未経験でファッションの仕事をするには

エスモードジャポン 広報部
ESMOD InstagramESMOD twitter

エスモードは、東京恵比寿にあるファッションの学校です。 フランス・パリで世界初のファッション専門教育機関として1841年に開校。 現在は世界13か国に19校あり、その日本校であるエスモードジャポンの広報を担当しています。 世界のネットワークを生かした情報発信とファッション業界について解説していきます。

OPEN CAMPUS:ウェディングドレスの世界 -富貴栄華な仕事の裏側に迫る-

ファッション業界で仕事をしたいと志したとき、どうしても立ちはだかるのが「未経験」という壁という人も多いのではないでしょうか。
ファッション業界は日々さまざまな仕事ができる人材を多く探し求めていることから、さまざまな工夫を重ねていくことで、働くチャンスを得やすい業界でもあります。
しかし、実際どのような工夫を重ねていけばファッション業界で仕事をすることができるのかが見えないと、なかなか行動に移せないという人も多いと思います。
そこでこのページでは、ファッションの仕事を未経験から働くための方法について解説していきたいと思います。


エスモードジャポン 広報部
ESMOD InstagramESMOD twitter

エスモードは、東京恵比寿にあるファッションの学校です。 フランス・パリで世界初のファッション専門教育機関として1841年に開校。 現在は世界13か国に19校あり、その日本校であるエスモードジャポンの広報を担当しています。 世界のネットワークを生かした情報発信とファッション業界について解説していきます。

OPEN CAMPUS:ウェディングドレスの世界 -富貴栄華な仕事の裏側に迫る-

未経験でファッションの仕事はできるのか

未経験でファッションの仕事はできるのか今日、日本国内では多くのファッションが生まれており、生み出し続けているファッション業界は多くの人材を要します。
そして、ファッション業界で仕事をする人々の多くは転勤や転職をする機会が多く、いずれを経て自分自身のスキルや職種をステップアップしていく傾向があります。
そのため、ファッション業界の仕事は固定的に人材がある状態とは言えず、場合によっては人材が不足しているケースもあります。

以上のことから、今日のファッション業界はさまざまな仕事ができる経験者を増やすと同時に、未経験で仕事をしたいという意欲のある人を育てていく必要もあることから、未経験でもファッション業界の仕事ができる人を日頃探している状況が続いています。
以上の傾向があることから、ファッション業界は未経験でも仕事をするチャンスが多くある業界であるといえるのです。

未経験で仕事を目指すには

では、未経験でファッション業界の仕事に就くためにはどうすれば良いのでしょうか。
今回は大きく3つのポイントをご紹介していきたいと思います。

ショップスタッフから目指していく

まず一つ目はショップスタッフになることを目指すことです。
ファッション業界の仕事の求人を見ていくと、未経験も可能と書かれている職種の多くはショップスタッフがほとんどだと思っている人も多いと思いますが、そのようにしているのはれっきとした理由があります。
ファッション業界におけるショップスタッフという仕事は、アパレル商品を販売するために接客を行うだけと考えている人も多いと思いますが、ファッション業界のさまざまな仕事の基礎となるものが多く詰まっている仕事です。
例を挙げるとすると、まず顧客に接客し、どの商品を購入しているかを会計時に登録しながら分析できるようにしています。
その分析結果を踏まえ、店舗のディスプレイや商品の入荷バランス、さらには展開の方法などさまざまなことを自身の判断、もしくは本社勤務となっている職種の人々と決めていきます。
ショップスタッフはファッション業界で求められる専門知識や先々のトレンドを見抜く力、そしてコミュニケーション能力を養うことができることから、未経験の人々を多く求めています。
未経験でファッション業界で働く手段として、もしくは基礎を学んでいくためにもショップスタッフを目指していくと良いでしょう。

雇用形態を工夫する

2点目は雇用形態を工夫していくことです。
今日、ファッション業界を問わず、仕事とともに多くの雇用形態が存在しています。
多くの人々は正社員が良いと考えていると思いますが、経験を積んでいくという意味ではアルバイトや期限つきの雇用である派遣社員、契約社員などの雇用形態を選んでいくことも一つの手です。
先ほどお話ししたショップスタッフはもちろんのこと、本社勤務であるファッションデザイナーやパタンナー、マーチャンダイザーなどのアシスタントという形でアルバイトや派遣社員、契約社員などの雇用形態で募集をしているケースが多く見られます。
そのため、未経験でも意欲や過去に培ったスキルなどがあれば、雇用形態を問わずファッション業界で働くことが可能といえます。
なので、未経験でファッション業界の仕事を探すときは雇用形態を工夫していくようにすることも念頭に入れておくと良いでしょう。

専門学校で知識や技術を学ぶ

専門学校で知識や技術を学ぶ最後は専門学校で知識や技術を学んでいくことです。
未経験でファッション業界の仕事を探すとき、ファッションの専門知識や技術が壁となるケースが多くあります。
そのため、その部分を担うために専門学校などに通い、専門知識や技術を学ぶという道を選ぶことも未経験で仕事を目指すための手段として挙げられます。
今日のファッション系の専門学校の多くは、学生はもちろん、日々働いている社会人の人々も学べるように昼間部、夜間部と設けています。
なので、ファッション系の専門学校でファッションの専門知識や技術を身につけた上で就職活動をしていくと有利に働くことが多くあります。
したがって、未経験でファッション業界の仕事をしていくからこそ、ファッション系の専門学校でファッションの専門知識や技術を学ぶことも検討しておくと良いでしょう。

まとめ

今回は、未経験でファッションの仕事で働いていくためにはどうすればいいのか、さまざまな方向から見ていきました。
未経験だと働くことができないと思われがちなファッション業界ですが、ファッション業界の現状、そして仕事をするためにさまざまな工夫を重ねていけば、道があるものだと見えてきたのではないでしょうか。
未経験という立場でも、よりファッション業界で多くの仕事に関わっていくためにも、多くのファッションを見ていきながら、さまざまな専門知識や技術を学ぶ機会を作れるように動いてみてはいかがでしょうか。

>>ファッション業界の仕事を詳しく知りたい方はこちら

この記事を執筆したエスモードなら就職率は100%!

エスモードでは毎年卒業生全員が、デザイナー・パタンナーなどの専門職で就職しています。

デザイナー、パタンナーを育成する総合学科では、各学生を理想のキャリアに導くカリキュラムが組まれています。このカリキュラムの実践を通して、流れの激しいファッション産業界で即戦力として通用する人材を育成することで、他の追随を許さない圧倒的な就職実績を誇っています。ご興味がある方はぜひ下記リンクをご確認くださいませ。