ファッションデザイナーになるには

ファッションデザイナーになるには

エスモードジャポン 広報部
ESMOD InstagramESMOD twitter

エスモードは、東京恵比寿にあるファッションの学校です。 フランス・パリで世界初のファッション専門教育機関として1841年に開校。 現在は世界13か国に19校あり、その日本校であるエスモードジャポンの広報を担当しています。 世界のネットワークを生かした情報発信とファッション業界について解説していきます。

OPEN CAMPUS:ウェディングドレスの世界 -富貴栄華な仕事の裏側に迫る-

ファッションデザイナーはフランス語で「スティリストstyliste」と呼ばれ、人気がある職業の一つです。
自分のデザインした服作りによって、着る人の目的や気分に寄り添うことができるだけではなく、流行やカルチャーまで創り出す力と魅力を持っているのがファッションデザイナーなのです。
そこで今回はファッションデザイナーを志す方のために、仕事内容や働き方についてお話しします。


エスモードジャポン 広報部
ESMOD InstagramESMOD twitter

エスモードは、東京恵比寿にあるファッションの学校です。 フランス・パリで世界初のファッション専門教育機関として1841年に開校。 現在は世界13か国に19校あり、その日本校であるエスモードジャポンの広報を担当しています。 世界のネットワークを生かした情報発信とファッション業界について解説していきます。

OPEN CAMPUS:ウェディングドレスの世界 -富貴栄華な仕事の裏側に迫る-

ファッションデザイナーとは

ファッションデザイナーというのは、自らのセンスや感性で様々なファッションアイテムのデザインを手がける仕事です。
ここではファッションデザイナーの実際の仕事内容や働き方について詳しく見ていきます。

ファッションデザイナーの仕事

ファッションデザイナーの仕事ファッションデザイナーは服のデザインをするだけではありません。

1.情報収集

情報収集分析から始まります。
①市場(マーケット)
②ファッショントレンド(流行)
③競合(他社・他ブランド)
④顧客の購買行動や売れ筋や売れなかった商品情報など、様々な角度からの情報分析をします。

2.コンセプトの立案

ブランドのコンセプトを立案し、そのコンセプトに基づいてシーズンごとのテーマやスタイリングを考えて提案することも、大切な仕事の一つです。

3.アイテムの決定

さらに具体的なアイテム構成やカラー・素材などを決定し、パタンナーに型紙やトワル作成、一点サンプル作成の依頼とチェックなどを行い、展示会開催までにすべてのアイテムのサンプルを整えます。

ファッションデザイナーはアイデアから服がお客様の手元に渡るまで、さまざまな人と関わりながら仕事を完成させていきます。

ファッションデザイナーの仕事について詳しくはこちら

ファッションデザイナーの一日を知りたい方はこちら

ファッションデザイナーの種類

ファッションデザイナーには多様な働き方があり、大まかに4つの種類に分かれています。

企業に勤めるファッションデザイナー

アパレルブランドの会社で社員として雇用され、企業のブランドのデザインを担当します。
仕事や収入が比較的安定しています。ファッションデザイナーの一般的な働き方であり、多くの人がこの形をとっています。

フリーランスファッションデザイナー

フリーランスファッションデザイナー
企業などに属していない、フリーランスのファッションデザイナーです。
実力を認められると、あらゆるブランドから仕事の依頼が来ることもあります。
また、完全なフリーランスではなく決まったブランドの専属のような形で仕事をする場合や、仕事ごとにアパレルブランドと契約する場合もあります。

ブランドデザイナー

モデルやタレントなどの有名人がアパレルブランドと提携して新しいブランドを立ち上げるという形もあります。
有名人に特有のパターンであるため、通常のファッションデザイナーにはこのような仕事は一般的ではありません。

ファッションデザイナーになりたいならESMOD JAPONがおすすめ。
ESMOD JAPONは、パリに創設された世界最古のファッション専門教育機関の日本校です。

未経験から世界で通用するデザイナー・パタンナーを目指す総合コースや、バチェラー(学士)と世界で通用するクリエイターになるための知識と技術を身に付ける「フランス国立工芸院バチェラーコース」など、ファッションデザイナーになるためのコース選択ができます。

まずは一度、ESMOD JAPONのコース紹介をチェックしてみてください。


学科紹介

ファッションデザイナーになるための方法

デザイナーになるためには短期大学の服飾科、服飾系の大学、服飾専門学校でファッションデザインやパターン・縫製・CAD・服飾史などを学び、そのあとアパレル企業に就職するのが一般的な方法です。

ロードマップ

ファッションデザイナーの勤務状況と収入

特定の会社に属している企業デザイナーは、就業規則に基づき勤務時間が決められていますが、展示会の前などには残業が発生することが多くなります。収入は初任給で月20万円前後、仕事の内容やキャリアによって昇給していきます。
個人でブランド会社を運営している場合は、年に2回のファッションショー前後は非常に忙しく、私生活の大半が仕事と言っても過言ではありません。収入は自社ブランドの人気度や売上高によって異なりますが、数千万円という一部のファッションデザイナーもいます。

ファッションデザイナーの年収や給料についてはこちら

ファッションデザイナーのやりがい

ファッションデザイナーのやりがいファッションデザイナーがやりがいを感じられる瞬間としてまず挙げられるのは、自らがデザインした洋服がショップに並び、売れていく様子を見た瞬間でしょう。
また、実力がついてくればあらゆるショーやコンテストで結果を残すこともでき、さらに大きな仕事が舞い込むかもしれません。ファッションデザイナーとしてさらにキャリアアップすることで、より大きなやりがいを感じることができるでしょう。

ファッションデザイナーのやりがいをもっと詳しく

ファッションデザイナーに必要なスキル

ファッションデザイナーにまず必要なのは、ファッションに関する広く深い知識です。もちろん知識だけで成功することができるわけではありませんが、どのような仕事をするにあたっても自らの知識をもとにアイデアを生み出す必要があるため、前提としてファッションの知識は必須だと言えます。
それと並んで重要なのが、流行を察知する力です。アパレル業界は常に流行とともにある産業。常に流行の最先端を行かなくてはならないため、今何が流行っているのか、今後何が流行るのかなどを察知する力が非常に大切なのです。

ファッションデザイナーに向いている人や適性って?
独学でファッションデザイナーになるには?


この記事を執筆したエスモードなら就職率は100%!

エスモードでは毎年卒業生全員が、デザイナー・パタンナーなどの専門職で就職しています。

デザイナー、パタンナーを育成する総合学科では、各学生を理想のキャリアに導くカリキュラムが組まれています。このカリキュラムの実践を通して、流れの激しいファッション産業界で即戦力として通用する人材を育成することで、他の追随を許さない圧倒的な就職実績を誇っています。ご興味がある方はぜひ下記リンクをご確認くださいませ。