CADオペレーターのやりがいとは

2人のCADオペレーター

エスモードジャポン 広報部
ESMOD InstagramESMOD twitter

エスモードは、東京恵比寿にあるファッションの学校です。 フランス・パリで世界初のファッション専門教育機関として1841年に開校。 現在は世界13か国に19校あり、その日本校であるエスモードジャポンの広報を担当しています。 世界のネットワークを生かした情報発信とファッション業界について解説していきます。

OPEN CAMPUS:ウェディングドレスの世界 -富貴栄華な仕事の裏側に迫る-

ファッション業界には、デザイナーなどの企画部門から送られてきたデザインを形にするCADオペレーターという仕事があります。
一年を通して、コレクションごとに発表される新たなアパレル製品の開発のために、大きな力を発揮する立場であることから、その仕事の中には様々なやりがいがあります。
今回はCADオペレーターにはどんなやりがいがあるのか、さらには必要なスキルや求められている資格について見ていきましょう。


エスモードジャポン 広報部
ESMOD InstagramESMOD twitter

エスモードは、東京恵比寿にあるファッションの学校です。 フランス・パリで世界初のファッション専門教育機関として1841年に開校。 現在は世界13か国に19校あり、その日本校であるエスモードジャポンの広報を担当しています。 世界のネットワークを生かした情報発信とファッション業界について解説していきます。

OPEN CAMPUS:ウェディングドレスの世界 -富貴栄華な仕事の裏側に迫る-

CADオペレーターのやりがい

CADオペレーターのやりがいCADオペレーターはアパレルメーカーなどの生産部門に所属をする、もしくはフリーランスなどの業務受託などで働きながら、企画部門や生産部門の間に立つ立場としている傾向です。
主に行っている業務は、型紙(パターン)の制作から、制作した型紙(パターン)を元に生産されたサンプルチェックや修正、そこから量産用の型紙(パターン)をサイズ別に作成(グレーディング)する、などが挙げられます。
自身の仕事がアパレル製品を作る基礎となるCADオペレーターのやりがいについて、詳しく見ていきましょう。

自身が手がけたものが商品となる

まずCADオペレーターがやりがいとして挙げられるのが、自身が手がけたものが製品として流通されたときです。
お話ししたように、CADオペレーターは自身が型紙(パターン)の制作にかかわったアパレル製品が実際に販売されます。
実際に店舗に並び、製品を身につけている人を見かけると、自分の仕事にやりがいを感じることができるでしょう。

スキルが評価されやすい

また、自身のスキルが評価されやすいことにやりがいを感じる人も多くいます。
CADオペレーターは実力主義の世界です。日々の業務をこなしスキルを磨いていけば、実力に見合った評価がついてきます。
自分の力で評価を勝ち取ることができることは、CADオペレーターならではのやりがいと言えます。

多様なアパレル製品を手がけることができる

CASオペレーターは、コレクション単位で型紙(パターン)の制作を担当することが多くあります。
自分の仕事がコレクションとして、世の中に出て多くの人の手に渡ることも、やりがいの一つに挙げられるでしょう。

CADオペレーターになるには

CADオペレーターになるにはCADオペレーターのやりがいが分かったところで、就職するために必要なスキルや資格についてお話ししていきます。
CADオペレーターはアパレル製品の型紙(パターン)を作る専門職となるため、ほかのファッション業界の職種とはまた違うスキルや知識が求められます。
そこで、CADオペレーターを目指すために、どんなスキルや資格が必要となってくるのか、見ていきましょう。

必要なスキル

デザイナーなどの企画部門の人々が考え出したアパレル製品を作るために、もっとも重要な型紙(パターン)を作り出すCADオペレーター。
型紙(パターン)の制作には、専門的な知識と技術の両方が必要となります。

アイテムごとの造形やファッション関連の基本的な知識と、CADソフトの知識・技術は必須です。
中でも、CADは汎用CAD、専用CAD、2次元CAD、3次元CADと、種類ごとに操作方法が異なります。CADオペレーターには、これらを必要に応じて使い分けることが求められます。

それに加え、CADオペレーター自身が指示や説明のための書類を作成することもあるため、Word、Excel、PowerPointなどオフィスソフトを扱えると良いでしょう。

求められる資格

CADオペレーターは制作することとなる服の完成図が見えること、そしてCADを操作する技術を身につけていることが必須と言える職種であることから、特定の資格を有していれば就職などで有利に働くでしょう。
主な資格としては、洋裁技術検定、CAD利用技術者試験、パターンメーキング技術検定があります。
洋裁技術検定は、製作することとなるアパレル製品の知識や技術を問われる資格であることから、設計段階からアイテムの完成図が理解できることの証明となります。
CAD利用技術者試験とパターンメーキング技術検定はCADを操作する技術や知識を問われるものなので、実務において必要な技術と知識を身につけていることを証明できます。

CADオペレーターは正確さを求められる職種であるため、アパレル製品の型紙(パターン)を制作するために必要な知識や技術を、資格を取得しながら身につけることがもっとも近道と言えるでしょう。

まとめ

生産の要となる型紙(パターン)を制作する役割を担うCADオペレーターのやりがいについて見ていきました。
どんなときにやりがいを抱くのか、CADオペレーターを目指すために必要なスキルや資格などが見えてきたのではないでしょうか。
アパレル製品を支える専門職であるCADオペレーターになりたい方の参考になれば幸いです。

CADオペレーターになるためには

この記事を執筆したエスモードなら就職率は100%!

エスモードでは毎年卒業生全員が、デザイナー・パタンナーなどの専門職で就職しています。

デザイナー、パタンナーを育成する総合学科では、各学生を理想のキャリアに導くカリキュラムが組まれています。このカリキュラムの実践を通して、流れの激しいファッション産業界で即戦力として通用する人材を育成することで、他の追随を許さない圧倒的な就職実績を誇っています。ご興味がある方はぜひ下記リンクをご確認くださいませ。