ファッション(アパレル)業界の仕事とは

エスモードジャポン 広報部
ESMOD InstagramESMOD twitter

エスモードは、東京恵比寿にあるファッションの学校です。 フランス・パリで世界初のファッション専門教育機関として1841年に開校。 現在は世界13か国に19校あり、その日本校であるエスモードジャポンの広報を担当しています。 世界のネットワークを生かした情報発信とファッション業界について解説していきます。

OPEN CAMPUS:ウェディングドレスの世界 -富貴栄華な仕事の裏側に迫る-

ファッション業界に憧れ、アパレルの仕事に就きたいと考える人は今も多くいます。
しかしいざファッション業界を目指そうと志していても、一体どのような職業があるのか、さらには勤務先にはどんな種類があるのかが見えてこないと、自分がどの方面からアパレルの仕事を目指していこうか決められないと思います。
そこで今回は、ファッション(アパレル)業界の仕事をテーマに、さまざまな視点から見ていきたいと思います。


エスモードジャポン 広報部
ESMOD InstagramESMOD twitter

エスモードは、東京恵比寿にあるファッションの学校です。 フランス・パリで世界初のファッション専門教育機関として1841年に開校。 現在は世界13か国に19校あり、その日本校であるエスモードジャポンの広報を担当しています。 世界のネットワークを生かした情報発信とファッション業界について解説していきます。

OPEN CAMPUS:ウェディングドレスの世界 -富貴栄華な仕事の裏側に迫る-

ファッション(アパレル)の仕事の種類

まず、ファッション(アパレル)の仕事の種類から解説していきたいと思います。
ファッション(アパレル)の仕事には大きく「作り出す仕事」、「広めていく仕事」、「届けていく仕事」と3種類に分けることができます。
いずれも日々ファッション(アパレル)で重要な仕事を担っており、互いが存在していないと成り立ちません。
では、それぞれの仕事がどのような役割を果たしているのか、一つ一つご紹介していきます。

>>ファッション(アパレル)業界に就職するために知っておきたい情報はこちら
>>ファッション(アパレル)業界で働くための資格の詳細はこちら

作り出す仕事

まずはファッション(アパレル)を作り出す仕事について、見ていきましょう。
ファッションを作り出す仕事はコレクションとして販売するアパレル商品の企画から製造までを担っている人々を指します。
そのため、日々新しいファッションを生み出せるようにシーズンごとのトレンドや市場、さらには自身の感性を磨いていきながら先々のトレンドを読み、生み出していく能力がもっとも求められます。
さらに、作り出す仕事の人々は企画やデザインの考案、サンプル製作、生産を終えるまでの納期などにも追われる日々を送ることとなります。
なので、締め切りを必ず守れるように、先々を見据えながら行動できる人が多く求められます。

仕事を担う職業

  • ファッションデザイナー
  • テキスタイルデザイナー
  • パタンナー
  • CADオペレーター
  • マーチャンダイザー
  • プロダクトマネージャー
  • 生産管理
  • ファッション企画

広めていく仕事

次はファッション(アパレル)を広めていく仕事についてです。
ファッションを広めていく仕事は、さまざまな手法を用いながらアパレル商品を顧客などに認知してもらえるようにPRしていく役割を担う人々です。
そのため、多くのアパレル商品がどのようなものかを理解し、どのような方法で情報を広めていくための宣伝をするのかを考える能力を求められます。
さらに、多くの人々に商品を届けていくために、ファッションを作り出す仕事を担っている人々や社外の人々と、多くの人々と接していくこととなるため、細かなところまで行き届くコミュニケーション能力なども必要とされるポジションとも言えます。

仕事を担う職業

  • スタイリスト
  • 広報(プレス)
  • ファッションエディター
  • トレンドコンサルティング

届けていく仕事

最後はファッション(アパレル)を届けていく仕事について見ていきましょう。
ファッションを届けていく仕事は、ファッションを作り出す仕事の人々が作り出し、ファッションを広めていく仕事の人々が情報を広めていったアパレルを手に取ろうとする消費者に、さまざまな形で販売を行なっていく人々です。
そのため、日々多くの消費者の接客を行いながら商品の知識や消費者の動向を学ぶために、ファッションを届けていく仕事はファッション業界すべての職業の入り口といえる仕事でもあります。
さらに作り出す仕事の人々の情報源とも言えるアパレル商品の売上・在庫管理などの数字を管理する能力も求められます。

