アパレルショップ経営者の一日とは

アパレルショップの経営者として仕事をしている人

エスモードジャポン 広報部
ESMOD InstagramESMOD twitter

エスモードは、東京恵比寿にあるファッションの学校です。 フランス・パリで世界初のファッション専門教育機関として1841年に開校。 現在は世界13か国に19校あり、その日本校であるエスモードジャポンの広報を担当しています。 世界のネットワークを生かした情報発信とファッション業界について解説していきます。

OPEN CAMPUS:ウェディングドレスの世界 -富貴栄華な仕事の裏側に迫る-

日々変わり続けているファッショントレンドを追いながら、自分自身のセンスで選んだファッションアイテムを買い入れ、自身が経営するアパレルショップで販売を行なっていくアパレルショップ経営者は、ファッション業界に目指す多くの人が一度憧れる職業の一つとして挙げられます。
しかし、そんなアパレルショップ経営者は一日をどのように仕事しているのか気になる人も多いのではないでしょうか。
そこで、本ページではアパレルショップ経営者が一日どのように仕事を進めているのかをお話ししたいと思います。


エスモードジャポン 広報部
ESMOD InstagramESMOD twitter

エスモードは、東京恵比寿にあるファッションの学校です。 フランス・パリで世界初のファッション専門教育機関として1841年に開校。 現在は世界13か国に19校あり、その日本校であるエスモードジャポンの広報を担当しています。 世界のネットワークを生かした情報発信とファッション業界について解説していきます。

OPEN CAMPUS:ウェディングドレスの世界 -富貴栄華な仕事の裏側に迫る-

アパレルショップ経営者の一日

それでは、アパレルショップ経営者の一日を見ていきましょう。
アパレルショップ経営者の一日は、日々行う仕事と、タイミングを読んで行う仕事の2種類に分けられます。
そして、日々行う仕事の合間に、タイミングを読んで行う仕事、といったように時間の合間を縫いながら一日を過ごしています。
では、一日にどんな仕事を行なっているのか、それぞれ説明していきたいと思います。

日々行う仕事

顧客への接客

まずは顧客への接客です。
自身が経営するアパレルショップに訪れた顧客に対し、興味を持ってもらうために、もしくは手に取っている商品がどのような商品であるのかを、説明していきます。
そして、購入していただけるときは会計の処理を行なった後、持ち帰りやすいように袋に入れたりなどの対応も行なっていきます。
顧客への接客はアパレルショップ経営者におけるもっとも基本的な仕事の一つとして挙げられるものなので、丁寧に行なっていくことが大切です。

また、顧客への接客はネットショップ対応も含まれます。
近年、アパレルショップ経営者は店舗で販売を行いながらネットショップを経営している人が多い傾向です。
そのため、店舗にいる間に希望の商品の処理を行なっていく必要があります。
決済を確認し、発送手続きを終えたところで、配送会社に集荷を依頼し、顧客の元へと発送するという業務を顧客がいない合間に行なっていきます。

商品の在庫管理

在庫の管理をする人次は商品の在庫管理です。
アパレルショップに限らず、ファッション業界の流行は一年を通して目まぐるしく変わっていくため、他の業界に比べて商品の回転が速いことが挙げられます。
そのため、その時々に求められる商品をすぐに買い付けられるように、もしくは管理できるようにしていくために、過剰な仕入れなどがないように、日々の商品の在庫管理がとても重要です。
なので、顧客への対応の合間を塗って、現在店舗にある在庫の量や、どの商品が売れたのかを確認していきます。
近年は在庫管理システムを導入しているアパレルショップ経営者も多く、従来手で管理していたときよりもスピーディに行えるようになっています。
それらのシステムを利用し、すぐに在庫管理を行なった後に、商品の買い付けなどさまざまな仕事へとつなげていきます。

タイミングを読んで行う仕事

では次に、タイミングを読んで行う仕事について見ていきましょう。
こちらもアパレルショップ経営者にとって大切な仕事なので、しっかり確認しておきましょう。

商品の買い付け

まずは商品の買い付けです。
在庫管理の部分でもお話ししたように、ファッションの流行は日々目まぐるしく変わり続けています。
そのため、アパレルショップ経営者は先々に求められるアイテムを先読みし、商品を買い付けていく必要があります。
しかしここでもその商品を多く販売しようと、過剰に買い付けるのではなく、確実に販売できる量を買い付けていかなければなりません。
それを叶えるためには、安定した買い付けルートを保っていく必要もあります。
アパレルショップ経営者はどのアイテムが流行するのかを日々アンテナを張り続け、見極めなときにすぐ買い付けることができるルートを保ちながら、アイテムを買い付けていくことが、日々の業務の合間に行なっていく中ではもっとも大切な仕事といえます。

経営資金の管理

経費の管理をしている経営者次は経営資金の管理です。
アパレルショップに限らず、自分のショップを経営するときはどうしても資金がかかってしまいます。
開店用の資金はもちろんですが、開店してからも下記を維持するための費用が必要です。

  • 家賃
  • 水道光熱費
  • 人件費(アルバイトなどを雇用する場合)

さらに、これらのほかに、アパレルショップを経営できるように仕入れたファッションアイテムの原価率や粗利率を計算し、利益が伸びるように調整していく必要があります。
そのため、多くの商品を販売し、経費を稼ぎながらも経営資金を蓄えられるようにしていく必要があります。
経営資金の管理は、アパレルショップ 経営者が一人の経営者としてもっとも試されるポイントです。
なので、行うときは現状の売上や経営資金がどの程度になっているかを確認し、改善できる点を改善していくといったことを一日の合間に行うようにしていくようにしましょう。

まとめ

今回はアパレルショップ経営者の一日をテーマにお話ししていきました。
アパレルショップ 経営者は顧客への販売対応だけではなく、実は多くの作業を合間に行なっているということがお分かりいただけたと思います。
アパレルショップ 経営者として一歩を踏み出していけるように、まずはファッション関連の大学や短大、専門学校でファッションの知識などを身につけながら、アパレルショップがどのようになっているのかを見ていってはいかがでしょうか。

アパレルショップの経営者になりたいならこちらのページもおすすめ

この記事を執筆したエスモードなら就職率は100%!

エスモードでは毎年卒業生全員が、デザイナー・パタンナーなどの専門職で就職しています。

デザイナー、パタンナーを育成する総合学科では、各学生を理想のキャリアに導くカリキュラムが組まれています。このカリキュラムの実践を通して、流れの激しいファッション産業界で即戦力として通用する人材を育成することで、他の追随を許さない圧倒的な就職実績を誇っています。ご興味がある方はぜひ下記リンクをご確認くださいませ。