アパレル企画になるには

アパレル企画2

エスモードジャポン 広報部

エスモードは、東京恵比寿にあるファッションの学校です。 フランス・パリで世界初のファッション専門教育機関として1841年に開校。 現在は世界13か国に19校あり、その日本校であるエスモードジャポンの広報を担当しています。 世界のネットワークを生かした情報発信とファッション業界について解説していきます。

ファッション好きの学生で、アパレル企業への就職を志望している人は多いのではないでしょうか。
アパレル企業には商品を企画する部門が存在し、どのようなアパレル商品を生産・販売するかを考えています。
ここではそんなアパレル企画の仕事について、なるための方法や仕事内容などを詳しくお教えしていきます。


エスモードジャポン 広報部

エスモードは、東京恵比寿にあるファッションの学校です。 フランス・パリで世界初のファッション専門教育機関として1841年に開校。 現在は世界13か国に19校あり、その日本校であるエスモードジャポンの広報を担当しています。 世界のネットワークを生かした情報発信とファッション業界について解説していきます。

アパレル企画になるための方法

アパレル企画の職につくには、まずはアパレル企業に就職する必要があります。
企画職だけでなく、総合職や営業職なども同様ですが、本社勤務の職種の場合には学歴として「大卒」以上が求められることが多いです。
アパレル企業でも、中には学歴の問われない求人が出ている場合がありますが、その場合はショップなどのスタッフとしての採用である場合もよくあります。そのため、エントリーの段階でよく確認しましょう。
また、アパレル企画職は常に一定の需要があるものの、人気の高い職種でもあります。そのため、アパレル企業に入社することができたとしても簡単に就くことはできないかもしれません。
入社後にまずは営業や販売、開発部門などで経験を積み、業界の必須知識を身につけたのちに、業績や働きが評価されて企画部門に配属されるという流れが一般的なようです。

ロードマップ

アパレル企画の仕事

アパレル企画1

仕事内容

アパレル企業は、アパレル商品を企画・生産し、卸売または販売を行う会社のことを指します。
その中でアパレル企画職は企画部門に属し、トレンドや消費の動向を見極めた上で商品を企画、販売戦略の立案などの仕事をしています。
そのため、商品の企画ではただデザイン性だけを求めるのではなく、他社商品の調査やマーケティングなども行った上でアイデアを固めていかなくてはいけません。
また、アパレル企画は企画部門の中だけの仕事ではなく、生産工場や営業部門などとの連携も求められます。あらゆる部署との打ち合わせの後に、最終的な決定案を出すのです。

アパレル企画の具体的な仕事内容についてはこちら

勤務状況

アパレル企画の平均的な勤務時間は、おおよそ一般的な会社員と同じように9:00~18:00または10:00~19:00くらいで、実働8時間ほどとなっています。
アパレル企業の中でも部署によって残業状況などは異なりますが、企画部門では新作の企画が立て込む時期や発表の時期などには残業が増えることもあります。
また、打ち合わせ相手とのスケジュールの折り合いがつかない場合には始業前に時間をとって打ち合わせに出向くなどといった場合もあります。
休日は基本的に土日祝日となり、夏季休暇や年末年始休暇なども十分に取れるようになっています。

アパレル企画の1日の詳細はこちら

収入

アパレル企画の収入は、同じアパレル業界の他職種と比べても高い水準になっています。
その理由として、アパレル企画職に就いている人には、営業や販売などの分野である程度の経験を積んできている人が多く、企画から生産、販売までの一通りの工程においての幅広い知識やスキルを持ち合わせていることが多いということが挙げられます。
平均的な年収はおおよそ5年目で400万円前後、10年目で600万円前後というのが相場になっています。

アパレル企画の収入の詳細情報はこちら

アパレル企画の活躍の場所

アパレル企画職の人は、基本的にアパレル企業の企画部門に所属して仕事をすることになります。
しかしながら仕事上、他部署とのコンタクトも多いため、常に部署内にいるということはありません。社内の他部署だけでなく、生産工場などとの打ち合わせに出向くことも多く、社内外問わず動き回っているのが基本です。
こういった企画部門は企業内でも花形の部門として認識され、アパレル企画職に憧れる人はたくさんいます。

