アパレル企画の適性とは?向いている人をご紹介

アパレル企画

エスモードジャポン 広報部
ESMOD InstagramESMOD twitter

エスモードは、東京恵比寿にあるファッションの学校です。 フランス・パリで世界初のファッション専門教育機関として1841年に開校。 現在は世界13か国に19校あり、その日本校であるエスモードジャポンの広報を担当しています。 世界のネットワークを生かした情報発信とファッション業界について解説していきます。

OPEN CAMPUS:ウェディングドレスの世界 -富貴栄華な仕事の裏側に迫る-

「ファッションが好きな人」、「商品の企画をしたい人」にとって、アパレル企画は人気の職業といっていいでしょう。

このページでは、アパレル企画の仕事内容を踏まえつつ、どのような人が向いているのか適正について紹介していきます。

ぜひ参考にしてみてください。


エスモードジャポン 広報部
ESMOD InstagramESMOD twitter

エスモードは、東京恵比寿にあるファッションの学校です。 フランス・パリで世界初のファッション専門教育機関として1841年に開校。 現在は世界13か国に19校あり、その日本校であるエスモードジャポンの広報を担当しています。 世界のネットワークを生かした情報発信とファッション業界について解説していきます。

OPEN CAMPUS:ウェディングドレスの世界 -富貴栄華な仕事の裏側に迫る-

アパレル企画の仕事内容とは

アパレル企画アパレル企画とは、市場調査やトレンド、消費者のニーズ、シーズンごとのコンセプトなどを考慮しながら新商品を企画し提案する仕事です。

商品設計を考えるデザイナーとともに、どのようなデザインにするか、どのような生地を使うか、どのくらいの量を生産するか、予算はいくらにするかなどを考えます。

そして商品が出来上がった後は、生産数と生産過程で生じるさまざまなコストを加味し、利益を確保できる価格付けを行います。

企画を練るだけが仕事じゃない

アパレル業界における企画職は、商品企画から流通、販売に至るまで幅広く担当します。

企業によって業務範囲は異なりますが、単にアイデアを練って終わりということはなく、実際に消費者の手に届くところまでの効果的な売り方を考える仕事と言えます。

アパレル企画に向いている人とは

アパレル企画に向いているのは以下のような人です。

  • 誰とでもコミュニケーションが取れる人
  • 視野が広い人
  • 責任感がある人
  • 柔軟な思考力・発想力がある人
  • ファッションのトレンドに敏感な人

それぞれについて詳しく見ていきたいと思います。

誰とでもコミュニケーションが取れる人

アパレル企画アパレル企画は、基本的に社内・社外問わずさまざまな関係者と企画の出し合いをするため、コミュニケーションを取る機会が多い職種と言えます。

そのため、誰とでも円滑なコミュニケーションが取れるような人がアパレル生産管理の仕事に向いていると言えます。

視野が広い人

良い企画を出すためには、常日頃から広い視野を持って、色々なことに触れておくことが大切です。

普段から物事を広く見渡していると、自然と脳内に過去見た映像がアイデアとなって浮かんでくることがあります。

したがって、視野が広く物事を俯瞰で見渡せる人も、アパレル企画の仕事に向いていると言えます。

責任感がある人

また、責任感がある人もアパレル企画の仕事に向いていると言えます。

数あるプロセスの中でも特に重要と言えるのが、序盤に行う企画の部分です。

ここで良いアイデアが生まれなければ、魅力的な商品へと結びつけるのは難しいです。

企画が最終的な売上を左右すると言っても過言ではないため、責任感の強い人でないとアパレル企画の仕事を続けるのは難しいでしょう。

柔軟な思考力・発想力がある人

アパレル企画の仕事の中でも、メインとなるのが商品企画です。

お客さんが喜んで買ってくれるような商品を作るためにも、頭をフル回転させて思考に没頭することがほとんどです。

とにかく考える時間が多い仕事なので、柔軟な思考力や発想力がある人ほど、業務が捗りやすいと言えます。

ファッションのトレンドに敏感な人

そして、「ファッショントレンドに敏感なこと」も、アパレル企画に向いている人として挙げられます。

多くの人に買ってもらえるような商品を作るには、「いかに人々のニーズを突いているかどうか」が重要となります。

人々の興味は日々移り変わるので、現在のトレンドが何なのかをすぐに察知できる人ほど、アパレル企画の仕事に向いていると言えます。

ファッションビジネス能力検定の資格を持っていると有利に働く

ファッションビジネス検定とは、ファッションビジネスに関する知識と技術を評価する検定の1つです。

ファッション商品の企画・生産・流通に至る全ての工程で必要となるビジネス及びファッションの専門知識と、それらに関連するスキルの習得を目的としています。

この資格を取得することで、アパレル業界から信用を得やすくなります。

就職では有利になりやすいですし、自身の活躍の場も広がるので、本気でアパレル業界で働きたいという方は、資格取得を目指してみると良いでしょう。

まとめ

アパレル企画の仕事は商品企画から流通、販売に至るまで幅広く担当する仕事です。

魅力的なアパレル商品を作るためにも、豊かな発想力や想像力、流行を察知する力、職務を最後まで全うする責任感、スタッフと円滑なやり取りするためのコミュニケーション力などが求められます。

未経験からアパレル企画を目指す場合は、ファッションの専門学校に通いスキルを磨くところから始める必要があります。

ファッションの専門学校は全国に多数ありますが、中でもおすすめなのは「エスモード」です。

「エスモード」ではファッション業界に精通する方々を講師として招き入れ、将来ファッション業界で即戦力となるような人材の育成を行なっています。

ファッション業界で働きたいという方は、「エスモード」への入学を検討してみてはいかがでしょうか?

アパレル企画になるには

この記事を執筆したエスモードなら就職率は100%!

エスモードでは毎年卒業生全員が、デザイナー・パタンナーなどの専門職で就職しています。

デザイナー、パタンナーを育成する総合学科では、各学生を理想のキャリアに導くカリキュラムが組まれています。このカリキュラムの実践を通して、流れの激しいファッション産業界で即戦力として通用する人材を育成することで、他の追随を許さない圧倒的な就職実績を誇っています。ご興味がある方はぜひ下記リンクをご確認くださいませ。