アパレルショップ経営者の仕事とは

アパレルショップ

エスモードジャポン 広報部
ESMOD InstagramESMOD twitter

エスモードは、東京恵比寿にあるファッションの学校です。 フランス・パリで世界初のファッション専門教育機関として1841年に開校。 現在は世界13か国に19校あり、その日本校であるエスモードジャポンの広報を担当しています。 世界のネットワークを生かした情報発信とファッション業界について解説していきます。

OPEN CAMPUS:ウェディングドレスの世界 -富貴栄華な仕事の裏側に迫る-

路面店やショッピングセンターなどで目にするアパレルショップを経営していく、アパレルショップ経営者を目指す人が年々増えてきています。
しかし、アパレルショップ 経営者が一日どのように働いているのか、気になる人も多いのではないでしょうか。
そこで今回このページでは、アパレル経営者の仕事とは一体どんな仕事をしているのか、一つひとつご紹介していきます。


エスモードジャポン 広報部
ESMOD InstagramESMOD twitter

エスモードは、東京恵比寿にあるファッションの学校です。 フランス・パリで世界初のファッション専門教育機関として1841年に開校。 現在は世界13か国に19校あり、その日本校であるエスモードジャポンの広報を担当しています。 世界のネットワークを生かした情報発信とファッション業界について解説していきます。

OPEN CAMPUS:ウェディングドレスの世界 -富貴栄華な仕事の裏側に迫る-

アパレルショップ経営者の仕事

アパレルショップ経営者の仕事は大きく4つに分けられます。

顧客への接客

まず1つ目は顧客への接客です。
自身が経営するアパレルショップに来店した、顧客としっかり向き合いながら接客を行なっていきます。
顧客が求めているものがなんなのかを見極めながら、顧客の求める商品を紹介していきます。
そのときに商品の特徴や、どのようにコーディネートをしていけばいいのかといった紹介を行なっていきます。
ただし、ショッピングモールや路面店にあるアパレルショップに訪れる顧客のほとんどはトレンドに敏感な傾向があります。
そのため、その顧客が求める商品であることはもちろん、トレンドを取り入れたコーディネートを提案することができるのか、といったことを提供することができるのかを念頭に入れながら接客する必要があります。
そして近年は店舗を経営しながら、ネットショップを運営するアパレルショップ経営者も増えてきています。
そのため、空いている時間を見て、ネットショップで注文してきた顧客へ商品を送る手はずなどの対応も行なっていきます。

商品の仕入れ・管理

仕入れ2つ目は商品の仕入れや管理です。
自身のショップで販売する商品を仕入れるときも、アパレルショップ経営者はどのアイテムやカラーがトレンドであるのかといった最新の情報を、自身の審美眼で見抜かなければなりません。
その審美眼を元に、該当のアイテムをどの時期にどのくらいの数を仕入れたら売上向上するのかを読みながら仕入れていきます。
そして、仕入れた商品の管理も業務の一つに挙げられます。
基本的にはどの商品がどのくらい売れたのか、そしてどのカラーがもっとも多く出たのかを確認することで、どのような商品を追加すればいいのかなどを読み解いていきます。
かつては自身の手で行なっていたため、時間がかかる仕事でしたが、ここ近年は管理システムを導入して行うアパレルショップが増えてきており、スムーズに行なえている傾向です。

店頭のディスプレイを整える

3つ目は店舗のディスプレイを整えていくことです。
自身が経営するアパレルショップにより多くの顧客に足を運んでもらうために、ディスプレイを整えいくことは大切な仕事です。
ほとんどはアパレルショップを閉店したあと、商品の陳列やマネキンのコーディネート、さらにはショップ内の装飾、飾り付けなどを整えていきます。
中でも、商品の陳列やマネキンのコーディネートは顧客の目に止まるものであり、アパレルショップのコンセプトをもっとも見せやすいため、特に力を入れて行なっている人が多い傾向です。
店舗のディスプレイを整える頻度は、商品が入れ替わる度という経営者もいれば、シーズンごとなどさまざまなので、自身が取り入れやすいように行なっていることがほとんどのようです。

店舗のマネジメント

4つ目は店舗のマネジメントです。
店舗の運営に関わるあらゆることを管理、マネジメントしていくのもアパレルショップ経営者の役割です。
日々の売上管理はもちろん、店舗を借りている賃貸に関する管理、さらにアルバイトを雇っている場合はアルバイトの給与管理など、さまざまなことを行なっていきます。
アパレルショップ経営者は、販売を行なうことや、商品を仕入れるだけではなく、店舗を運営する経営職でもあります。
そのため、日々接客や仕入れの合間に店舗のマネジメント関連の業務を行なっている人も多いようです。

以上4点がアパレルショップ経営者の仕事内容です。
アパレルショップ経営者は業務の幅広いことから、合間を縫って仕事もこなしていく必要があるため、ファッション業界の中でも多忙な部類ですが、とてもやりがいのある仕事と言えます。
では、そんなアパレルショップ経営者の仕事に向いている人とはどんな人なのか、見ていきたいと思います。

アパレルショップ経営者に向いている人とは

アパレルショップ経営が向いている人のイメージアパレルショップ経営者に向いている人について見ていきましょう。
まず挙げられることは、先々の状況やトラブルに対して慎重に対処することができる人です。
アパレルショップ経営は先々の状況を見抜き、多くのトラブルの対処をしていく必要があります。
さらに、アパレルショップ経営者は仕事をこなしてくための体力や、最新のトレンドを取り入れていくためのリサーチ能力がある人も挙げられます。
いずれもアパレル関連の専門学校で専門知識を学んだあとに、実際に店舗に立つ経験をした上で、アパレルショップ経営者を目指すことができる環境へと進んでいくと良いでしょう。

まとめ

今回はアパレルショップ経営者の仕事をテーマにお送りしました。
アパレルショップ経営者は商品を顧客に販売するだけではなく、アパレルショップを経営するためにさまざまな仕事を行なっていることが見えてきたと思います。
自身が見抜いたトレンドの商品を一人でも多くの顧客に提供できるように、まずは日々多くの商品を見てトレンドを見抜く目を養いながら、ファッション業界を目指すことができる大学や短大、専門学校に足を運んでみてはいかがでしょうか。

アパレルショップの経営者になる為の情報はこちら

この記事を執筆したエスモードなら就職率は100%!

エスモードでは毎年卒業生全員が、デザイナー・パタンナーなどの専門職で就職しています。

デザイナー、パタンナーを育成する総合学科では、各学生を理想のキャリアに導くカリキュラムが組まれています。このカリキュラムの実践を通して、流れの激しいファッション産業界で即戦力として通用する人材を育成することで、他の追随を許さない圧倒的な就職実績を誇っています。ご興味がある方はぜひ下記リンクをご確認くださいませ。