ファッション・服飾専門の学校の比較ポイントは?ファッション業界を目指せる学校10選

ファッションを学ぶ学生

エスモードジャポン 広報部
ESMOD InstagramESMOD twitter

エスモードは、東京恵比寿にあるファッションの学校です。 フランス・パリで世界初のファッション専門教育機関として1841年に開校。 現在は世界13か国に19校あり、その日本校であるエスモードジャポンの広報を担当しています。 世界のネットワークを生かした情報発信とファッション業界について解説していきます。

OPEN CAMPUS:ウェディングドレスの世界 -富貴栄華な仕事の裏側に迫る-

ファッション・服飾の勉強をしたいけれど、いざ学校選びとなるとどんなポイントで選んだらいいのか分からない…ということもありますよね。

ここでは、ファッション・服飾系専門の学校に進学したい人に、学校選びのポイントや人気専門学校の比較をまとめました。

専門の学校選びは将来に直結する重要なステップです。
後悔しない学校選びのためにぜひお役立てください。

  

エスモードジャポン 広報部
ESMOD InstagramESMOD twitter

エスモードは、東京恵比寿にあるファッションの学校です。 フランス・パリで世界初のファッション専門教育機関として1841年に開校。 現在は世界13か国に19校あり、その日本校であるエスモードジャポンの広報を担当しています。 世界のネットワークを生かした情報発信とファッション業界について解説していきます。

OPEN CAMPUS:ウェディングドレスの世界 -富貴栄華な仕事の裏側に迫る-

ファッション・服飾専門の学校を比較する時のポイント

学校一覧を見る前にまずは、ファッション・服飾専門の学校を比較する時のポイントをチェックしましょう。

専門職として就職できるか

入学前から就職のことを考えるのはピンとこないかもしれません。
しかし、専門技術が就職と直結する専門学校において、就職を見据えておくことはとても大切です。

せっかく専門的な勉強をして、技術を身につけたのに、就職先が専門職ではなかった…という残念なことにならないよう、専門職としての就職実績などもチェックしておくと良いでしょう。

自分がやりたいファッションの方向性と合っているか

ファッション・服飾と一口に言っても、さまざまなジャンルがあります。
特に自分が学びたい方向性がはっきりとしている人は、どのようなファッションに強い学校なのかをリサーチしておくことは重要です。

学費

必要となる学費も要チェックです。

ファッション・服飾専門の学校の学費は、授業料だけでなく教材費などもあり、高額となることが多いです。

奨学金制度や修学支援制度などを設けている学校もあるので、調べておくと良いでしょう。

カリキュラムの年数

年数が少ないほど学費が安くなり、魅力的に感じるかもしれませんが、初心者は3年制以上の学部・学科・コースを選ぶことをおすすめします。

基礎からファッションを学ぶ場合、最低でも3年はかかると考えておきましょう。
2年制だと十分なスキルが身に付かず、専門職として就職できないリスクもあります。
ただし、経験者であれば1〜2年制でも問題ありません。

ファッション・服飾専門の学校を比較

では、ファッション・服飾専門の学校を紹介していきます。
なお、ここで紹介しているのは2021年時点での情報のため、最新情報については必ず各学校の公式サイトを確認してください。

エスモードジャポン 文化服装学院 東京モード学園 バンタンデザイン研究所 東京ファッション専門学校 東京デザイナー学院 ドレスメーカー学院 渋谷ファッション&アート専門学校 ファッションビジネス カレッジ東京 横浜ファッションデザイン専門学校
キャンパス 恵比寿 代々木 新宿 恵比寿 銀座 御茶ノ水 目黒 渋谷 新宿 横浜
特徴 専門職としての就職率が高い 歴史ある学校 高い知名度 クリエイターの総合専門学校 和裁も学べる 学科を超えた学び 1つの分野を極める 短期講座も開催 Wスクールしやすい アパレル企業への就職に強い
年数 1〜3年制 1〜4年制 5ヶ月〜4年制 1〜3年制 1〜2年制 2年制 1〜4年制 2年制 2年制 1〜2年制
主な就職先 88%は専門職 幅広い分野 海外でも活躍 求人多数 百貨店等さまざま 化粧品メーカーへの就職も多い 幅広い分野 専門職はやや少なめ 幅広い分野 多数アパレル企業
学費(初年度) 160万円 150万円 120万円 188万円 106万円 160万円 100万円 109万円 120万円 98万円

