アパレル生産管理のやりがいとは

アパレル生産管理の人々

エスモードジャポン 広報部
ESMOD InstagramESMOD twitter

エスモードは、東京恵比寿にあるファッションの学校です。 フランス・パリで世界初のファッション専門教育機関として1841年に開校。 現在は世界13か国に19校あり、その日本校であるエスモードジャポンの広報を担当しています。 世界のネットワークを生かした情報発信とファッション業界について解説していきます。

OPEN CAMPUS:ウェディングドレスの世界 -富貴栄華な仕事の裏側に迫る-

華やかなファッション業界の中には、製品の生産計画を立て、あらゆる場で交渉や調整を行っているアパレル生産管理。
彼らは日々企画から生産、販売までの納期を守るために様々な業務を行っており、仕事の中に様々なやりがいがあります。
このページでは仕事の中にどんなやりがいがあるのか、そして実際に仕事をしていくために必要としていることを解説していきます。


エスモードジャポン 広報部
ESMOD InstagramESMOD twitter

エスモードは、東京恵比寿にあるファッションの学校です。 フランス・パリで世界初のファッション専門教育機関として1841年に開校。 現在は世界13か国に19校あり、その日本校であるエスモードジャポンの広報を担当しています。 世界のネットワークを生かした情報発信とファッション業界について解説していきます。

OPEN CAMPUS:ウェディングドレスの世界 -富貴栄華な仕事の裏側に迫る-

アパレル生産管理の仕事

アパレル生産管理の仕事やりがいをチェックする前に、ファッション業界での役割について確認しておきましょう。
生産管理と聞くと、アパレル製品の生産に関わることを行うものとイメージしている人が多いと思いますが、実は様々な業務を担当しています。
アパレル生産管理は、ファッションデザイナーなどが担当しているデザインを終えたところから、ショップスタッフなどが在籍している店舗へとアパレル製品を納品するまでの幅広い工程を担当しています。
なので、ファッション業界の中でも業務の幅広さは多い部類になり、「ファッションを生み出していく立場」と「ファッションを広めていく立場」の両方を担っています。

アパレル生産管理のやりがい

アパレル生産管理のやりがいアパレル生産管理の役割を確認してきたところで、その仕事の中にはどんなやりがいがあるのかをご紹介していきたいと思います。

製品の生産にかかわれる

まず挙げられるやりがいは、アパレル製品の生産に大きく関わることができることです。
先ほどお話ししたように、アパレル生産管理は生産に関わる工程いずれで大きな役割を果たす職種です。
生産のスケジュールを立案するところから、実際の計画運用、トラブルが起きたときなど、様々な対応を行っていきます。
さらに、一種類のアパレル製品だけではなく、多くの製品の生産について管理していくことになります。アパレル製品が生まれる工程に深く関わることができることにやりがいを見出す人も多くいます。

多くの仕事をつなげる調整役

次に挙げられるやりがいは、多くの人々とコミュニケーションを取りながら仕ができることです。
社内外問わず多くの人々とコミュニケーションを重ね、交渉や調整を行っていく立場であるため、日々多くの人々と打ち合わせることが多くあります。
交渉や調整がうまくいき、アパレル製品の生産が思い描いていた通りに進められたときに、先々の仕事に対してやりがいを感じられるようになるでしょう。

最新の素材や技術を一足先に見られる

そして、ファッション業界における最新の素材や技術を一足先に見ることができることも、アパレル生産管理の特権と言えるでしょう。
アパレル生産管理は、企画部門で計画したアパレル製品の生産をするための予算に収まるように主資材や副資材を探す役割も担っているため、探し求める素材が見つかるまでには多くの会社や工場に足を運びます。
国内に求めているものがなければ、ときには納得のいくものを探すために海外へと赴き、理想の素材が見つかってからも、予算通りに収まるように交渉を行うなど、アパレル生産管理は多くの仕事をすることになります。
こうした苦労が報われ、新たなアパレル製品の生産始まると、次のコレクションに向けてやりがいを感じることができるでしょう。

アパレル生産管理になるには

アパレル生産管理になるには仕事の中にどんなやりがいがあるのかをチェックしてきたところで、次にどんなスキルが求められているのかをおさらいしていきましょう。
先ほど、やりがいの部分でもお話ししたように、アパレル生産管理は様々なスキルが求められます。
例を挙げると、ファッションの製品に関わる素材や副資材、加工などの知識や流通に関連するスキル、そして多くの人々と会話をするためのコミュニケーション能力がなるために必要といえます。

必要なスキル

アパレル生産管理は、アパレル製品の生産に関わる仕事であることから、様々なスキルが求められます。
必須となるのは、コミュニケーション能力と品質管理の知識です。
コミュニケーション能力は、工場内、本社の部門内外、そして顧客問わず多くの人々との交渉・調整を重ねていくこととなるため、もっとも求められるスキルといえます。
さらに、アパレル製品の品質を保ち続けるために様々な工程に関わることから、品質管理の知識も求められます。アパレル製品を生産していく上で、それぞれの製品や使用する主資材や副資材などの特徴や相性のいい組み合わせなどを学んでおくと良いでしょう。

求められる資格

ここまでお話ししてきたように、多くの知識が求められるため、ファッション業界のあらゆる分野を理解していることを証明する資格を取得していると、アパレル生産管理として働くときに有利になります。
アパレル生産管理が所持しておくことを勧めたい資格には、衣料管理士(TA)と繊維製品品質管理士(TES)の2種類が挙げられます。
いずれも生産で求められる知識を身につけられる内容で、繊維や製造、染色、品質、そして顧客対応(クレームなど)といったことが含まれています。
衣料管理士(TA)はファッション関連の大学や専門学校などの養成校で授業を履修していくことで資格取得可能ですが、繊維製品品質管理士(TES)は資格認定試験を受験する必要があるので、取得を検討するときは注意しましょう。

まとめ

ここまで、アパレル生産管理のやりがいやなるために必要なことについておさらいしてきました。
生産に関わるあらゆることを行い、交渉や納期について進めていくため、日々多くのやりがいに満ちた仕事と言えます。
ファッション業界の中でも、「生産」に関わる仕事の就職を志したときは専門学校や大学などのオープンキャンパスに参加してみてはいかがでしょうか。

アパレル生産管理になるには

この記事を執筆したエスモードなら就職率は100%!

エスモードでは毎年卒業生全員が、デザイナー・パタンナーなどの専門職で就職しています。

デザイナー、パタンナーを育成する総合学科では、各学生を理想のキャリアに導くカリキュラムが組まれています。このカリキュラムの実践を通して、流れの激しいファッション産業界で即戦力として通用する人材を育成することで、他の追随を許さない圧倒的な就職実績を誇っています。ご興味がある方はぜひ下記リンクをご確認くださいませ。