独学でプロダクトマネージャーになるには?

独学でプロダクトマネージャー

エスモードジャポン 広報部
ESMOD InstagramESMOD twitter

エスモードは、東京恵比寿にあるファッションの学校です。 フランス・パリで世界初のファッション専門教育機関として1841年に開校。 現在は世界13か国に19校あり、その日本校であるエスモードジャポンの広報を担当しています。 世界のネットワークを生かした情報発信とファッション業界について解説していきます。

OPEN CAMPUS:ウェディングドレスの世界 -富貴栄華な仕事の裏側に迫る-

ファッション業界の中でも技術職でない職種は、未経験でも挑戦しやすいイメージがあるのではないでしょうか。
特に社会人や大学生の場合、独学でめざしたいという方も多いと思います。

技術職以外の職種の1つとして、プロダクトマネージャーが挙げられます。
こちらは、コミュニケーション能力やマネジメント力が重視される職種です。

今回はプロダクトマネージャーの仕事内容や、独学でなるために必要な知識やスキルについて見ていきましょう。
  

エスモードジャポン 広報部
ESMOD InstagramESMOD twitter

エスモードは、東京恵比寿にあるファッションの学校です。 フランス・パリで世界初のファッション専門教育機関として1841年に開校。 現在は世界13か国に19校あり、その日本校であるエスモードジャポンの広報を担当しています。 世界のネットワークを生かした情報発信とファッション業界について解説していきます。

OPEN CAMPUS:ウェディングドレスの世界 -富貴栄華な仕事の裏側に迫る-

プロダクトマネージャーの仕事

ファッション業界のプロダクトマネージャーは、商品ができるまでのひととおりの流れを統括します。

具体的に、プロダクトマネージャーはどういったプロセスに関わるのかを、順番にご説明します。

生産・品質管理

プロダクトマネージャーは、マーチャンダイザーやファッションデザイナーとともに、生産のプロセスを決めます。

プロダクトマネージャーの主な役割は、取引先を決定して交渉することです。

資材調達では、コストをなるべく抑え、かつ商品のイメージに合った生地や素材をメーカーから仕入れます。

また自社工場ではなく外部の工場へ生産を委託する企業がほとんどなので、委託先を決めて交渉します。

ほかにも納期に間に合うように、各工程を管理するのもプロダクトマネージャーの仕事です。

商品管理

商品の過不足が出ないよう、どれくらいの数を生産するのか決定します。
また商品ができあがった後も、どの店舗にどれくらい配分するかという納品先の管理を行います。

在庫を持ちすぎると企業にとって負債になりますし、逆に少なすぎても売り上げをストップさせる原因となります。

そのため、プロダクトマネージャーは適切な量を適切な場所に届けるために、最適な判断をする必要があります。

このように判断や能力が売り上げに直結するので、プロダクトマネージャーは第二のCEOとも呼ばれ、十分なスキル・経験が求められます。

プロダクトマネージャーに必要な知識・スキル

プロダクトマネージャーの知識すでにご紹介したとおり、プロダクトマネージャーになるには非常に多くの知識や経験が必要です。
独学でなるには、ハードルの高い職種と言えるでしょう。

「それでも独学でプロダクトマネージャーをめざしたい」という方のために、習得すべき知識やスキルについてご紹介します。

アパレル全般の知識

プロダクトマネージャーは生産や流通、販売促進まで、あらゆる工程で判断を求められます。
正しい判断をするために、各工程について広く知らなければなりません。

各工程の中でも、プロダクトマネージャーにとって特に重要なのは生産管理です。
では生産管理とは、どういったことを知る必要があるのでしょうか。

生産管理の知識

ファッション業界に限らず、生産管理には膨大な知識量が求められます。

たとえば適正な価格で資材調達をするためには、素材や商品のことをよく知っている必要があります。

どれくらい商品をつくるか決めるために、トレンドや市場のことにも詳しくなければなりません。

また売上計画や在庫管理などデータを扱う機会が多いので、数字に強いことも大切です。

独学でこれらを習得するには、ファッション・生産管理・統計などあらゆる分野の専門書を手に入れる必要があります。

海外でも通用するコミュニケーション能力

プロダクトマネジャーは、社内外問わず指示出しや交渉を行います。
そのため、コミュニケーション能力も重要なスキルの1つです。

また海外の素材メーカーや工場に委託することも多いため、海外の担当者ともきちんとやり取りできるレベルの語学力が必要です。

語学は、独学でも習得しやすいです。
ただ一般のビジネス英語とは違い、専門用語も覚えなければならないという点に注意してください。

プロダクトマネージャーはファションに精通しなくてはなれない

プロダクトマネージャーに必要な知識やスキルは、努力すれば独学で身につけることも可能です。

しかし繰り返しになりますが、プロダクトマネージャーは非常に責任の重い職種です。
やはりファッション業界でそれなりの経験を積まないと、プロダクトマネージャーになるのは難しいでしょう。

または異業種で生産管理の経験をした上で、ファッションについて勉強するという方法もあります。

いずれにせよ、プロダクトマネージャーをめざすには「ファッションに精通している」という客観的な証拠が必要です。

できれば独学よりは、専門の教育機関を卒業した、学位を持っているなどの経歴があることが望ましいです。

まとめ

プロダクトマネージャーまとめプロダクトマネージャーは商品づくりの上流から下流まで関わる分、必要な知識もかなり多いです。

そのためやはり、独学よりは服飾ファッションの専門教育機関で学ぶことをおすすめします。
専門的な勉強をしたということは、強いアピールポイントになります。

プロダクトマネージャーのようなハイレベルな能力が求められる職種こそ、独学ではなく専門の教育機関で学ぶことをおすすめします。

エスモードジャポンでは、働きながら、学校に通いながらバチェラーディグリー(学士号相当)の学位を取ることができる「インターナショナルバチェラープログラム」をご用意しています。

ファッションの知識や語学を学びながら、インターンシップへの参加も可能です。
業界とのつながりができるという、独学にはないメリットもあります。

気になった方はぜひ、学科ページや無料で請求できるパンフレットで、詳しいカリキュラムをご覧ください。

プロダクトマネージャーになるには

この記事を執筆したエスモードなら就職率は100%!

エスモードでは毎年卒業生全員が、デザイナー・パタンナーなどの専門職で就職しています。

デザイナー、パタンナーを育成する総合学科では、各学生を理想のキャリアに導くカリキュラムが組まれています。このカリキュラムの実践を通して、流れの激しいファッション産業界で即戦力として通用する人材を育成することで、他の追随を許さない圧倒的な就職実績を誇っています。ご興味がある方はぜひ下記リンクをご確認くださいませ。