*学費は入学金も含め初年度にかかる金額のトータルです。ただし教材費を記載していない学校もあるため、必ず各校に確認してください。

エスモードジャポン

エスモードジャポンエスモードジャポンは、恵比寿にある服飾ファッション専門教育機関です。
国内外を問わず、専門職として就職した卒業生たちが活躍しています。

特徴

フランスで生まれたエスモードは、現在13か国でグローバルなネットワークを持つ教育をしている、服飾系の専門学校です。

変化が目まぐるしいファッション業界に合わせて、カリキュラムを定期的に見直し、常に最新の技術が学べるよう考えられています。

プロとしてのキャリアを持つ講師陣からは、現場の生の感覚を感じられ、学生にとっては貴重な経験となるでしょう。
そのようなカリキュラムで学んで学生たちは、専門職として就職しやすいのも特徴です。

主な学部・学科・コース

・総合コース(3年制)
専門職を目指してデザイン・パターン・縫製を学び、プロに必要な知識と技術を総合的に身に付けます。
パリ校のカリキュラムを元にした、ファッションの本場の教育を受けられるのが魅力です。

主な就職先

就職者のうち88%はデザイナー・パタンナー・縫製の専門職として就職しています。
国内外の名立たるクリエーター企業や大手企業で就職の実績があります。

学費

総合コースを含むファッションクリエイティブ学部は、入学金30万円。
授業料は年間約130万円です。

働きながら学べるスキルアッププログラムは、入学金5万円、年間学費20万円〜55万円。

学位取得のためのインターナショナルバチェラープログラムは、登録料5万円と、必修3科目の学費が35万円です。

ESMOD JAPONでは世界で通用するデザイナー・パタンナーを未経験からでも目指せる総合コースや、世界で通用するクリエイターになるための知識と技術とバチェラー(学士)を身に付ける「フランス国立工芸院バチェラーコース」など、自分にあったコース選択ができます。

まずは一度、ESMOD JAPONのコース紹介をチェックしてみてください。


学科紹介

公式サイト:ファッション専門のスクール・学校【東京・恵比寿】|エスモードジャポン

文化服装学院

文化服装学院は、代々木にある服飾専門学校です。
ファッション業界へ卒業生を30万人輩出してきた、実績のある学校です。

特徴

日本で初めてファッション教育専門の学校として誕生し、長きにわたりファッション教育に携わっています。

そんな歴史ある学校は、世界からの評価も高いのが特徴のひとつ。
希望を叶えるべくコースを細分化しているので、自分のやりたいことに集中できます。

カリキュラムや施設は、技術や感性を磨くには申し分なく、存分に才能を育める環境です。

主な学部・学科・コース

・服飾科(2年制)
服づくりに関する知識と技術を学び、ファッション業界のあらゆる職種を目指せます。
修了後は、服飾専攻科やファッション流通専攻科に進学し、さらに1年勉強することも可能です。

主な就職先

国内外の企業で、デザイナーやパタンナーなどのファッションをつくる仕事、バイヤーやスタイリストなどのファッションを伝える仕事、販売などのファッションを売る仕事といった、あらゆる分野の職業に就職実績があります。

学費

学科により多少の違いはありますが、入学金は26万円〜30万円で、夜間部は14万円です。
授業料は、年間約64万円〜72万円、夜間部だと年間27万円〜30万円。

その他、入学時に必要な学用品が5万円〜14万円、個人で負担する材料費などは、年間5万円〜10万円ほどが必要です。

合計すると、初年度にかかる学費は130万円前後から150万円ほどです。

公式サイト:服飾・ファッション専門学校の文化服装学院 | 業界へ卒業生30万人を輩出!

