プロダクトマネージャーに向いている人や適性とは?

プロダクトマネージャー

エスモードジャポン 広報部
ESMOD InstagramESMOD twitter

エスモードは、東京恵比寿にあるファッションの学校です。 フランス・パリで世界初のファッション専門教育機関として1841年に開校。 現在は世界13か国に19校あり、その日本校であるエスモードジャポンの広報を担当しています。 世界のネットワークを生かした情報発信とファッション業界について解説していきます。

OPEN CAMPUS:ウェディングドレスの世界 -富貴栄華な仕事の裏側に迫る-

モノづくりの現場で製品の開発・管理を行うプロダクトマネージャー。商品の品質・コスト・時間を適切に保つため司令塔のような役割を果たします。

そんなプロダクトマネージャーに向いている人はどのような適性を持っているのでしょうか。
プロダクトマネージャーの道を進みたいと思っている方は、この記事を読みながら適性が備わっているか確認してみてください。


エスモードジャポン 広報部
ESMOD InstagramESMOD twitter

エスモードは、東京恵比寿にあるファッションの学校です。 フランス・パリで世界初のファッション専門教育機関として1841年に開校。 現在は世界13か国に19校あり、その日本校であるエスモードジャポンの広報を担当しています。 世界のネットワークを生かした情報発信とファッション業界について解説していきます。

OPEN CAMPUS:ウェディングドレスの世界 -富貴栄華な仕事の裏側に迫る-

そもそもプロダクトマネージャーとは?

プロダクトマネージャーとは商品生産を安定的・効率的に行うため、生産ラインの管理、製品の品質・コスト・時間を管轄する仕事です。

アパレルメーカーのプロダクトマネージャーの場合は、商品ができあがるまでにかかるコストの計算やサンプル作りと確認、工場への生産の手配、品質の最終チェックなど製造に関わるすべての工程をまとめて管理・指示出しをおこないます。

そのため、マネジメントの知識や管理能力に加え、アパレル製造における知識や経験も必須であり、一般的には他の職種や業種で様々な経験を積んでからプロダクトマネージャーとして活躍する人が多いようです。

プロダクトマネージャーに向いている人

プロダクトマネージャーの仕事内容について確認したところで、続いては実際に向いている人がどのような人か見ていきましょう。

商品生産におけるプロフェッショナルであるプロダクトマネージャーに向いている人はどのような適性をもっているのでしょうか。

論理的な思考ができる人

工場の風景プロダクトマネージャーは、製造工程のどの部分をどのように動かしていけば、無駄なく効率よく良質な製品を作り出せるのか、論理的に順序を組み立てられるスキルが必要です。

また顧客から製品にクレームがあった場合、どこに問題があったのかを調査する役割も担います。
そのとき製造ラインのどの過程に問題があり、どこを改善し、どう動いてもらえばミスを防げるのかを論理的に考えて行動に移す必要があるからです。

そのため常日頃から勉強や仕事に取り組むとき、頭の中で何から手をつけるべきか素早く順序立てて取り組める論理的思考が備わっている人はプロダクトマネージャーへの適性があると言えます。

責任感が強い人

生産ライン全体を管理・統括するプロダクトマネージャーは、製造現場で起こるトラブルやミスを引き受ける場面もあるでしょう。

そんなときに自ら率先してトラブルやミスと向かい合い、解決のための行動に移れる責任感の強さも必須のスキルです。

そのため普段からチームでリーダーなどの役職を引き受ける人はプロダクトマネージャーに向いています。

人と接するのが好きな人

生産工程に携わる人をまとめるプロダクトマネージャーは、円滑に仕事を進めるうえで上司や部下、同僚など社内の人だけでなく、工場や物流の人々などたくさんの人々とコミュニケーションを取らねばなりません。

そのときに相手の要望を聞き入れ、自分の意見を伝えられる能力が必要となるため、普段から人と接するのが好きでコミュニケーション能力を磨いているとプロダクトマネージャーとなってからもその能力が役立ちます。

時間やお金の管理が得意な人

プロダクトマネージャーは、生産におけるコスト・時間管理が主な仕事となります。
そのため、予算や利益、売上など数字を把握したり、無駄がなく効率的な時間配分で生産工程を管理できるスキルが必須です。

そのため自分の収入や貯蓄などを把握していて普段からお金の管理に慣れている人や、何かに取り組むとき時間配分を定めて効率的に進める習慣のある人はプロダクトマネージャーに向いていると言えるでしょう。

プロダクトマネージャーに求められる資質

ここからは、プロダクトマネージャーに求められる資質についてもみていきましょう。
製造から物流まで幅広く管理するプロダクトマネージャーですが、一体どんな資質が求められるのでしょうか。

理解力、考察力

製造過程においては、現場で問題やトラブルが起こることもあります。
プロダクトマネージャーは、そうしたときに状況をしっかり把握してどのように物事を進めていくべきか判断する考察力が必要です。

そして問題を解決する過程で、他人の話に耳を傾けて、話し方や感情にとらわれず内容を理解する能力が高いと早期解決に導くことができます。

製品開発やマーケティングに関する幅広い知識

Webマーケティング製造工程を管理するプロダクトマネージャーは、アパレルの製品開発における幅広い知識や経験を積んでおく必要があります。

商品企画やデザイン、パターンやサンプル作り、製造、物流、販売までの流れを把握し、何にどれくらいの時間がかかるのか、どれくらいのコストが必要なのかを知っておくとスムーズに仕事を進められるでしょう。

また適切な製品開発・管理を行うため、顧客のニーズを探り利益を最大化するためのマーケティング知識も会得しておく必要があります。

マネジメント能力

製造や物流を管理するプロダクトマネージャーは、名前の通りマネジメント能力が必要不可欠です。

コストや時間、品質の管理や「何がどこまで進んでいるのか」などそれぞれの案件の進捗管理、トラブルやクレームの管理などたくさんの物事を一度に把握して管理し、時には変更や修正をかけたり、適切な指示出しをしなければなりません。

それだけの管理を一気に行えるマネジメント能力を得るには、様々な業種や職種でマネジメントの知識や経験を蓄積する必要があります。

コミュニケーション能力

生産ラインを管理するプロジェクトマネージャーにとって、人見知りをせず仕事に関わる人々とコミュニケーションがとれる能力は必須です。

打ち合わせや業務連絡など日常的に必要なコミュニケーションはもちろんのこと、トラブル時にも感情的にならず、冷静に意思疎通ができる高度な能力が必要となります。

まとめ

製品開発・管理を行うプロダクトマネージャーには、高度なスキルや知識が必要です。
それらは様々な業種や職種で経験を積んで得られるので、今現在足りないスキルがあっても問題はありません。

まずはこの記事を読んでご自身にロダクトマネージャーへの適性が備わっているか当てはめてみましょう。

その中で、もし適性があると感じたら、必要なスキルや技術をエスモードで学んでみませんか。
一度資料請求や個別相談会を通じて、プロダクトマネージャーになるためにどんなスキルが学べるのかをチェックしてみてくださいね。

プロダクトマネージャーになるには

この記事を執筆したエスモードなら就職率は100%!

エスモードでは毎年卒業生全員が、デザイナー・パタンナーなどの専門職で就職しています。

デザイナー、パタンナーを育成する総合学科では、各学生を理想のキャリアに導くカリキュラムが組まれています。このカリキュラムの実践を通して、流れの激しいファッション産業界で即戦力として通用する人材を育成することで、他の追随を許さない圧倒的な就職実績を誇っています。ご興味がある方はぜひ下記リンクをご確認くださいませ。