。
小ぶりのバッグにロゴが入っていて、持っているだけでスタイリッシュなコーディネートに仕上げてくれます。

メンズは革素材やナイロン素材など、各種素材を用意しているので、シーンに合わせて選ぶこともできます。

ファッションのコンセプトをもっと学びたいなら

バレンシアガは長い間モード系ブランドとして人気を博していましたが、ストリート系ファッションとして変貌を遂げました。

しかし、挑戦的なデザインというコンセプトを守っているからこそ、ブランドイメージは一貫しています。

ファッションを学ぶには、コンセプトを理解することがとても重要です。
エスモードジャポンでは、技術の習得はもちろん、コンセプトを理解することにも重きを置いています。

コンセプトからファッションを学びたいという方は、エスモードジャポンのカリキュラムをぜひご覧ください。

この記事を執筆したエスモードなら就職率は100%!

エスモードでは毎年卒業生全員が、デザイナー・パタンナーなどの専門職で就職しています。

デザイナー、パタンナーを育成する総合学科では、各学生を理想のキャリアに導くカリキュラムが組まれています。このカリキュラムの実践を通して、流れの激しいファッション産業界で即戦力として通用する人材を育成することで、他の追随を許さない圧倒的な就職実績を誇っています。ご興味がある方はぜひ下記リンクをご確認くださいませ。