ニュースタンダードを生み出すsacai(サカイ) 人気のNIKEコラボにも注目

エスモードジャポン 広報部
ESMOD InstagramESMOD twitter

エスモードは、東京恵比寿にあるファッションの学校です。 フランス・パリで世界初のファッション専門教育機関として1841年に開校。 現在は世界13か国に19校あり、その日本校であるエスモードジャポンの広報を担当しています。 世界のネットワークを生かした情報発信とファッション業界について解説していきます。

OPEN CAMPUS:ウェディングドレスの世界 -富貴栄華な仕事の裏側に迫る-

ファッション好きなら、ワードローブに1枚は取り入れたいのがsacai(サカイ)です。

今回は、サカイの特徴や経歴、話題になったNIKE(ナイキ)とのコラボを中心に、その魅力に迫ります。


エスモードジャポン 広報部
ESMOD InstagramESMOD twitter

エスモードは、東京恵比寿にあるファッションの学校です。 フランス・パリで世界初のファッション専門教育機関として1841年に開校。 現在は世界13か国に19校あり、その日本校であるエスモードジャポンの広報を担当しています。 世界のネットワークを生かした情報発信とファッション業界について解説していきます。

OPEN CAMPUS:ウェディングドレスの世界 -富貴栄華な仕事の裏側に迫る-

サカイの特徴

サカイとは、「日常の上に成り立つデザイン」をコンセプトにしたファッションブランドです。

スタンダードなアイテムにアレンジを加えることで、サカイならではの「ニュースタンダード」を生み出しています。

異素材の組み合わせやタック、プリーツを使ったデザインが得意で、360度どこから見ても美しいアイテムが魅力。

また、創業当初からニットのアイテムが多く、現在もブランドを代表するアイテムの1つです。

広告を大々的に打ち出さず、ファッション業界の関係者やファッション好きからの評判によって人気が広がりました。

デザイナーは、元コムデギャルソンのパタンナー・阿部千登勢です。
ニットを専門とするトリコ・コムデギャルソンで、パタンナーを務めていました。

結婚、出産を機にギャルソンを退社した後、子育てをしながらニットを5型作り、ブランドをスタートさせます。

サカイの代表アイテムがニットなのは、こうした経歴が元になっているのでしょう。

このように実力のあるファッションデザイナーやパタンナーは、コムデギャルソンのような一流ブランドに勤務した後、独立することが多いです。

服飾ファッション専門教育機関・エスモードジャポンの講師は、コムデギャルソンをはじめさまざまな一流ブランドで勤務した経歴を持っています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ESMOD JAPON(@esmodjapon)がシェアした投稿

サカイ2021-22年秋冬コレクション

サカイの魅力を知るには、アイテムを見るのが一番です。
ここで、2021-22年秋冬シーズンに発表されたサカイのウィメンズコレクションを見てみましょう。

2021-22年秋冬コレクションは、サカイらしいアレンジを加えたフェミニンなシルエットが特徴。

タイトスカートとワイドパンツがドッキングしたアイテムや、ボディをイエローのダウンで切り替えたトレンチコートなどが見られます。

定番のサカイ×ナイキコラボ

 

この投稿をInstagramで見る

 

sacaiofficial(@sacaiofficial)がシェアした投稿


サカイとナイキは度々コラボしていて、「LDワッフル」スニーカーがアイコンとなっています。

LDワッフルは、二重になったシュータンや重ね貼りしたナイキのロゴ「スウッシュ」、突き出たミッドソールが特徴的です。
人気が高く、抽選制になることもしばしば。

最近では、サカイとナイキ、そして他のブランドとのトリプルコラボも話題になりました。

fragment design(フラグメントデザイン)、CLOT(クロット)、UNDERCOVER(アンダーカバー)とのトリプルコラボ商品が立て続けに発表されています。

その他コラボ

A.P.C.(アー・ペー・セー)

アー・ペー・セーがさまざまなアーティストやブランドとコラボするプロジェクト「A.P.C. INTERACTION」の第9弾として、サカイとのコラボが実現しました。

シンプルながらもエッジが効いたアー・ペー・セーのアイテムは、サカイのアイテムと共通しています。

アー・ペー・セーの主力アイテムであるデニムジャケットに、MA-1をドッキングし、サカイらしい異素材を組み合わせたアイテムに仕上げました。

また、A.P.C.とsacaiを組み合わせた「SA.P.C.AI」のコラボロゴを、さまざまなアイテムにプリントしています。

KAWS(カウズ)

サカイは、現代アーティスト・カウズのファインアート3作品を落とし込んだコラボアイテムも発表しました。

カウズの代表作といえば、×印の目をしたコンパニオン。
そのため、コラボロゴではsacaiの文字に×を重ねています。

また、カウズが選んだカラーをサカイ×ナイキのコラボシューズに取り入れ、トリプルコラボも実現しました。

サカイの店舗

国内の単独直営店は、南青山にあるショップのみです。
むき出しのコンクリートでできた内装と、ガラスから見える緑が特徴的。
人工物と自然が融合した、サカイにふさわしいショップです。

その他、三越銀座、伊勢丹新宿、渋谷スクランブルスクエアでも取り扱いがあります。

まとめ

日常の上に成り立つデザイン
サカイは「日常の上に成り立つデザイン」をコンセプトにしているだけあり、個性的だけど奇抜過ぎないアイテムが多く発表されています。

日々のスタイルをワンランク上げるために、サカイのアイテムを取り入れてみてはいかがでしょうか。

ファッションをもっと楽しむために、オリジナルアイテムを作るのもおすすめです。

エスモードジャポンでは、オリジナルの服作りをプロから教えてもらえる体験講座を開催しています。

「服作りに興味があるけど、何から始めれば良いか分からない」という方は、ぜひエスモードジャポンのオープンキャンパスにお越しください!

>>オープンキャンパス | エスモードジャポン

この記事を執筆したエスモードなら就職率は100%!

エスモードでは毎年卒業生全員が、デザイナー・パタンナーなどの専門職で就職しています。

デザイナー、パタンナーを育成する総合学科では、各学生を理想のキャリアに導くカリキュラムが組まれています。このカリキュラムの実践を通して、流れの激しいファッション産業界で即戦力として通用する人材を育成することで、他の追随を許さない圧倒的な就職実績を誇っています。ご興味がある方はぜひ下記リンクをご確認くださいませ。