未経験でもパタンナーになれる?ポイントについて解説

未経験でもパタンナーになれる?ポイントについて解説

エスモードジャポン 広報部
ESMOD InstagramESMOD twitter

エスモードは、東京恵比寿にあるファッションの学校です。 フランス・パリで世界初のファッション専門教育機関として1841年に開校。 現在は世界13か国に19校あり、その日本校であるエスモードジャポンの広報を担当しています。 世界のネットワークを生かした情報発信とファッション業界について解説していきます。

OPEN CAMPUS:ウェディングドレスの世界 -富貴栄華な仕事の裏側に迫る-

結論から言うと、パタンナーの勉強を一度もしたことがないという人は、パタンナーにはなれません。

パタンナーは技術職であり、テクニックが必要です。

人体と服の理論を理解しないと、身体が思うように動かせない服になってしまいます。

着心地がよく、身体のスムーズな動きに対応して、シルエットがきれいなのが理想の服です。

それを実現するには、専門の学校でテクニックを身につけなくてはなりません。

最初は、定規で正確に線を描くこともできなかった学生が、徐々に技術を身に着けて、最後には自分の力だけで作品を仕上げていく姿は、とても頼もしいです。

  

エスモードジャポン 広報部
ESMOD InstagramESMOD twitter

エスモードは、東京恵比寿にあるファッションの学校です。 フランス・パリで世界初のファッション専門教育機関として1841年に開校。 現在は世界13か国に19校あり、その日本校であるエスモードジャポンの広報を担当しています。 世界のネットワークを生かした情報発信とファッション業界について解説していきます。

OPEN CAMPUS:ウェディングドレスの世界 -富貴栄華な仕事の裏側に迫る-

未経験でパタンナーとして就職するためのポイント

実務未経験でパタンナーとして就職するためには、まず服が好きであること、研究熱心であることが大事です。

前向きな取り組みは、どの職種でも必要ですが、パタンナーも例外ではありません。

行動力があり、理論と技術を備え、それを利用した応用ができることが必要です。

服は一つとして同じ形になりません、流行が変われば服も変化していくので、それに対応する力も求められます。

CADの技術を学ぶ

パタンナーの仕事は年々発展しています。

今までは、パターンを手描きで紙に書いて、布で形を見て修正し、再度組み立てて形を確認…そしてパターンを修正する、といった手順を何度か繰り返すのが普通でした。

しかし、そうすると、かなりの時間と労力、生地、パターン用紙が必要になります。

CADが発展したのは、そういったコストの削減と時間短縮の目的以外にも、品質の安定と均一化、そして技術の蓄積と管理ができるからという理由があるのです。

現在はほとんどの企業でCADが使われているので、これからのパタンナーはCADの技術が必須条件になります。

アシスタントとして下積みをする覚悟をする

実務未経験であるということは、まだパタンナーとしてやっていくのに必要なスキルが十分に培われていないことになります。

まだ経験が浅いのに、最初から自分の好きなように仕事を進めるわけにはいきませんよね。

先輩に色々と教えてもらいながら、経験を積んでいきましょう。

服飾専門の学校へ行く

ヌードの原型を用意している企業は少ないです。

専門学校がヌードの原型を使用しているのは、身体からどこがどのくらい離れ
ると良いのか、身体の各部位の運動量はどれくらいかといった理論を学ぶためです。

この理論がわかると様々な服への応用ができます。

学生はヌード原型を見ながら何度も、服によって異なるゆとりを入れる練習をします。

これは、専門の学校に通うことで身に付く技術なのです。

未経験でパタンナーを目指す上での注意点

未経験でパタンナーを目指す上での注意点

実務未経験でパタンナーとして働きたい場合、年齢が上がると難易度も高くなります。

実務未経験の人はどういった点に気をつければいいのでしょうか。注意点を見ていきましょう。

年齢が上がると未経験での採用が少なくなる傾向がある

ヤングブランドになればなるほど、若い人がチーフになっています。

自分より年上の人は扱いにくい、会社に入ってから経験を積み重ねて行くのに数年かかるという理由で、年齢が上がると実務未経験での採用が少なくなる傾向があります。

技術を習得するためには、様々なことに考えを巡らし、柔軟な対応ができることが必要です。

年齢が上がるにつれて、その柔軟性が失われていくので、扱いにくいとされることが多いのでしょう。

もし、ある程度歳をとっていて挑戦したいのであれば、若い子よりも優れた技術や感性、人間性を養う必要があります。

技術と経験が何より求められる

服のパターンは、毎回同じではありません。服のデザインが変われば、パターンも変わります。

日々技術と知識を積み重ねた人であれば、服のデザインを見ただけで、ある程度の形やディテールがわかるようになります。

その技術と経験はスピーディな作業につながり、正確なパターンは時間の短縮やコスト削減につながります。

全くの未経験ではパタンナーへの就職が難しい

会社としては、新入社員でも利益をもたらしてほしいと考えます。

即戦力になるならいいですが、何も知らない人を一から育てていこうという会社は、残念ながらほとんどありません。

ある程度の基本的な知識、専門用語と専門技術をもっていないと仕事にならないからです。

今からパタンナーを目指すなら

今からパタンナーを目指すなら

パタンナーを目指すなら、専門の学校のエスモードがおすすめです。

エスモードでは理論をしっかりと学べて、基本的な形から応用に至るまでの縫製テクニックも理解することができます。

そのため、自分で考え、研究し、それを形作っていくことが可能になるのです。

また、色々な専門技術を持った講師がいるので、自分に必要な、より高度で特殊な技術も得ることができます。

他の生徒の考えも教えてもらえるので、研究をし、学び続けていくという積極的な考えに代
わっていきます。

確かな技術を得るためには、しっかりとした土台が必要です。

エスモードは、技術的にも精神的にもそれが得られる学校だと言えます。

まとめ

ファッション系の学校で専門知識を学ばなければ、パタンナーにはなれないと言っても過言ではありません。

エスモードであれば、外国籍の講師や生徒が在籍するインターナショナルな環境で、パタンナーになるための勉強ができます。

また、土曜コースもあるので、平日働きながら夢のための勉強をすることができるのです。

資料請求やオープンキャンパスは無料なので、ぜひ気軽に利用してみてはいかがでしょうか。

この記事を執筆したエスモードなら就職率は100%!

エスモードでは毎年卒業生全員が、デザイナー・パタンナーなどの専門職で就職しています。

デザイナー、パタンナーを育成する総合学科では、各学生を理想のキャリアに導くカリキュラムが組まれています。このカリキュラムの実践を通して、流れの激しいファッション産業界で即戦力として通用する人材を育成することで、他の追随を許さない圧倒的な就職実績を誇っています。ご興味がある方はぜひ下記リンクをご確認くださいませ。