東京モード学園

東京モード学園は、CMでもおなじみの新宿にある専門学校です。
ファッション・ヘアメイク・美容・グラフィックなど、幅広い分野の学科があります。

特徴

美容やファッション、デザイン分野で活躍できる人材を育てる専門学校です。
単に技術を習得するだけでなく、業界への適応力や創造力などを身につけることを目的としています。

第一線で活躍するプロの講師陣やオリジナルのカリキュラムによって、クリエーターに必須のセンスや創造力を育んだり、在学中からリーダー資質を養ったりと、将来を見据えたサポートも充実しています。

主な学部・学科・コース

・ファッションデザイン学科 高度専門士コース(4年制)
ファッション専門学校としては珍しい、4年制のコースです。
オリジナルブランドの立ち上げを目標に、服づくりに加えてアパレルマーチャンダイジングについても学べます。

主な就職先

13年連続で、就職希望者は全員就職という実績を誇ります。

ファッション分野やヘアメイク分野、グラフィック分野など、それぞれの希望職種や希望会社への就職を叶えています。
海外で活躍する卒業生も多いようです。

学費

どのコースも入学金は30万円。
コースや学科によって授業料が違うため、年間にかかる学費も前後しますが、トータルで約110万円〜120万円かかります。

公式サイト:ファッション専門学校の東京モード学園(東京都新宿区)

バンタンデザイン研究所

洋裁をする女性バンタンデザイン研究所は、恵比寿をはじめ、大阪や名古屋にも校舎があります。
ファッション・ヘアメイク・美容師・映像など、さまざまな分野でクリエイターを育てる総合専門校です。

特徴

ファッションやヘアメイク・美容師などの美容分野、グラフィックデザインやフォトなどの映像分野におけるプロの人材を育てる総合専門学校です。
実践教育と個性を伸ばすことにこだわり、最新を学べるカリキュラムを組んでいます。

第一線で活躍するプロによる授業も自慢のひとつ。
プロとして即戦力になれるよう指導しています。

主な学部・学科・コース

・ファッションプロデュース総合(3年制)
ファッションビジネスを学び、企画、生産、プロモーションを手がけられるファッションプロデューサーを目指します。
ファッション業界に欠かせない、ECマーケティングについても学べるコースです。

主な就職先

学内の企業説明会でも数多くの企業が参加するなど、たくさんの求人があります。
卒業生の多くは学んできた専門分野に応じ、希望する国内外の人気企業に就職を果たしているようです。

学費

入学金は一律10万円ですが、授業料などは学部やコース、校舎によって異なります。
東京校の場合、授業料はトータルで年間140万円〜160万円ほど必要です。

そのほか、教材費がコースによって10万円〜18万円となっています。

公式サイト:バンタンデザイン研究所

東京ファッション専門学校

東京ファッション専門学校は、銀座にある服飾専門学校です。
銀座の百貨店「松屋」による学校で、洋裁だけでなく和裁コースもあります。

特徴

「松屋」グループの服飾専門学校で、108周年を迎える伝統ある学校です。
ファッションの現場で即戦力となるプロの育成をモットーに、授業は少人数制で行います。

松屋グループの服飾専門学校だけあり、学生のファッションショーは松屋銀座で開催され、松屋銀座での百貨店体験も実施されます。

主な学部・学科・コース

・きものファッション科 テクニカルコース(2年制)
きものを縫う技術をはじめ、柄・模様合わせや着付けも学べるコースです。
きものを縫う「和裁士」や、きものを買う人にアドバイスをする「きものアドバイザー」など、和装のプロフェッショナルを目指せます。

主な就職先

和裁コースの場合、松屋を始めとする百貨店や、着物の専門店への就職がメインです。
洋裁コースでも同じく松屋への就職が多い他、アパレルメーカーへの就職や、オリジナルブランドを立ち上げた卒業生もいます。

