アパレルショップ経営者の給料や年収はどのくらい?

アパレルショップの経営者

自身が考えたデザインの店舗で、選んだファッションアイテムを販売することができるアパレルショップ経営者に憧れを抱いて、ファッション業界に就職と考えている人も多いと思います。
しかし、自身のアパレルショップを構えるにあたり、やはりどうしても気になってくるのが年収や給料ではないでしょうか。
今回このページでは、アパレルショップ経営者の年収や給料について見ていきたいと思います。


アパレルショップ経営者の平均年収とは

それでははじめに、アパレルショップ経営者の平均年収についてお話しします。
アパレルショップ経営者の平均年収はアパレルショップの形態によって大きく異なっています。
そこで、一度アパレルショップの店舗形態別の平均年収を見ていきましょう。

店舗形態 平均年収
セレクトショップ 約250〜400万円
ネットショップ 約300〜1000万円

以上を見てみると、アパレルショップ経営者の平均年収は店舗の形態によって異なっていることがわかります。
アパレルショップ経営者は日々の売上次第で、平均年収は大きく左右されるため、平均年収は多い人は多いですが、少ない人は生活が困難になり、副業を行なっている人も多い傾向です。
さらに、近年アパレルショップ経営者の中には複数の販売形態のショップを同時に経営しているというパターンが多く見られます。
そのため、アパレルショップ経営者の平均年収はほかの職業のように安定的な金額ではなく、日々の売上金や経費によって大きく左右されるということを念頭に入れておくと良いでしょう。

昇給・ボーナスはあるのか

アパレルショップの給料が気になる女性次にアパレルショップ経営者の昇給やボーナスについて見ていきましょう。
アパレルショップ経営者は名前の通り、自身がアパレルショップの経営者として経営している、つまり言い換えると個人事業主でもあります。
そのため、企業に勤務している人々とは違い、アパレルショップ経営者には昇給やボーナスというものは存在しないと認識しておきましょう。

給料や年収における注意点

では次に、アパレルショップ経営者の給料や年収における注意点を確認していきましょう。

売り上げやショップの形態で左右される

まず1つ目は売り上げやショップの形態で年収が左右されてしまうことです。
先ほどもお話ししたように、アパレルショップ経営者は個人事業主でもあるため、日々の売り上げ、そして売り上げを左右するショップの形態をどの形態にするのかを定めていくことが大切です。
近年のアパレルショップ経営者を見ていると、セレクトショップとネットショップを同時に経営しているというパターンが多く見られます。
一つのショップの形態だけで売上を上げるよりも、日々の売上を上げることは可能ですが、その分それらのショップを維持するためのさまざまな経費などで売上金がなくなってしまいます。
言い換えると、それらのショップを維持していくための経費もプラスして売上を上げていく必要も出てきます。
そのため、アパレルショップ経営者は日々の売り上げやショップの形態によって大きく左右されるということをありきでいることが大切です。

品揃えの差別化や接客でも変動がある

2つ目は品揃えの差別化や接客でも変動があるということです。
アパレルショップ経営者はアンテナを張り続け、自身が良いと思ったアイテムを国内外から仕入れていく必要があります。
そして仕入れた商品に興味を持ってもらうために、日々店頭での接客はもちろんですが、ネットショップやSNSなど、インターネットサービスを利用して情報を発信し続けていくことが大切です。
特にネットショップやSNSはスマートフォンやパソコンなどで手軽に見ることができる反面、商品を実際に見ることができないため、情報を充実させていくことが購入してもらうための鍵となります。
日々店頭での接客を工夫したり、インターネット上での情報発信を上手く行なっていくことが、アパレルショップ経営を進めていく上でとても重要なポイントです。

安定した買い付けルートを保つ

安定した販売ルートを保っている経営者3つ目は暗転した買い付けルートを保っていくことです。
アパレルショップ経営者として、もっとも力を入れるべきことこそ、安定した買い付けルートを保つことです。
ファッショントレンドは日々めまぐるしく変わり続けているため、その時々に求められるアイテムもすぐに変わっていきます。
その求められているアイテムを買い付け、売れ筋商品を入荷し、顧客に対して提供できるように在庫を安定させることこそ、アパレルショップ経営を成功させる一番のポイントです。
日々ファッショントレンドに対してアンテナを張り続け、求められている商品を安定的に買い付けられるルートの確保は、アパレルショップ経営者として、確実に年収を上げることができるでしょう。

まとめ

今回はアパレルショップ経営者の年収や給料について見ていきました。
トレンドに対して日々アンテナを張り続けながら、買い付けたファッションアイテムをさまざまな形態のショップで販売していくアパレルショップ経営者の年収や給料が見えてきたと思います。
自身でアパレルショップを経営していけるようになるためにも、ファッション関連の大学や短大、専門学校などでアパレルショップ経営者となるために必要な知識や経験を積んでいって見てはいかがでしょうか。

アパレルショップの経営者になる為に知っておきたい情報はこちら

この記事を執筆したエスモードなら就職率は100%!

エスモードでは毎年卒業生全員が、デザイナー・パタンナーなどの専門職で就職しています。

デザイナー、パタンナーを育成する総合学科では、各学生を理想のキャリアに導くカリキュラムが組まれています。このカリキュラムの実践を通して、流れの激しいファッション産業界で即戦力として通用する人材を育成することで、他の追随を許さない圧倒的な就職実績を誇っています。ご興味がある方はぜひ下記リンクをご確認くださいませ。