CADオペレーターの一日とは

cadオペレーターとして働く女性

エスモードジャポン 広報部
ESMOD InstagramESMOD twitter

エスモードは、東京恵比寿にあるファッションの学校です。 フランス・パリで世界初のファッション専門教育機関として1841年に開校。 現在は世界13か国に19校あり、その日本校であるエスモードジャポンの広報を担当しています。 世界のネットワークを生かした情報発信とファッション業界について解説していきます。

OPEN CAMPUS:ウェディングドレスの世界 -富貴栄華な仕事の裏側に迫る-

ファッション業界の中で、ファッションデザイナーのデザインした商品を作るためのパターン(型紙)を描く仕事を担当しているのがCADオペレーターです。
しかし、CADオペレーターは実際にどのようなに一日を送っているのか気になる人も多いのではないでしょうか。
そこでこのページではCADオペレーターは一日どのように送っているのかをテーマにお話ししていきたいと思います。

エスモードジャポン 広報部
ESMOD InstagramESMOD twitter

エスモードは、東京恵比寿にあるファッションの学校です。 フランス・パリで世界初のファッション専門教育機関として1841年に開校。 現在は世界13か国に19校あり、その日本校であるエスモードジャポンの広報を担当しています。 世界のネットワークを生かした情報発信とファッション業界について解説していきます。

OPEN CAMPUS:ウェディングドレスの世界 -富貴栄華な仕事の裏側に迫る-

CADオペレーターの一日の基本

それではまずCADオペレーターの仕事を見ていきましょう。
一日をどのように過ごしているのか、おおよその流れに沿ってお話ししていきたいと思います。

大まかな一日の流れ

午前

業務を確認している人々CADオペレーターの一日は、この日行う予定の業務確認から始まります。
ほとんどのCADオペレーターは一つの商品だけではなく、多くの商品を担当しているため、業務確認を行わないと締切とされている日程までギリギリになってしまうということもしばしばです。
そのため、朝どの商品の分を行うのかを確認することはCADオペレーターが一日仕事をする上でとても大切なことです。
個人、もしくはチームで業務確認を行い終えてから、CADシステムを使い、パターン製作を効率よく進めていきます。
CADオペレーターは一度作業を始めてしまうと数時間集中して行うので、気が付いたら昼食の時間ということもしばしばあります。

午後

午後もスケジュールが何も入っていないときはCADシステムを使ってパターンの製作を行っていきます。
そしてスケジュールがある場合は社内外のさまざまな担当者との打ち合わせを行います。
外部は主にクライアントと企画会議や完成品の試着、社内はファッションデザイナーや営業などと商品の製作などとさまざまです。
そしてパターンを作るCADオペレーターは、平面的なデザイン画を立体にするためのパターンを作る大拙な役割を担っているため、打ち合わせに出る頻度は高い方と言えます。

夕方

そして夕方は打ち合わせの頻度が下がり、パターンの製作に集中できる時間に戻るため、引き続き作業に集中していきます。
複数の商品を案件として抱え、期限までに作業を終えなければならないCADオペレーターは、集中して正確に作業を行っていかなければなりません。
パターン製作に集中していると、気づいたら時間が遅くなることもあります。
しかしパタンナーのサポートとして働くCADオペレーターは勤務時間を調整しやすいため、まだ早い時間で帰ることができるでしょう。

休日・空き時間

休憩する女性CADオペレーターは本社オフィスでの勤務がほとんどになるため、基本的にカレンダー通りになることがほとんどです。
そのため休みは土、日や祝日、さらには夏季、冬季も休暇が設けられています。
そして休日はしっかり休息を当てる人や、さまざまなファッションをレンダリングできるようにジャンルを問わず、さまざまなショップを回ったりする人もいるようです。
しかし、CADオペレーターは繁忙期に入ってしまうと、ファッションデザイナーや営業、さらにはパタンナーから指示があると休日出勤をすることもあります。
したがって、普段はカレンダー通りに過ごすことができますが、繁忙期に入ってしまうと休日出勤があることも念頭に入れておきましょう。

CADオペレーターの一日や休日、空き時間を見ていきました。
では次に、お話しした中にあった繁忙期とはどのような時期なのか、見ていきたいと思います。

繁忙期

CADオペレーターの繁忙期は下記の時期です。

パターンの納期前

CADオペレーターの繁忙期はパターンの納期前です。
新しいコレクションの発表のために商品を作る必要があるため、CADオペレーターは発表前にパターンを納品しなければなりません。
そのため、パターンの納期前に入ってしまうと修正対応の頻度もあがるため、休日出勤の頻度が増え、忙しい日々を送ります。
先ほどもお話ししたように、CADオペレーターはコレクションや商品を複数抱えているため、すべてを終わらせるために多くの時間を要し、パターンの納期前は多忙の日々を送ります。
しかしファッション業界で働く人は商品が販売され、人々が手に取る姿を見て達成感を感じるという人が多いため、繁忙期も乗り越えられる人も多いようです。

まとめ

CADオペレーターはパターンを作っているだけではなく、打ち合わせに参加したりとさまざまな仕事を行っています。
しかし正確かつ要領よくパターンを作り、ファッションデザイナーをはじめ、さまざまな人々と関わるため、多くの人々とコミュニケーションを取ることができます。
充実したCADオペレーターとしての生活を送るために、まずはファッション関連の専門学校や大学、短大などでファッション系の知識やCADシステムの知識を身につけていきましょう。

CADオペレーターになる為に知るべき情報はこちら

この記事を執筆したエスモードなら就職率は100%!

エスモードでは毎年卒業生全員が、デザイナー・パタンナーなどの専門職で就職しています。

デザイナー、パタンナーを育成する総合学科では、各学生を理想のキャリアに導くカリキュラムが組まれています。このカリキュラムの実践を通して、流れの激しいファッション産業界で即戦力として通用する人材を育成することで、他の追随を許さない圧倒的な就職実績を誇っています。ご興味がある方はぜひ下記リンクをご確認くださいませ。