アパレル企画に必要なスキル

アパレル企画3

アパレル企画は、商品の企画や生産、販売まで幅広い業務に関わることになります。
しかし就職以前に身につけておかなくてはいけないスキルがあるわけではなく、アパレル企画職の人のほとんどは就職後に業務の中で必要なスキルを身につけていく形になります。
またアパレル企画として働く上で、必須とされる資格は特にありません。
学生時代に何か専門的な勉強をしておかなくてはいけないということもなく、アパレル企業に就職して地道に経験を積んでいくことで、就くことが可能な職種です。
しかし、アパレル企画職としてのキャリアアップの助けとなる資格はいくつか存在しています。

アパレル企画に関する資格

ファッションビジネス能力検定試験

アパレル業界で働く上で求められる、ビジネスの基本や造形の知識などを証明することのできる資格です。
特にアパレルの企画、生産、流通などの分野の知識が問われ、これはアパレル企画職の業務の範囲と重なるため、取得しておくと仕事に有利に働くでしょう。

アパレル企画に向いている人・適性

アパレル企画職の仕事の特徴として、業務上あらゆる職種の人と関わる機会が多いということがあります。
社内だけに限らず、社外の人とのミーティングも多いため、コミュニケーション能力は特に重要な適性だと言えるでしょう。
また、普段から各方面に動き回ることが多い職種でもあります。そのため、積極的で活発な人も向いています。
そのほか、論理的に考えたり、計画を立てることが得意だという人もアパレル企画に向いている職業です。
生産や販売、流通の計画を立てることもアパレル企画の仕事であり、データなどに基づいた根拠のある計画や判断が求められるのです。

アパレル企画の適性とは?向いている人をご紹介

アパレル企画という仕事のやりがい

会社の売り上げへの貢献

アパレル商品の企画から流通まで全ての分野に携わっているアパレル企画の最も大きな目標は、「最大の売り上げを達成する」こと。そのために市場調査やマーケティングを行い、論理的に販売戦略を立てていくのです。
アパレル企画の判断によって利益や売り上げが大きく左右されることもあり、プレッシャーの大きい仕事ではありますが、そのぶん期待以上の売り上げを達成することができた際にはこの上ない喜びや誇りを感じることができるでしょう。

自分のセンスを形にすることができる

アパレル企画のやりがいは、実際に自分が企画した商品が形になって世に出るというところにもあります。
自分自身の感性やセンスを元に、多くの人と協力して生み出した商品が実際に店頭に並んで販売されているのを見る瞬間は、何にも代えがたい喜びを感じることができるでしょう。

常に流行の中心にいることができる

アパレル企業から出る新作商品というのは、そのほとんどが今のトレンドに則ったものになっています。
そういった商品を生み出すアパレル企画は、当然つねにその時の流行をキャッチし、把握しておく必要があります。
まさに仕事自体が流行の中心にあると言っても過言ではないものなのです。

アパレル企画のやりがいとは

アパレル企画の現状と将来について

ネットでの買い物が主流になりつつある現在では、アパレル商品もネットで簡単に欲しいものを買うことのできるようになりました。
その結果、消費者の需要も多様化しており、以前よりも有力なニーズの見極めが難しくなっているようです。
しかしアパレル企画担当者はさらに新しいニーズを発掘し、新商品の生産に励んでいます。
アパレルに限らず、商品企画の仕事は将来的にも機械で代用できてしまうようになる可能性の低いものだとされています。流行を捉え、消費者のニーズを見極め、それに最適な商品のアイデアを生むという作業は、まだ機械ができることではないのです。
今後は消費者のニーズの多様化にさらに対応し、企画部門内でもさらに部門の細分化が為されていくことも予想されます。

まとめ

アパレル企画職につくためには、アパレル企業に就職して業界である程度の経験を積む必要があります。
就職の段階で専門的なスキルが求められるということはなく、就職後に業務の中で幅広い知識やスキルを身につけていくことになります。
消費者のニーズの多様化によって市場の見極めも難しくなっていますが、今後も機械に取って代わられる可能性の低い職業とされています。

この記事を執筆したエスモードなら就職率は100%!

エスモードでは毎年卒業生全員が、デザイナー・パタンナーなどの専門職で就職しています。

デザイナー、パタンナーを育成する総合学科では、各学生を理想のキャリアに導くカリキュラムが組まれています。このカリキュラムの実践を通して、流れの激しいファッション産業界で即戦力として通用する人材を育成することで、他の追随を許さない圧倒的な就職実績を誇っています。ご興味がある方はぜひ下記リンクをご確認くださいませ。