手に職つけたい30代におすすめのスキル

働く女性イメージ

エスモードジャポン 広報部
ESMOD InstagramESMOD twitter

エスモードは、東京恵比寿にあるファッションの学校です。 フランス・パリで世界初のファッション専門教育機関として1841年に開校。 現在は世界13か国に19校あり、その日本校であるエスモードジャポンの広報を担当しています。 世界のネットワークを生かした情報発信とファッション業界について解説していきます。

OPEN CAMPUS:ウェディングドレスの世界 -富貴栄華な仕事の裏側に迫る-

今まで何となく仕事を続けてきたけど、周りの友人は資格取得や、転職をしている人が増えてきた、と将来に対して不安を感じている人も多いと思います。

30代になってしまったけど、今からでも何か手に職をつけなければ…という焦りもあるかもしれません。

今回は、手に職をつけたい30代の人におすすめのスキルと、その選び方のポイントについてご紹介します。

  

エスモードジャポン 広報部
ESMOD InstagramESMOD twitter

エスモードは、東京恵比寿にあるファッションの学校です。 フランス・パリで世界初のファッション専門教育機関として1841年に開校。 現在は世界13か国に19校あり、その日本校であるエスモードジャポンの広報を担当しています。 世界のネットワークを生かした情報発信とファッション業界について解説していきます。

OPEN CAMPUS:ウェディングドレスの世界 -富貴栄華な仕事の裏側に迫る-

手に職つけたい30代が考慮すべきポイント

悩む女性

一般的に、30代は20代に比べると転職の際の選択肢が狭くなってきます。

30代になってから新しいことに挑戦しても、もう遅いのでは、世間に受け入れてもらえないのでは、と固定概念に囚われてしまうことも多いでしょう。

事実、年齢が重視される職種が存在するのは確かですが、この世の全ての仕事が同じ条件だということはあり得ません。

30代がこれから手に職をつけたい場合、どんなことを考慮すべきなのかということについて、説明していきます。

年齢が重視されない仕事を選ぶ

まず狙いたいのは、年齢が重視されない職種です。

もちろん年齢だけが全てではないので、30代であることを否定的に捉える必要はありません。

しかし、世間ではどうしても年齢が重視されてしまう傾向にあります。

もし、年齢が重視される業界に挑戦したいのであれば、難しさを承知の上で、覚悟を決めて挑戦する必要があるでしょう。

どんなスキルを身につけるべきか悩んでいる人は、年齢が関係ない業界や職種を選ぶと、転職がスムーズです。

将来性のあるスキルを身につける

近年ではAIが様々な業界で取り入れられ始め、数十年後には、ほとんどの仕事がAIに取られてしまい、多くの人が失業するという予想がされています。

あくまで予想なので実際のところは誰にもわかりませんが、AIが代用される仕事が増えてくることは確かでしょう。

30代はまだまだ若手であり、これから30年以上働き続ける世代です。

手に職をつけるのであれば、将来を見据えて、AIでは代替がきかないスキルを身につけると安心できます。

独立できるスキルかどうか考える

近年では、本業とは別に副業を持つ人が増えてきています。

情報の受信・発信が気軽にできるようになり、誰でも簡単にビジネスを始める、好きなことを副業にする、といったことが可能になりました。

それに伴い、独立してフリーランスとして働く人の割合も増え続けています。

独立すれば自由なワークスタイルが手に入る一方で、事務的な作業も全て自分一人でこなさなくてはいけないので、苦労します。

しかし、将来は独立することも可能になるようなスキルを身につければ、可能性が広がるのです。

30代が手に職つけたいならこのスキル

働く女性イメージ2

手に職をつけたい30代の人は、どのようなスキルを身につけるのが良いのでしょうか。

上記で紹介したポイントを踏まえながら、これからの時代におすすめしたい4つのスキルをご紹介していきます。

洋服作りのスキル

洋服作りと聞くと、デザイナーやパタンナーなど、ファッション業界でバリバリ働いているイメージがあると思います。

しかし近年では、自作した洋服をネットショップやフリマアプリで販売して、収益を得るという働き方をしている人も存在するのです。

自分でデザインした服を売る人もいれば、クライアントからの依頼を受け、要望に沿って服を作る場合もあります。

ネットで売られているハンドメイドの服やアクセサリーは、ファッションにオリジナリティを取り入れたい人から人気を集めています。

ネイリストのスキル

ネイリストは、30代の女性にも人気の資格です。

人気の理由は、年齢制限がそこまで厳しくないということ、フリーランスとして仕事ができる可能性があることでしょう。

趣味が高じてネイリストを目指すという方も少なくありません。

ネイリスト一本で生計を立てるのは簡単ではありませんが、本業をもちながら副業でネイリストの仕事をするという選択肢もあります。

心理カウンセリングのスキル

心の病を抱える人が年々増え続けている中で、心理カウンセラーの需要は高まっています。

心理カウンセラーは、病院に勤める臨床心理士とは違って、大学などで心理学を学んでいなくても目指せる職業です。

通信講座で学んで資格を取れば、未経験からの転職や、自分で開業することも可能になります。

心理カウンセラーには、心理学の知識だけでなく、相手の気持ちを汲み取る、相手の話を言葉にしてまとめるといったコミュニケーションスキルも必須です。

介護系のスキル

高齢化が加速するこれからの時代、絶対に必要とされるのが介護系の仕事です。

現在でも人手不足が深刻な上に、対人の仕事なので、全てをAI化することも難しく、将来性がある業界といえます。

介護業界は忙しく、新卒を育てる余裕がない職場も多いため、社会人経験と若さを兼ね備えた30代にとっては、目指しやすいかもしれません。

洋服作りのスキルは独学よりスクールで

働く女性イメージ3

洋服を作って売ることを仕事にしたい場合は、独学よりもファッション専門のスクールなどで学んだ方が確実なスキルが身につきます。

スクールに通うことで、デザイナーやパタンナー志望者と同じように学ぶことができるのです。

そのような専門的な知識やスキルを身につけることで、より実用性の高い洋服を自作することが可能になります。

ネットで自作した服が売れても、動きにくかったり、着心地が悪いものであれば、リピーターはつきません。

逆に、動きやすく、着心地が良い服を売ることでリピート率が上がり、口コミでファンを増やすことができる可能性もあるのです。

おすすめはファッション専門のエスモード

本格的な服作りのスキルの学ぶのであれば、ファッション専門スクールのエスモードがおすすめです。

エスモードでは、グローバルな環境で、現場を知り尽くしたプロの技術を学ぶことができます。

土曜コースもあるので、働きながら夢のための勉強を進めたい人も安心です。

少しでも気になったら、無料の資料請求やオープンキャンパスに申し込んでみてはいかがでしょうか。

この記事を執筆したエスモードなら就職率は100%!

エスモードでは毎年卒業生全員が、デザイナー・パタンナーなどの専門職で就職しています。

デザイナー、パタンナーを育成する総合学科では、各学生を理想のキャリアに導くカリキュラムが組まれています。このカリキュラムの実践を通して、流れの激しいファッション産業界で即戦力として通用する人材を育成することで、他の追随を許さない圧倒的な就職実績を誇っています。ご興味がある方はぜひ下記リンクをご確認くださいませ。