仕事を担う職業

  • ショップスタッフ
  • ファッションコーディネーター
  • イーコマース

以上がファッション(アパレル)の仕事の種類です。
「作り出す仕事」、「広めていく仕事」、「届けていく仕事」いずれもファッション業界において大切な仕事といえます。
では、どんな仕事があるのかが見えてきたところで、次はファッション(アパレル)に関われる業種にはどんな種類があるのかを見ていきましょう。

ファッション(アパレル)に関われる業種

ファッション(アパレル)業界に関わることができる業種は大きく6種類あります。
どのような業種がどんな仕事を担っているのか、見ていきたいと思います。

アパレル商社

まずはアパレル商社です。
アパレル商社とは、商品の企画から製造、流通までを自社で行うことが主な仕事です。
さらに、イベントの展開企画や、アパレルメーカーに対して小売店や製造を担当する企業との仲介を行うこともあり、仕事の幅も広いといえます。
そのため、アパレル商社で働くためには、トレンドを掴むための観察力、商品のアイディアを考案してからまとめていく企画力、さまざまなデータを踏まえて考察していくための力も求められます。

>>ファッション(アパレル)商社の仕事を目指したい方が知っておきたい情報はこちら

仕事を担う職業

  • ファッションデザイナー
  • テキスタイルデザイナー
  • パタンナー
  • CADオペレーター
  • マーチャンダイザー
  • プロダクトマネージャー
  • 生産管理
  • ファッション企画

広告関連の業種


次は広告関連の業種です。
ファッション業界での広告は自社で作成することもあれば、外部に委託するケースがありますが、いずれも自社、もしくは依頼を受託したアパレル商品を多くの消費者に広めるために欠かせない立場です。
社外で公開する広告やパンフレット、近年は自社ホームページやSNS(Twitter、Instagram、Facebookなど)で使用する写真撮影やテキスト作成、雑誌などのメディアにアパレル商品をレンタルなどの対応を行います。
したがって、広告関連の業種で働いていくためには、ファッション業界はもちろん、アパレル商品一つ一つに対する知識や、どの商品を使用して商品を広めていけばいいかなどの戦略を考える力などが求められます。

>>ファッション(アパレル)広告の仕事を目指したい方が知っておきたい情報はこちら

仕事を担う職業

  • マーチャンダイザー
  • スタイリスト
  • ファッションコーディネーター
  • ファッション企画
  • 広報(プレス)

出版社

次は出版社です。
ファッション業界内の出版社は雑誌や専門紙、運営しているWeb媒体などのコンセプトに合った内容の記事を作成していくことが主な仕事です。
ファッション業界で行われているコレクション、展示会などに赴き、ブランドコンセプトなどのイメージを目で見る、もしくはアパレルブランドに勤務する人々からヒアリングを行います。
そしてそれぞれの媒体に合う企画を立案し、文章や写真を作成していくことから、スケジュールの管理を日々行いながら仕事を進めていきます。
以上のことから、出版社で働いていくためには日々のスケジュール管理能力に加え、企画を多くの人々に伝えるためのコミュニケーション能力、そしてファッション業界のトレンドを見極める力が求められます。

>>ファッション(アパレル)出版社の仕事を目指したい方が知っておきたい情報はこちら

仕事を担う職業

  • ファッションエディター
  • 広報(プレス)
  • スタイリスト
  • トレンドコンサルティング
  • スタイリスト
  • ファッションコーディネーター

