「ニット」と「セーター」違いが分かりにくいファッション用語を解説

エスモードジャポン 広報部
ESMOD InstagramESMOD twitter

エスモードは、東京恵比寿にあるファッションの学校です。 フランス・パリで世界初のファッション専門教育機関として1841年に開校。 現在は世界13か国に19校あり、その日本校であるエスモードジャポンの広報を担当しています。 世界のネットワークを生かした情報発信とファッション業界について解説していきます。

OPEN CAMPUS:ウェディングドレスの世界 -富貴栄華な仕事の裏側に迫る-

ニットとセーターの違いとは?
似たようなファッション用語の違いを解説します。

記事の最後には、ニットとセーター以外にも似たようなファッション用語の違いを解説しています。

最近ファッションの勉強を始めた方は、ぜひ読んでみてください。


エスモードジャポン 広報部
ESMOD InstagramESMOD twitter

エスモードは、東京恵比寿にあるファッションの学校です。 フランス・パリで世界初のファッション専門教育機関として1841年に開校。 現在は世界13か国に19校あり、その日本校であるエスモードジャポンの広報を担当しています。 世界のネットワークを生かした情報発信とファッション業界について解説していきます。

OPEN CAMPUS:ウェディングドレスの世界 -富貴栄華な仕事の裏側に迫る-

ニットとセーターの違い

ニットとセーターの違いを簡単に説明すると、ニットは生地、セーターはニット生地でできたトップスです。
つまり、ニットは生地の一種、セーターは衣類の一種ということです。

ニットとは、1本の糸でループを作りながら編まれた生地。
縦と横の糸で構成される織物と比べて、伸縮性や着心地が良く、シワになりにくいのが特徴です。

セーターとは、ニット素材で作られたトップスのこと。
ニット素材で作られるアイテムはセーターに限らず、ボトムスや帽子、マフラーなどさまざまあります。

このようなニットでできたアイテムを「ニット」と呼ぶこともあるため、ニットとセーターは混同されやすいのです。

スウェットとの違い

スウェットはニットの一種です。
綿を平編みにしたニットのことを、スウェットと呼びます。
裏地には、パイル織物というタオルのような起毛感のある素材が使われています。

ニット素材の種類

そもそもニットとは、どんな原料からできているのでしょうか。
ニットの原料は3種類に分類されます。

1つの原料を100%使用することもあれば、複数の原料を混ぜて使うことも。

化学繊維

化学繊維は人工的に作られた繊維素材で、耐久性があり比較的安いのが特徴です。

  • アクリル:保温性が高く、ウールに近い
  • ポリエステル:耐久性が高く、コットンに近い
  • ナイロン:軽量で耐久性が高い。天然繊維と混ぜて使われる

動物繊維

動物の毛からできた天然繊維で、軽くて暖かいのが特徴です。

  • ウール:羊毛から生産。保温性が高い
  • カシミヤ:カシミヤヤギの毛から生産。保温性が高く、肌触りも良い高級素材

植物繊維

植物からできた天然繊維で、柔らかく素肌に優しいのが特徴です。

  • コットン:綿花から生産。肌触りが良い
  • リネン:亜麻科の植物から生産。吸水性や通気性に優れる

編み目や編み方の種類

編み目や編み方の種類
ニットは、ゲージと呼ばれる編み目の密度によっても分類されます。

  • ハイゲージ:編み目が細かく、スマートな印象に
  • ローゲージ:編み目が大きめで粗く、手編みのような温かみがある
  • ミドルゲージ:ハイゲージとローゲージの中間

また、セーターの編み方にも違いがあります。

  • 天竺編み:ベーシックな平編
  • ケーブル編み:縄のような模様の編み目が特徴
  • リブ編み:ストライプのような縦の筋が立体的に入っている
  • ワッフル編み:格子状の凸凹模様の編み目が特徴

違いが分かりにくいファッション用語

違いが分かりにくいファッション用語
ニットとセーター以外にも、違いが分かりにくいファッション用語はいくつかあります。
最後に、違いが分かりにくいファッション用語をいくつか解説しましょう。

デニムとジーンズ

デニムとは丈夫な綾織りの厚地綿布のこと、ジーンズとはデニム生地で作られたパンツのことを指します。

つまりデニムとジーンズは、ニットとセーター同様「生地」と「衣類」ということです。

アクセサリーとジュエリー

アクセサリーとは装身具全般、ジュエリーとは装身具の中でも希少価値の高い素材を使った宝飾品を指します。

アクセサリーとは装飾用に身につけられるものを指し、ネックレスやリングなどに限らず、ベルトやヘアバンドなども含まれます。
一方ジュエリーとは貴金属や宝石を使った宝飾品のことで、装身具の一種です。

つまり、ジュエリーはアクセサリーの一種ということです。

アパレルとファッション

アパレルとは、既製服や衣料品産業全般を指す言葉で、ビジネス要素が強いのが特徴です。

対してファッションは、衣類や小物、ヘアメイクなど身に着けるもの全体を意味し、クリエイティブを指す時に使われます。

3分でわかる「アパレル」と「ファッション」の違いとは?

まとめ

ニットは生地の一種、セーターとはニット素材でできたトップスのことです。
ニットとセーターが混同されやすいのは、ニット素材でできたアイテムのことを「ニット」と呼ぶこともあるからです。

ファッション用語には、このように似たような言葉がよくあります。
なんとなく聞いたことがあっても、意味をきちんと説明できない言葉も多いのではないでしょうか。

ESMOD Fashion Work Mediaでは、ファッションの基礎知識を学べるコラムを多数掲載。
ファッションの基礎について知りたい方は、活用してみてはいかがでしょう。

>>ファッションの基礎知識|Esmod Fashion Work Media

この記事を執筆したエスモードなら就職率は100%!

エスモードでは毎年卒業生全員が、デザイナー・パタンナーなどの専門職で就職しています。

デザイナー、パタンナーを育成する総合学科では、各学生を理想のキャリアに導くカリキュラムが組まれています。このカリキュラムの実践を通して、流れの激しいファッション産業界で即戦力として通用する人材を育成することで、他の追随を許さない圧倒的な就職実績を誇っています。ご興味がある方はぜひ下記リンクをご確認くださいませ。