アパレル企画の仕事とは

エスモードジャポン 広報部
ESMOD InstagramESMOD twitter

エスモードは、東京恵比寿にあるファッションの学校です。 フランス・パリで世界初のファッション専門教育機関として1841年に開校。 現在は世界13か国に19校あり、その日本校であるエスモードジャポンの広報を担当しています。 世界のネットワークを生かした情報発信とファッション業界について解説していきます。

OPEN CAMPUS:ウェディングドレスの世界 -富貴栄華な仕事の裏側に迫る-

日々最新のトレンド、流動する消費者が何を求めているのかを追い続け、新たなファッションアイテムを企画するアパレル企画は、ファッション業界の中でも人気の仕事のうちの一つです。
とはいえ、アパレル企画を目指すにあたり、どんな仕事内容であるのかを知っておきたいですよね。そこでこのページでは、アパレル生産管理の仕事内容にはどんなものがあるのか、一つ一つ見ていきましょう。


エスモードジャポン 広報部
ESMOD InstagramESMOD twitter

エスモードは、東京恵比寿にあるファッションの学校です。 フランス・パリで世界初のファッション専門教育機関として1841年に開校。 現在は世界13か国に19校あり、その日本校であるエスモードジャポンの広報を担当しています。 世界のネットワークを生かした情報発信とファッション業界について解説していきます。

OPEN CAMPUS:ウェディングドレスの世界 -富貴栄華な仕事の裏側に迫る-

アパレル企画の仕事

ファッション業界の中でも幅広い仕事を担っているアパレル企画は、本社内にある企画部門に所属しており、日々多彩な仕事をしています。
アパレル企画の仕事の種類にはどんなものがあるのか、ご紹介していきます。

次シーズンの商品企画考案

アパレル企画の仕事<まずは次シーズンの商品企画を考案することです。
アパレル企画の仕事の中でも、もっとも比重のある仕事が商品企画を考案することです。
次シーズンのどのようなコンセプトで作り上げるのか、そのコンセプトに見合うデザインのアイテムにどのような生地を使用するのか、生産量はどうするかを決めながら、予算なども割り出していきます。
次シーズンのコレクションを考案したら、生産した商品をどの程度の量を販売するか、価格を決めるなどの販売計画も行います。
そのため、アパレル企画は商品の生産から流通までの企画を考案し、売上や生産などの数字にも大きく関わっていく仕事であると言えます。

素材・副素材の探し

次は商品に使用する素材・副素材を探すことです。
商品のデザインや使用する生地、生産量などの企画を立て終えたら、アパレル企画は素材や副素材を探していきます。
素材や副素材はマーチャンダイザーやファッションデザイナー、営業などとともに、企画で考案した通り、もしくは近しい素材や副素材を探していきます。
商品の理想に見合う素材や副素材を見つかったときに、コスト関連の交渉を行なうのもアパレル企画の役割です。
そして、理想としている素材や副素材が見つからなかった場合は、海外へ赴き、探しにいくなども行なうため、アパレル企画がこの仕事を行うときは外出や出張などの機会が増えていきます。

サンプル作成の指示出しとチェック

次はサンプル作成の指示出しとチェックを行なうことです。
アパレル企画は、工場で生産する前に必要とするサンプルパターンの作成をパタンナーに指示する役割を担っています。
そして、パタンナーが作成したサンプルパターンをファッションデザイナーやマーチャンダイザー とともにチェックし、問題がなかったら生産をする工場へと持っていき、工場で問題なく生産できるかを確認します。
工場での生産で問題が起きたときは、サンプルパターンを再度見直し、新たに作成した上でチェックを再び行なっていきます。
アパレル企画はサンプルパターンにも深く関わっていることから、工場で商品を効率よく生産できるようにするためにも重要なポジションであるといえます。

店舗や展示会などでの情報収集

店舗や展示会などでの情報収集次は店舗や展示会などで情報を収集することです。
冒頭でもお話ししたように、アパレル企画は日々最新のトレンド、流動する消費者が何を求めているのかを追い続けています。
そのため、日頃から店舗や展示会などで情報収集を行なっていくことはアパレル企画にとって大切な仕事です。
なので、消費者がどのようなものを求めているのかを調べるために、百貨店や専門店、ショッピングモールなどさまざまな場へと足を運びます。
自社や他社で販売されている商品の中でも、どのような商品を手に取っているのか、もしくはどのような色に対して反応を示しているのかなどをリサーチしていきます。
展示会などでは、競合他社がどのような商品を展開しているのか、もしくは他業界ではどのようなサービスが流行しているのかなどを出席しながら調べていきます。
そして、いずれで得た情報を生かしながら、自社の次シーズンの商品企画を考案していきます。

まとめ

今回はファッション業界の商品の企画から流通まで関わっているアパレル企画が一体どんな仕事をしているのかを見ていきました。
アパレル企画は商品の企画から流通までさまざまな工程で関わっていることが見えてきたと思います。
以上の仕事を日々コンスタンスにこなしていくためには、広い視野とファッション関連の知識を豊富に要している必要があります。
さまざまな経験を積むことで広い視野を身につけ、ファッションの知識を身につけるために、ファッション関連の専門学校や大学、短大で学びに行ってみてはいかがでしょうか。

アパレル企画になりたい方が知っておきたい詳細情報はこちら

この記事を執筆したエスモードなら就職率は100%!

エスモードでは毎年卒業生全員が、デザイナー・パタンナーなどの専門職で就職しています。

デザイナー、パタンナーを育成する総合学科では、各学生を理想のキャリアに導くカリキュラムが組まれています。このカリキュラムの実践を通して、流れの激しいファッション産業界で即戦力として通用する人材を育成することで、他の追随を許さない圧倒的な就職実績を誇っています。ご興味がある方はぜひ下記リンクをご確認くださいませ。