ファッションデザイナーに向いている人や適性って?

エスモードジャポン 広報部

エスモードは、東京恵比寿にあるファッションの学校です。 フランス・パリで世界初のファッション専門教育機関として1841年に開校。 現在は世界13か国に19校あり、その日本校であるエスモードジャポンの広報を担当しています。 世界のネットワークを生かした情報発信とファッション業界について解説していきます。

ファッション、アパレル業界の中でも輝かしく華やかなイメージの強い職業であるファッションデザイナー。

コレクションやショーを見ても、最後にランウェイを歩くデザイナー達の姿は目を見張るものがあります。
知識や能力は後から学んでいくことができるので、ひとつでも自分に当てはまる適性があるならファッションデザイナーを志す価値はあります。

そこでこの記事では、ファッションデザイナーになるにはどんな適性が必要なのかを見ていきましょう。

エスモードジャポン 広報部

エスモードは、東京恵比寿にあるファッションの学校です。 フランス・パリで世界初のファッション専門教育機関として1841年に開校。 現在は世界13か国に19校あり、その日本校であるエスモードジャポンの広報を担当しています。 世界のネットワークを生かした情報発信とファッション業界について解説していきます。

 

そもそもファッションデザイナーってどんな仕事?

仕事をしている女性ファッションデザイナーとは、洋服やバッグ、シューズなどファッションを構成するアイテムをデザインし形にしていく仕事です。

しかし、一口にファッションデザイナーと言っても所属するブランドやメーカーによって仕事内容は異なります。

デザイナーひとりで企画やデザイン、縫製まですべて担当することもあれば、複数のチームで行うこともあり、その場合は企画、デザイナー、パタンナー、生産など役割ごとに洋服づくりを担います。

ファッションデザイナーに向いている人

では、実際にどんな適性があるとデザイナーに向いていると言えるのでしょうか。
詳しく見ていきましょう。

「ファッション」への関心が強い人

大前提として、ファッションに強い興味・関心がある人はファッションデザイナーに向いていると言えるでしょう。

例えば、自分でコーディネートを組むのが好きだったり、好きなブランドがあったりするのはもちろん、流行り物や新作商品をこまめにチェックするのも欠かせません。

また、SNSを使って買ったものやスタイルをアップしたりして日常的に意識してファッションに触れていることも大切です。

創造力が豊かな人

ファッションデザイナーはリリースする時期の1年程前からトレンドを加味した洋服作りを始めます。
そしてブランドとしてのコンセプトと利益を守り、人に喜んで手に取ってもらえる洋服を作らねばなりません。

それらすべての要素を含めた洋服をつくるには、豊かな想像力が必要です。

ユーザーのニーズやトレンドを読むのが得意な人

ファッションデザイナーには世界の流れや社会の流れ、今現在のニーズなどを読み取り、まだ見ぬ未来のファッショントレンドを予測する力が必要になります。

そのため、世の中の流れや人の動きにも興味があり、今後どうなっていくかを考えることが得意な人はファッションデザイナーへの適性があると言えます。

人と接するのが好きな人

会社やブランドはひとりで創り上げることはできません。

ひとつの洋服をつくり上げるにもたくさんの人と関わるため、自分の思ったことを言葉にして人に伝えることが好きな人もファッションデザイナーに向いていると言えるでしょう。

ファッションデザイナーに求められる能力

仕事の風景ファッションデザイナーには先ほどご紹介した適性に基づいた能力が必要となってきます。
デザイナーを目指す方は、これからご紹介する能力を今後身に着けていくことを頭に入れておきましょう。

ファッションに関する知識

ファッションデザイナーはデザインの知識はもちろん、洋服づくりにおけるファッション全般の知識がなければ細かな指示出しなどが行えません。

デザインの知識を前提に、パターンや生産背景、販売など一連の流れはもちろん、ビジネスや経営までファッションを成り立たせるすべての知識を頭に入れておく必要があります。

流行を察知する力

ファッションとは日本語で「流行」と略されることからもわかるように、ファッションデザイナーは人々が身に纏う洋服で流行を作り出す仕事でもあります。
そのため、その時々の流行を察知しつつさらに先読みをしていく能力は、デザイナーにとって必要不可欠です。

またファッションは人々の生活と密接に結びついているため、ファッション業界内だけの
流行をおさえておければいいわけではありません。

近年ファッション業界で取りざたされている「サステイナブル」という概念は、「自然環境に配慮する」という意味合いをもち、世界の環境問題へのテーゼとして普及しています。

このように経済や環境問題、ITなどの分野の流行がファッション業界に取り入れられることが往々にしてあるため、様々な分野の流行を察知する能力が必要です。

デザイン力、企画力

頭の中に描いたデザインを実際の洋服という形にするのがファッションデザイナーの仕事です。

そのため頭の中にある想像力を形にするデザイン力や、自分の感性に基づきどんな洋服を、どんな素材で、どのように作るのかを明確に表現できる企画力が必要となります。

コミュニケーション能力

大きな会社やブランドに所属する場合、自分のデザインした洋服を形にするまでにたくさんの人とやり取りする必要があります。

また、細かな指示出しにも意思疎通が必要なため、コミュニケーション能力もデザイナーにとって重要な要素です。

まとめ

輝かしいファッションデザイナーですが、ファッション業界を牽引する重要な職業であり、数多くの能力が必要です。

ファッションデザイナーに対する適性が自分に備わっていると感じたら、知識や技術などの能力はあとから学んで身に着けることができます。

エスモードジャパンではファッションデザイナーになるための学びを得られるコースを用意しているので、適性を感じられたらぜひ資料を確認してみてください。

学校で学んだ知識や技術をもとにデザイナーとして活躍する具体的な道筋を思い浮かべることができます。

ファッションデザイナーになるには

この記事を執筆したエスモードなら就職率は100%!

エスモードでは毎年卒業生全員が、デザイナー・パタンナーなどの専門職で就職しています。

デザイナー、パタンナーを育成する総合学科では、各学生を理想のキャリアに導くカリキュラムが組まれています。このカリキュラムの実践を通して、流れの激しいファッション産業界で即戦力として通用する人材を育成することで、他の追随を許さない圧倒的な就職実績を誇っています。ご興味がある方はぜひ下記リンクをご確認くださいませ。