アパレル生産管理に向いている人って?適性について

アパレル生産管理

エスモードジャポン 広報部
ESMOD InstagramESMOD twitter

エスモードは、東京恵比寿にあるファッションの学校です。 フランス・パリで世界初のファッション専門教育機関として1841年に開校。 現在は世界13か国に19校あり、その日本校であるエスモードジャポンの広報を担当しています。 世界のネットワークを生かした情報発信とファッション業界について解説していきます。

OPEN CAMPUS:ウェディングドレスの世界 -富貴栄華な仕事の裏側に迫る-

ファッション業界に精通している人であれば、アパレル生産管理という仕事を耳にしたことがあるかもしれません。

アパレル生産管理とは、大まかに言えば、販売計画に則った上で企業の生産能力を加味し、商品の製造から納品までの一連の工程を管理する仕事です。

このページでは、そんなアパレル生産管理の適性について詳しくお伝えしていきます。


エスモードジャポン 広報部
ESMOD InstagramESMOD twitter

エスモードは、東京恵比寿にあるファッションの学校です。 フランス・パリで世界初のファッション専門教育機関として1841年に開校。 現在は世界13か国に19校あり、その日本校であるエスモードジャポンの広報を担当しています。 世界のネットワークを生かした情報発信とファッション業界について解説していきます。

OPEN CAMPUS:ウェディングドレスの世界 -富貴栄華な仕事の裏側に迫る-

そもそもアパレル生産管理はどんな仕事?

アパレル生産管理アパレル生産管理とは、MD(マーチャンダイザー)の立てた販売計画をもとに、商品販売の時期や必要な生産量の予測を立て、納品までの工程を管理する仕事です。

商品の生産においての全工程に携わるため、あらゆる方面と連携を取りながら仕事をしていく必要があります。

アパレル生産管理に向いている人・適性

アパレル生産管理に向いているのは以下のような人です。

  • さまざまな人とコミュニケーションが取れる人
  • 慎重で柔軟性を備えている人
  • 視野が広い人
  • 強い責任感を持っている人

それぞれについて詳しく見ていきます。

さまざまな人とコミュニケーションが取れる人

アパレル生産管理は、基本的に社内・社外問わずさまざまな関係者との連携を取ったり、調整役に回ったりすることもあり、コミュニケーションを取る機会の多い職種と言えます。

周囲の人としっかりとした意思疎通が取れていないと、認識のズレなどが生じて業務に遅れが出てしまう可能性があります。

そのため、さまざまな人と円滑なコミュニケーションが取れる人がアパレル生産管理の仕事に向いていると言えます。

慎重で柔軟性を備えている人

先ほども言ったようにアパレル生産管理の仕事は社内外問わず、人との繋がりが多い職種と言えるので、柔軟性を持った人が向いていると言えます。

また、生産管理の仕事では、常に先を見据え、生産管理に漏れのないよう計画の段階から商品が納入されるまでを日々調整する必要があります。

ですので、慎重かつ柔軟に物事を進められる人が向いています。

視野が広い人

また、広い視野で物事を見て考えられる人も、アパレル生産管理に向いているでしょう。

業務上、あらゆる工程の状況を同時に把握し、適切な措置をとる必要があります。
そのためには現場や工程全体を俯瞰で見ることが必要になってくるのです。

強い責任感を持っている人

アパレル生産管理は売上動向や生産ラインの稼働状況、経費の増減など、生産活動に関わるあらゆる情報を管理して、計画していかなくてはなりません。

データや数字を見ることも多く、時には億単位の数字を扱うこともあります。
差配する数量や金額の大きさゆえ、ここでの問題は、自社の業績に直結してきます。

このように責任の重い仕事ですから、強い責任感を持っている人ほど、アパレル生産管理に向いていると言えます。

アパレル生産管理に求められる能力は?

アパレル生産管理アパレル生産管理に求められる能力は以下の3つです。

  • マネジメント能力
  • 交渉能力
  • 生産管理に関わる幅広い知識

それぞれどのようなものなのか一緒に見ていきましょう。

マネジメント能力

アパレル生産管理は、常に先を見据え、生産管理に漏れのないように計画の段階から商品が納入されるまでのプロセスを管理する仕事です。

そのため製造計画全体を正確にコントロールし、計画とズレた時はすぐに適切な調整ができるような高いマネジメント能力が求められます。

交渉能力

アパレル生産管理は工程全体の管理だけでなく、ときに社外への交渉も行います。
例えば、よりコストを押さえてクオリティの良いモノを作りたい場合には、取引先とコストの交渉をします。

また、トラブルが起きて納期に遅れそうな場合には、工場側と納期の交渉をします。
このように交渉が必要となるケースは多々あるので、相手と円滑なやり取りしたり、相手を上手く説得できるような交渉能力が求められます。

生産管理に関わる幅広い知識

プロのアパレル生産管理として働くためには、生産管理に関わる幅広い知識が必要となります。

中でもパターンメイキングや縫製方法、素材の知識は、アパレル生産管理の仕事をしていく上で欠かせない知識です。

未経験から始めるという場合は、現場で働きながら少しずつ知識を蓄えていくことになります。

まとめ

アパレル生産管理の仕事を始める際は、まず最初に自分が仕事に向いているのか適性を調べるところから始めた方がいいでしょう。

適性を調べた上で自分に合っていると感じたら、今度はアパレル生産管理に必要なスキルを身につけていく必要があります。

そこでオススメなのが、「エスモード」です。

「エスモード」では将来ファッション業界を担うような人材の育成を行っており、日々の授業に取り組んでいくことでアパレル企画としてのスキルを着実に身につけていくことができます。

将来アパレル生産管理の仕事に就きたいという方は、「エスモード」への入学を検討してみるといいでしょう。

アパレル生産管理になるには

この記事を執筆したエスモードなら就職率は100%!

エスモードでは毎年卒業生全員が、デザイナー・パタンナーなどの専門職で就職しています。

デザイナー、パタンナーを育成する総合学科では、各学生を理想のキャリアに導くカリキュラムが組まれています。このカリキュラムの実践を通して、流れの激しいファッション産業界で即戦力として通用する人材を育成することで、他の追随を許さない圧倒的な就職実績を誇っています。ご興味がある方はぜひ下記リンクをご確認くださいませ。