就職難に強い資格や手に職つけるなら、スクールがおすすめ!

就職難に強い資格や手に職つけるなら、スクールがおすすめ!

エスモードジャポン 広報部
ESMOD InstagramESMOD twitter

エスモードは、東京恵比寿にあるファッションの学校です。 フランス・パリで世界初のファッション専門教育機関として1841年に開校。 現在は世界13か国に19校あり、その日本校であるエスモードジャポンの広報を担当しています。 世界のネットワークを生かした情報発信とファッション業界について解説していきます。

OPEN CAMPUS:ウェディングドレスの世界 -富貴栄華な仕事の裏側に迫る-

最近では、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響による就職難が深刻化しています。

憧れの職業に就くために学校で勉強してきたのに、その業界に挑戦することもできずに夢を諦めてしまう人も少なくありません。

こんな就職難の時代を生き抜くためには、人材が不足している業界を選ぶ、個人事業主となって仕事を請け負うといった方法があります。

この記事では、就職難の今こそおすすめしたい資格や、手に職をつけるためのスキルを紹介します。

  

エスモードジャポン 広報部
ESMOD InstagramESMOD twitter

エスモードは、東京恵比寿にあるファッションの学校です。 フランス・パリで世界初のファッション専門教育機関として1841年に開校。 現在は世界13か国に19校あり、その日本校であるエスモードジャポンの広報を担当しています。 世界のネットワークを生かした情報発信とファッション業界について解説していきます。

OPEN CAMPUS:ウェディングドレスの世界 -富貴栄華な仕事の裏側に迫る-

就職難におすすめの資格とは?

就職難におすすめの資格とは?
資格を取得していると、その職種に関する知識やスキルがあることを証明できるので、おすすめです。

中でも国家資格は、法に基づき国が認定する資格なので、就職や転職、再就職の際に有利になります。

就職難の状況であってもおすすめの国家資格や、需要のある民間資格にはどういったものがあるかを、見ていきましょう。

行政書士

行政書士は、官公庁へ提出するための書類作成や、手続きを行う専門職です。
国家資格ですが、実は通信講座でも取得することができます。

また、行政書士に似ている資格で、司法書士というものもあります。

司法書士は、法律の知識に基づき、裁判所や法務局といった場所に提出するための書類作成を行います。

いずれも、将来役に立つ資格であり、個人事業主として仕事をすることができるため、多様な働き方に対応できるでしょう。

介護福祉士

国家資格である介護福祉士は、日常生活を送ることが困難な高齢者や障害者をサポートする専門職です。

食事や排泄、入浴といった身の回りの世話や、歩行の際の手助けを行い、介護を受ける人やその家族に対して、生活環境がよりよくなるようにアドバイスを行うことが仕事になります。

高齢化が進み、介護業界は人手不足になっているため、介護福祉士をはじめとする福祉系の資格を取得すれば、福祉業界で活躍しやすくなります。

メンタル心理カウンセラー

新型コロナウイルス感染症による不景気や自粛生活で、心の元気がなくなってしまう人や精神疾患にかかってしまう人も増えてきています。

そのためメンタル系の職業の需要が高まっています。

心理カウンセラーの資格を持っていれば、カウンセラーとして開業もできるので、働き方の幅が広がります。

人の心を支えたいという思いが強ければ、挑戦してみてはいかがでしょうか。

就職難にも!手に職をつけるなら

就職難にも!手に職をつけるなら
資格を取得すれば就職する時に有利になりますが、手に職をつけるということも、就職難の時代において大事になってきます。

手に職をつけるとしたら、どんなスキルが役立つのでしょうか。
その例を見てみましょう。

IT系のスキル

IT化が進んだ現代では、IT系のスキルを身につけておくと有利になります。

様々なシステムやソフトウェアを作ることができるプログラマーや、Webサイトを制作するWebデザイナー、Web上にアップする記事を作成するWebライターといった職業は、個人事業主として仕事を進めることも可能なので、人気が高まっています。

どの職業も、未経験でも開業することができ、特別な資格もいりませんが、既に企業で実積を積んだ人が独立するパターンも多いです。

稼げるようになるには、しっかりと勉強をする必要があります。

外国語のスキル

グローバル化も進み、様々な文章を翻訳する必要性も多くなりました。

そんな中で、外国語のスキルを持っている人は、通訳・翻訳の仕事で独立することも可能です。

外国語の中でも特に需要が高いのは、英語と中国語です。
外国語のスキルは、持っているにこしたことはありません。

外国語が好きな人は、ビジネスで使えるレベルになるまで勉強してみてもいいでしょう。

ものづくり系のスキル

洋服やアクセサリー、小物類を作るのが趣味という人も多いでしょう。
そのようなものづくり系のスキルも仕事にできる可能性があるのです。

近代では、個人が自由にインターネット上で商品を売ることが可能になりました。

オンラインショップやフリマアプリで、自作の洋服やアクセサリーを売って稼いでいる人も少なくありません。

今までは趣味でものづくりをしていた人も、これを機にスキルを磨き、自分の作品を売ってみるのもいいでしょう。

手に職をつけたいならスクールがおすすめ

手に職をつける方法は、独学や通信講座など様々ですが、自分だけの力で知識やスキルを習得するのは簡単ではありません。

特に、ものづくり系のスキルは、プロの技を実際に見て学ぶのが一番効率的なので、専門のスクールに通うことをおすすめします。

スクールなら、同じ志を持った仲間のセンスや熱意に影響を受けることもあり、独学よりも刺激を受けながら学ぶことが可能です。

まとめ

まとめ
就職難を乗り越えるためには、資格を取得する、手に職をつけるといったことが重要なことがわかったのではないでしょうか。

しかし、将来有望な資格と言われても、自分の興味のないことに勉強する時間やお金を費やすのには抵抗があると思います。

これからの時代は、場所や時間に囚われない自由な働き方が広がっていきます。

大好きなものづくりで稼げたら…と思っていた人は、ぜひスキルを身につけて行動を起こしてみてはいかがでしょうか。

ファッション系のスキルを身につけたいなら、エスモードがおすすめです。

エスモードであれば、グローバルに活躍するプロの方からの直接指導が受けられる上に、土曜コースもあるので、平日働きながらでもデザイナーやパタンナーを目指せます。

少しでも興味がある方は、まずはエスモードのオープンキャンパスを体験してみるのはいかがでしょうか。

この記事を執筆したエスモードなら就職率は100%!

エスモードでは毎年卒業生全員が、デザイナー・パタンナーなどの専門職で就職しています。

デザイナー、パタンナーを育成する総合学科では、各学生を理想のキャリアに導くカリキュラムが組まれています。このカリキュラムの実践を通して、流れの激しいファッション産業界で即戦力として通用する人材を育成することで、他の追随を許さない圧倒的な就職実績を誇っています。ご興味がある方はぜひ下記リンクをご確認くださいませ。