ファッション・服飾の専門学校のカリキュラムについて

ミシンでの裁縫

エスモードジャポン 広報部
ESMOD InstagramESMOD twitter

エスモードは、東京恵比寿にあるファッションの学校です。 フランス・パリで世界初のファッション専門教育機関として1841年に開校。 現在は世界13か国に19校あり、その日本校であるエスモードジャポンの広報を担当しています。 世界のネットワークを生かした情報発信とファッション業界について解説していきます。

OPEN CAMPUS:ウェディングドレスの世界 -富貴栄華な仕事の裏側に迫る-

ファッション・服飾の専門学校はたくさんありますが、「将来どんなスキルを活かしたいのか」「どんな知識や技術を専門的に学びたいのか」によって、適したカリキュラムが組まれた学科やコースを選ばなければなりません。

この記事では、ファッション・服飾専門学校で学べることやカリキュラムの詳細について説明します。
  

エスモードジャポン 広報部
ESMOD InstagramESMOD twitter

エスモードは、東京恵比寿にあるファッションの学校です。 フランス・パリで世界初のファッション専門教育機関として1841年に開校。 現在は世界13か国に19校あり、その日本校であるエスモードジャポンの広報を担当しています。 世界のネットワークを生かした情報発信とファッション業界について解説していきます。

OPEN CAMPUS:ウェディングドレスの世界 -富貴栄華な仕事の裏側に迫る-

ファッション・服飾の専門学校では主に何が学べるのか

ファッション・服飾系の専門学校では、具体的にどんな内容を学べるのでしょうか。

それぞれのスキルについて詳しく解説していきましょう。

デザイナースキル

デザイナーが作り出すデザイン画は、いわば洋服の設計図です。

人が着用する形になるよう、現実的かつトレンドやブランドの色を反映させた独自性が必要です。

そのために造形美の原則や色彩・配色に対する知識、プロポーションの基本を学び、デザインする上での独自性や想像力、表現のテクニックなどを身につけ、頭の中にあるデザインを具現化するスキルを習得します。

将来企業やブランド、メーカーのデザイナーや商品企画として活躍するために必要なスキルです。

服飾の制作スキル

繊維や布地の種類や性能、特徴やカラーリング、パターンメイキングやパターンメイキングに必要なCADの知識、その他裁縫や造形の知識や技術を学ぶことで、洋服作りのスキルを習得します。

コースによっては、高級素材や特殊素材の知識や伝統技法、装飾手芸など、オートクチュール専門の服飾制作スキルを学べるところもあります。

服飾の制作スキルは、デザイナーが作成したデザイン画を、立体的な洋服の形にするために型紙におこすプロフェッショナルであるパタンナーとして活躍するために必要です。

スタイリストスキル

ファッションの知識はもちろん、メイクの技術や色彩、素材、品質管理、裁縫、パターンなど幅広い知識を体系的に学び、似合う服や髪型、色や柄などを診断できるスキルを身に付けます。

そうした知識や技術を、プロのモデルを活用した撮影などの実習を通して、社会に出て役立てられる実践的なスキルへと昇華します。

商品の企画力

ブランドや企業にとって、時代の流れや独自性を汲み取りながら、どのような商品を作るべきかを見極めて形にしていく力は重要です。

そうしたアパレル商品の企画力を学ぶカリキュラムも専門学校にはあります。

コンセプトやターゲットの企画・立案のスキルはもちろん、服飾史やデザイン、パターンの基礎、生産管理の知識やマネジメント、マーケット分析などファッションに関する幅広い知識を体系的に学びます。

マーケティング力

企画・製造された商品が効率的に販売できるよう、市場の分析や製造・流通についての知識、宣伝や販売戦略の立て方などを重点的に学ぶことで、ファッション業界で通用するマーケティング力が習得できます。

分析力や提案力、プロモーション力を養い、将来企業やブランドの商品企画やプレス、マーチャンダイザー(MD)として活躍するための基礎を固めていきましょう。

ファッション・服飾の専門学校によって重視するカリキュラムが違う

スマホを見る2人
専門学校ごとやコースごとに定められたカリキュラムが違い、重点的に学べる内容が異なる場合があります。

自分に適したカリキュラムを選ぶには、何に注意すべきなのでしょうか。

学科やコースによってもカリキュラムが異なる

ファッション・服飾系のファッション専門学校では、ファッションに関する知識や技術を体系的に学べます。

しかし、学科やコースによってカリキュラムが異なり、専門的に学べるスキルがそれぞれ違います。

今後ファッション業界の中でどの職種に就きたいのか、どの分野で活躍していきたいのかによって、どのカリキュラムを選ぶべきかが変わってくるため、将来を見定めつつ慎重に選びましょう。

自分に合った学校を選ぶためには

オープンキャンパスへ行く生徒
HPやパンフレットで各専門学校の授業内容やカリキュラムを知ることは可能です。

しかし生徒や講師の雰囲気を知り、自分とマッチする学校を選ぶためには、ぜひ入学説明会や体験入学に行ってみましょう。

学校内に入って模擬授業を受けることで、自分が通学している状況をリアルに想像できます。

ファッション・服飾系の専門学校を選ぶ上では、将来のことを見据えつつ、募集要項や体験入学でカリキュラムを比較しながら選んでみてください。

まとめ

ファッション・服飾系専門学校のカリキュラムについてご紹介しました。

どの学校でも独自のカリキュラムを提供しているため、自身の学びたい知識やスキルを習得できる学校が必ず見つかります。

また、ファッションに関する知識を体系的に学びたいなら、ファッション業界を牽引するクリエイターを育成するエスモードを選択肢に入れてみませんか。

エスモードには、デザイナーやパタンナーを目指す人材を育成する総合コースや、海外での活躍を視野に入れたイングリッシュコースやパリ留学コースなど、それぞれの目的に合わせた専門的なカリキュラムが用意されています。

入学説明会や体験入学で、ぜひカリキュラムや各授業の詳細を聞いたりなどして、模擬授業を体験してみてくださいね。

ファッション・服飾の専門学校は就職に有利?学費や学校選びのポイント

この記事を執筆したエスモードなら就職率は100%!

エスモードでは毎年卒業生全員が、デザイナー・パタンナーなどの専門職で就職しています。

デザイナー、パタンナーを育成する総合学科では、各学生を理想のキャリアに導くカリキュラムが組まれています。このカリキュラムの実践を通して、流れの激しいファッション産業界で即戦力として通用する人材を育成することで、他の追随を許さない圧倒的な就職実績を誇っています。ご興味がある方はぜひ下記リンクをご確認くださいませ。