学費

入学金は全学科15万円。
入学金と授業料などを含めた初年度の納入金の合計は、83万円〜91万円です。
2年制の場合、進級時に68万円〜76万円かかります。

公式サイト:学校法人 松徳学園 東京ファッション専門学校 | 学校法人 松徳学園 東京ファッション専門学校

東京デザイナー学院

東京デザイナー学院は、御茶ノ水にあるデザイン総合学校です。
ファッションに限らず、グラフィックデザイン、イラスト、映像、建築など、さまざまな分野のデザイナーを育てます。

特徴

学科を超えてさまざまな分野の授業を選べる、珍しいカリキュラムです。
たとえば、基本はファッションデザインについて学び、選択授業でグラフィックデザインやインテリアデザインについて学ぶこともできます。

Tシャツにプリントするグラフィックをデザインする、店舗のディスプレイにインテリアデザインの知識を活かすなど、プラスアルファのスキルを身に付けるのにぴったりです。

主な学部・学科・コース

・ファッションデザイン学科(2年制)
東京デザイナー学院で唯一ファッションが学べる学科です。
ファッションとメイクの両方の分野を学べるのが特徴。

ファッションデザイン専攻、コスチュームデザイン専攻、ファッション流通専攻、メイクアップデザイン専攻の4つに分かれ、興味のある分野の知識を深めます。

主な就職先

アパレルメーカーやアパレル商社の他、化粧品メーカーへの就職も多いのが他の学校と大きく違うところ。

ただし、どの職種で就職したかは記載がないため、専門職として就職した人がどれくらいいるのか確認が必要です。

学費

1年次は入学金も含めておよそ134万円、2年次は授業料が上がるため、136万円です。
その他、教材費・研修費として約25万円〜26万円が別途かかります。

公式サイト:≪公式≫デザイン専門学校 東京デザイナー学院[TDG]

ドレスメーカー学院

ドレスメーカー学院目黒にある服飾専門学校・ドレスメーカー学院は、「挑戦の精神」、「創造する力」、「自立する能力」を養うことを教育理念に掲げています。

特徴

ファッションデザイナー・マーチャンダイザー・パタンナー・クリエイティブディレクターと職種ごとに学科が分かれていて、1つの分野を深く極めるカリキュラムになっています。

基礎を大切にするカリキュラムで、初心者でも安心してファッションのプロを目指せるでしょう。

主な学部・学科・コース

・服飾造形科(2年制)
パターンや縫製技術、アパレル業界の仕組みなどを学びます。
卒業後は、進学課程のアパレルデザイン科(1年制)や、4年制の大学へ進学も可能です。

主な就職先

アパレル企業を中心に、小売や製造など幅広い業種に就職しています。
また卒業生の28%が進学していて、卒業後も勉強を継続する学生が多いようです。

学費

いずれの学科も、入学時は入学金も含め約100万円です。
その後、進級時に約89万円が必要になります。
また進学課程に進んだ場合、さらに約87万円がかかります。

2年制から進学課程に進んだ場合は、トータルで約279万円かかる計算です。

公式サイト:学校法人 杉野学園 ドレスメーカー学院

渋谷ファッション&アート専門学校

渋谷ファッション&アート専門学校は、渋谷・原宿エリアにキャンパスがあります。
渋谷を拠点に、ファッションとアートの分野で幅広く活躍できる人材を育成する学校です。

特徴

カルチャーの発信地である渋谷・原宿で、ファッションとアートの基礎を学びます。
服飾専門課程と文化専門課程、そして公開講座も開講されています。

公開講座は全6回ほどの短期講座で、ファッションとアートどちらも興味がある人や、まずはお試しで授業を受けてみたい人におすすめです。

主な学部・学科・コース

・ファッション総合学科(2年制)
1年生の前期でファッションの基礎を学んだ後、後期から「クリエイターコース」と「ビジネスコース」どちらかを選択します。

「クリエイターコース」は服づくりがしたい人向け、「ビジネスコース」はファッションのトレンドやショップ運営を学びたい人向けのカリキュラムです。

主な就職先

アパレルメーカーや小売など、さまざまな業界に就職しています。
ただし、ショップスタッフや営業職としての就職が多く、専門職としての就職は他の学校に比べると少ないようです。