小売会社

次は小売会社です。
ファッション業界の小売会社とは、メーカーやブランド、卸売業者などからアパレル商品を購入して販売する人々を指し、百貨店や専門店、インターネット通販事業を行う業者などが例に挙げられます。
アパレル商品の販売を行うことに加え、どのファッションブランドを店舗として受け入れるかを検討する、さらにはシーズンごとの企画を考案するなどが主な仕事ですが、近年小売会社の中にはプライベートブランドの運営を行なっている会社も増えてきています。
以上から、小売会社で働いていくためには先々のファッショントレンドを読み解く力、それぞれ運営している百貨店や専門店などのコンセプトに合った企画を立案する力、そして多くの消費者にアパレル商品の魅力を伝えるコミュニケーション能力が求められます。

>>ファッション(アパレル)の小売の仕事を目指したい方が知っておきたい情報はこちら

仕事を担う職業

  • ショップスタッフ
  • ファッションコーディネーター
  • トレンドコンサルティング
  • ファッション企画
  • 広報(プレス)

繊維メーカー


次は繊維メーカーです。
繊維メーカーは、ファッションブランドが生み出すアパレル商品に使用されるさまざまな繊維を開発する会社を指します。
そして、ファッション業界が生み出すアパレル商品をはじめ、多くの場で使用される生地を生み出している業種でもあります。
そのため、天然繊維や化学繊維、繊維加工品などの開発を行う技術系、サポートを行う事務系と大きく分かれており、日々多くのニーズに応えられる繊維の開発を行なっています。
以上のことから、繊維メーカーで働いていく場合は、今どんな繊維が求められているのかを考察して企画をする力、求められているカラーや柄の生地を製作するためのセンス、そして生み出した繊維や生地を多くのブランドに届けるためのプレゼンテーション力が求められます。

>>ファッション(アパレル)の繊維開発の仕事を目指したい方が知っておきたい情報はこちら

仕事を担う職業

  • テキスタイルデザイナー
  • プロダクトマネージャー
  • 生産管理

流通関連の業種

最後は流通関連の業種です。
ファッション業界における流通関連の業種は、アパレル商社や小売業などでできる仕事のことを指し、アパレル商品の流通に関わるさまざまな仕事に関わっています。
いずれも共通でいえる主な仕事は、アパレル商品企画に沿って、決められた日まで店頭に届けられるように企画部門や工場、そして店舗や小売業などのスケジュール調整を行なっていきます。
また、近年小売業はECショップなどオンラインショップを経営するWeb関連の業者にも納品をするケースも多く見られるため、いずれに決められた数を納品するために、大きな役割を果たしています。
以上のことから、流通関連の業種で働いていく場合は、商品企画通りにスケジュールを進めていくための管理能力、多くの人々と打ち合わせをしていくためのコミュニケーション能力、そしてスケジュール内で起きたトラブルに対応するための冷静さが求められます。

>>ファッション(アパレル)の流通の仕事を目指したい方が知っておきたい情報はこちら

仕事を担う職業

  • マーチャンダイザー
  • プロダクトマネージャー
  • 生産管理
  • ファッション企画

まとめ

今回はファッション(アパレル)業界の仕事に関して、さまざまな視点で解説していきました。
ファッション業界はアパレル商品を生み出し、販売するだけではなく、多くの仕事があることが見えてきたのではないでしょうか。
もし、ファッション(アパレル)業界の仕事に興味を持ったときは、まずこの記事でイメージを固めてから、ファッション関連の学校(専門学校や大学、短大)などに足を運んでみてはいかがでしょうか。

>>海外でファッション(アパレル)の仕事をしたいと考えている方はこちら
>>未経験でファッション(アパレル)の仕事を目指したい方が知っておきたい情報はこちら

この記事を執筆したエスモードなら就職率は100%!

エスモードでは毎年卒業生全員が、デザイナー・パタンナーなどの専門職で就職しています。

デザイナー、パタンナーを育成する総合学科では、各学生を理想のキャリアに導くカリキュラムが組まれています。このカリキュラムの実践を通して、流れの激しいファッション産業界で即戦力として通用する人材を育成することで、他の追随を許さない圧倒的な就職実績を誇っています。ご興味がある方はぜひ下記リンクをご確認くださいませ。