アパレル企画のやりがいとは

ミーティングを行うアパレル企画の3人

エスモードジャポン 広報部
ESMOD InstagramESMOD twitter

エスモードは、東京恵比寿にあるファッションの学校です。 フランス・パリで世界初のファッション専門教育機関として1841年に開校。 現在は世界13か国に19校あり、その日本校であるエスモードジャポンの広報を担当しています。 世界のネットワークを生かした情報発信とファッション業界について解説していきます。

OPEN CAMPUS:ウェディングドレスの世界 -富貴栄華な仕事の裏側に迫る-

ファッション業界の中には、アパレル製品やシーズンごとのコレクションなどの企画を考える仕事を担っている職種として、アパレル企画というものがあります。
日々、様々なアパレル製品を考え、生み出していく立場であるアパレル企画には仕事の中にどんなやりがいがあるのか、目指すために必要とするスキル、求められる資格が気になっている人もいると思います。
そこでここでは日々の仕事の中にあるやりがいや、なるために求められているスキルや資格について見ていきましょう。


エスモードジャポン 広報部
ESMOD InstagramESMOD twitter

エスモードは、東京恵比寿にあるファッションの学校です。 フランス・パリで世界初のファッション専門教育機関として1841年に開校。 現在は世界13か国に19校あり、その日本校であるエスモードジャポンの広報を担当しています。 世界のネットワークを生かした情報発信とファッション業界について解説していきます。

OPEN CAMPUS:ウェディングドレスの世界 -富貴栄華な仕事の裏側に迫る-

アパレル企画のやりがい

アパレル企画のやりがいアパレル企画はアパレルメーカーなどの企画部門などに所属し、アパレル製品の企画の段階から深くかかわっていきます。
主な業務は、トレンドや消費の動向を見極め、アパレル製品の企画や販売戦略の立案することです。
そのため、自分でトレンドを生み出し、自分が立てた販売戦略が売上に繋がるといった点にやりがいを感じることができます。

自分が思い描いたアパレル製品を形にできる

はじめに挙げられるやりがいは、自分が思い描いたアパレル製品を形にできることです。
シーズンごとに新たなコレクションにあわせ、新たなアパレル製品を考案するとき、マーケティングなどトレンドや購買傾向を調べた上で企画を立てていきますが、傾向どおりに考案すると競合他社とデザインが似てしまう可能性があります。
そこで、アパレル企画の大きな役割として、自身のセンスを企画に反映させ、オリジナリティーを引き出せるように提案していきます。
自身が提案した内容が通り、製品として形となったとき、大きなやりがいを感じることができるでしょう。

流行の中心に立てる

次に挙げられるのは、ファッション業界の流行の中心に立てることです。
アパレル企画は、シーズンごとに新たなコレクションを考案し続けていく立場です。
日々変わりゆくファッション業界の流行を牽引し、自分が生み出したファッションがトレンドとして世の中に広まった時には、流行の中心にいる実感とともにやりがいを感じることができます。

会社に対して売上で貢献できる

最後に挙げられるやりがいは、所属している会社に対して売上で貢献できることです。
企画部門の一員として、コレクション単位でアパレル製品の企画に携わっているので、自身がかかわった製品の売上が良かったときには、喜びも大きなものになります。
会社という組織において、自分の仕事が売上という明確な指標で示されることは、やりがいを感じるとともに次の仕事へのモチベーションに繋がります。

アパレル企画になるには

アパレル企画になるにはアパレル企画のやりがいについて見てきたところで、アパレル企画を目指すために必要なスキルや資格についてお話ししていきます。
ここまでご紹介してきたように、一つだけではなく、様々なアパレル製品を考案していく立場であるアパレル企画には、様々な知識やスキルが求められます。
そこで、アパレル企画を目指し、実際に働いていく上で、どのようなスキルが必要か、取得しておくと良い資格について紹介していきます。

必要なスキル

企画部門の一員として先々のトレンドや消費傾向を見抜き、新たなアパレル製品を生み出すアパレル企画。
そんなアパレル企画には、「ファッションを生み出す立場」としての知識と、「ファッションを広めていく立場」として知識が求められます。
「ファッションを生み出す立場」としての知識で求められるものとしては形にするための発想力、「ファッションを広めていく立場」としては顧客の購買傾向やトレンドを読み解く観察力が必要です。
いずれも新たなアパレル製品を生み出すために求められるものなので、多くのアパレルメーカーでは、様々な職種を経験した上でアパレル企画へキャリアアップすることが一般的です。
そのため、アパレル企画を目指すのであれば、最初は別の職種であったとしても、ファッションに関する知識を深め、トレンドを敏感に追いかける姿勢が重要となります。

求められる資格

アパレル企画には多くの製品を生み出すための知識やファッションの引き出しが多く必要となります。
必須となる資格はありませんが、資格の勉強を通じて引き出しを増やすことができます。
中でも取得しておくと良い資格は、ファッションビジネス能力検定試験です。
ファッションビジネス能力検定試験は、ファッション業界で仕事をする上で必要とする知識や技術はもちろん、ビジネスの基本、アイテムごとの造形の知識などを学ぶことができます。
また、進学先を考えているなら、知識やファッションについての基礎を学ぶことのできるファッションの専門学校を選択肢に入るでしょう。

まとめ

今回はファッション業界の中で、「ファッションを生み出す立場」の一員である職種、アパレル企画のやりがいをテーマに見ていきました。
新たなアパレル製品を生み出すために、流行を見続け日々提案をしていくアパレル企画のやりがいがどんなものか、そして目指すために必要なスキルや資格が見えてきたと思います。
「ファッションを生み出す立場」の最前線に立つアパレル企画を志したとき、こちらの記事を参考にしてもらえると嬉しいです。

アパレル企画になるには

この記事を執筆したエスモードなら就職率は100%!

エスモードでは毎年卒業生全員が、デザイナー・パタンナーなどの専門職で就職しています。

デザイナー、パタンナーを育成する総合学科では、各学生を理想のキャリアに導くカリキュラムが組まれています。このカリキュラムの実践を通して、流れの激しいファッション産業界で即戦力として通用する人材を育成することで、他の追随を許さない圧倒的な就職実績を誇っています。ご興味がある方はぜひ下記リンクをご確認くださいませ。