学費

入学方法によって大きく変わります。
一般入学だと、初年度109万円、2年次84万円の計193万円。
最も安いAO入学【A】だと初年度の前期授業料の30万円が免除され、計163万円です。

公式サイト:【渋谷ファッション&アート専門学校】服飾と美術を学ぶ

ファッションビジネス カレッジ東京

ファッションビジネス カレッジ東京は、新宿にある服飾専門学校です。
服づくりに重点を置いているファッション専門学校が多い中、「企画力」をつけることを重視しています。

特徴

学科構成はシンプルで、ファッションクリエートアート科の中に「ファッションデザイン課程」と「ファッションビジネス課程」の2つの過程があります。

9時〜13時の午前クラスと、14時〜18時の午後クラスの2部制なので、学校や仕事と両立しやすいのもポイントです。

主な学部・学科・コース

・ファッションクリエートアート科(2年制)
服づくりに関する授業はやや少なめで、その代わり「クリエイティブシンキング」や「マナー演習」など独自の授業が目立ちます。

主な就職先

服飾デザイナーやバイヤー、マーチャンダイザー、広報など、あらゆる職種が挙げられています。

就職実績については公式サイトに掲載がないため、学校パンフレットやオープンキャンパスで確認すると良いでしょう。

学費

入学金30万円を含め、初年度の学費の合計は120万円です。
次年度は、入学金を除いた90万円がかかります。

公式サイト:ファッションビジネス カレッジ東京 – 服飾専門学校

横浜ファッションデザイン専門学校

横浜ファッションデザイン専門学校はドレスメーカー学院の系列校で、横浜市の鶴見にキャンパスがあります。

特徴

ファッション専門学校は卒業後に多様な進路がありますが、横浜ファッションデザイン専門学校ではアパレル企業への就職が目的です。
卒業生が多く活躍し、企業からの信頼も厚い学校です。

主な学部・学科・コース

・ファッションクリエイティブ科(2年制)
デザイナーコース、パタンナーコース、ファッションソーイングコースに分かれ、それぞれの専門職のスキルを身に付けます。
資格取得もサポート。

2年制の夜間部もあり、昼間部と同じ資格を取れるのが強みです。

主な就職先

卒業生は、ビジネス系、ブライダル系、クリエイティブ系など、幅広い領域のアパレル企業へ就職しています。
職種も、ファッションアドバイザーやソーイングスタッフなどさまざまです。

学費

昼間部では、入学金を含め初年度に98万円、次年度に86万円の計184万円。
夜間部では、入学金を含め初年度に53万円、次年度に42万円の計95万円です。

公式サイト:服飾のプロを育成する横浜ファッションデザイン専門学校

自分に合ったファッション・服飾専門の学校を選ぶには

ノートを書く学生の手元自分に合うファッション・服飾の専門の学校を選ぶには、HPやパンフレットでカリキュラムなどを知ることが大切です。

しかし、それ以上に大切なのは、実際に学校に行ってみること。
オープンキャンパスは専門の学校の雰囲気を知り、授業を見学できるまたとない機会です。

多くのファッション・服飾専門の学校では、年間を通してオープンキャンパスが開催されます。
高校1年生から参加できる学校がほとんどなので、今回の比較を参考にしてぜひ積極的に参加してみてくださいね。

この記事を執筆したエスモードなら就職率は100%!

エスモードでは毎年卒業生全員が、デザイナー・パタンナーなどの専門職で就職しています。

デザイナー、パタンナーを育成する総合学科では、各学生を理想のキャリアに導くカリキュラムが組まれています。このカリキュラムの実践を通して、流れの激しいファッション産業界で即戦力として通用する人材を育成することで、他の追随を許さない圧倒的な就職実績を誇っています。ご興味がある方はぜひ下記リンクをご確認くださいませ。