ジバンシィを買うなら?定番コスメやウィリアムズによる新作をチェック

エスモードジャポン 広報部
ESMOD InstagramESMOD twitter

エスモードは、東京恵比寿にあるファッションの学校です。 フランス・パリで世界初のファッション専門教育機関として1841年に開校。 現在は世界13か国に19校あり、その日本校であるエスモードジャポンの広報を担当しています。 世界のネットワークを生かした情報発信とファッション業界について解説していきます。

OPEN CAMPUS:ウェディングドレスの世界 -富貴栄華な仕事の裏側に迫る-

世界的に有名で、メンズ・ウィメンズ共に人気の高いジバンシィ。

今回は、ジバンシィのファンの方もこれからジバンシィを買う方も楽しめる、ブランドコンセプトや定番コスメ、そして新作アイテムについて紹介します。


エスモードジャポン 広報部
ESMOD InstagramESMOD twitter

エスモードは、東京恵比寿にあるファッションの学校です。 フランス・パリで世界初のファッション専門教育機関として1841年に開校。 現在は世界13か国に19校あり、その日本校であるエスモードジャポンの広報を担当しています。 世界のネットワークを生かした情報発信とファッション業界について解説していきます。

OPEN CAMPUS:ウェディングドレスの世界 -富貴栄華な仕事の裏側に迫る-

ジバンシィとは?セパレートスタイルが表すコンセプト

1952年、クチュリエのユベール・ド・ジバンシィがパリのクチュールメゾンを創設したのが、ジバンシィの始まりです。

同時期には、クリスチャン・ディオールも活躍していました。
女性の身体を強調したシルエットを得意としたディオールとは対照的に、ジバンシィはゆったりとしたシルエットが特徴的です。

クリスチャン・ディオール-読めばきっと欲しくなる!Diorの人気アイテムとは

特に、ジバンシィが提案したセパレートスタイルは、どんなウエストサイズの女性でも着られる画期的なものでした。

公式サイトでは、ジバンシィのアイテムについて次のように語られています。

ジバンシイの製品は、性別を問わず身に着ける人に新たな表情と自信を与え、一人ひとりが自由に個性を表現できるきっかけを提供しています。

ジバンシィのこのコンセプトはセパレートスタイルから始まり、現在も受け継がれているのですね。

参考URL:大胆不敵なクラシックの 表現 ∷ GIVENCHY

バレンシアガからの影響

ジバンシィは、バレンシアガの創設者であるクリストバル・バレンシアガに師事していました。
バレンシアガは、モード界で初めてゆったりしたシルエットの服を手がけたデザイナーです。

バレンシアガの教えは「女性の身体に沿って動くフォルムが大切」というもので、ジバンシィは師の教えを守って服づくりをしていたことが分かります。

バレンシアガとは?ブランドの歴史とコンセプト

定番アイテムはコスメ

定番アイテムはコスメ
ジバンシィはオートクチュールから始まったブランドですが、現在はコスメブランドのイメージも強く持たれています。
特に人気の高いコスメは、次の3つです。

・プリズム・リーブル
4色のフェイスパウダーは、ジバンシィのベストセラーです。
計算された4色で、肌悩みを自然にカバーし透明感を生み出します。

パウダーの密着度が高く、崩れにくいのも人気の秘密です。

・ルージュ・ジバンシィ
見た目も美しいリップは、ラグジュアリーブランドならでは。
ルージュ・ジバンシィはパッケージに革を使用していて、高級感のある見た目が特徴的です。

ユニークなカラーが多く、ホリデーコレクション2021ではローズブラウンにコッパーゴールドの輝きが美しい限定色「コッパー・ヌード」が発売されました。

・ランテルディ
ランテルディは、女優のオードリー・ヘップバーンのために作られた香水です。
一般的に香水は、トップノート・ミドルノート・ラストノートと香りが変化しますが、ランテルディは香りが変化しないシンプルノートです。

参考URL:ジバンシィビューティー

マシュー・M・ウィリアムズによるメゾンアイコン

2020年から、ジバンシィのクリエイティブ・ディレクターにマシュー・M・ウィリアムズが就任しました。

ウィリアムズは、ラグジュアリーストリートの中心人物です。
彼がジバンシィで最初に発表した2021年春夏コレクションは、メゾンを革新するものでした。

テクニカル素材を使い、メゾンの持つエレガンスなイメージと遊び心を融合させたのです。

注目は、ジバンシィのアイコンバッグ「アンティゴナ」。
今回、アンティゴナはマシュー・M・ウィリアムズによって再解釈され、よりモダンなデザインに生まれ変わりました。
メゾンの象徴である4Gエンブレムの南京錠が特徴的です。

参考URL:マシュー・M・ウィリアムズによる再解釈された新しいアンティゴナ | GIVENCHY Paris

ジバンシィ2022春夏コレクション


2022春夏コレクションは、マシュー・M・ウィリアムズがジバンシィに就任して以来、初めて観客を招いて行われたフィジカルショーでした。

ショーは、メンズとウィメンズアーティストのジョシュ・スミス、マスクメイカーの村山伸、ラッパーのヤング・サグといった、ウィリアムズが尊敬するクリエイターとのコラボが実現。

ショーで度々登場したコルセットやペプラム、フリルは、ユベール・ド・ジバンシィが描いたスケッチから着想を得たものです。

ただスケッチを再現しただけでなく、ネオプレーンと呼ばれるゴム素材やレザーのハイブーツを取り入るなど、ウィリアムズらしいアレンジを加えています。

まとめ

ジバンシィの「一人ひとりが自由に個性を表現する」というコンセプトは、ファッション好きの方なら共感するのではないでしょうか。

ジバンシィのコンセプトに共感したら、ぜひお気に入りのアイテムを見つけて購入してみてください。

また、ファッションを身に付けるだけでなく、作り出すことにも興味のある方は、エスモードジャポンのオープンキャンパスがおすすめです。
初心者でも参加しやすいよう、プロが服づくりの基本から丁寧に教えます。

オープンキャンパスをきっかけに、オリジナルの服づくりに挑戦してみましょう。

>>オープンキャンパス | エスモードジャポン

この記事を執筆したエスモードなら就職率は100%!

エスモードでは毎年卒業生全員が、デザイナー・パタンナーなどの専門職で就職しています。

デザイナー、パタンナーを育成する総合学科では、各学生を理想のキャリアに導くカリキュラムが組まれています。このカリキュラムの実践を通して、流れの激しいファッション産業界で即戦力として通用する人材を育成することで、他の追随を許さない圧倒的な就職実績を誇っています。ご興味がある方はぜひ下記リンクをご確認くださいませ。